新着記事

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その2~

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その1~

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

夏目漱石、泉鏡花が愛した名店も!串団子の老舗3選【老舗銘菓ものがたり】

取材・文/鈴木拓也

和菓子の中でも庶民的なイメージのある串団子。古代から作られていた団子だが、食べやすいよう串を通すようになったのは室町時代の頃だという。江戸時代に入ると、町中の屋台から峠の茶屋まで、あらゆるところで出されるようになった。そして、串団子を看板商品に掲げる老舗は、今なお各地に点在する――もちろん東京にも。

今回の記事では、串団子で知られる都内の老舗を3店紹介したい。

築地「茂助だんご」

創業は明治31年。当初は日本橋の屋台で売られていたという。初代当主の福田茂助は、店に来た客に「お茶でも」と言いつつ、湯飲みに入った酒をふるまったという逸話を持つ、ユーモアの分かる人であった。

木版に描かれた福田茂助(出典:「茂助だんご」公式サイト)

関東大震災で壊滅的な打撃を受けるまでは日本橋が東京随一の魚市場で、「茂助のだんご」は魚河岸の人たちの手土産として親しまれた。魚市の拠点が築地に移ると、店もそこへ移転し、築地名物の1つとして人気を博す(現在は築地本店のほか、築地場外市場商店街にも店を構える)

「茂助だんご」の作る串団子は、醤油、つぶ餡、こし餡の3つの味があり、午前中だけで約3千本売れるという。

店の人に話をうかがうと、なんと1999年のヒットソング『だんご三兄弟』のモデルだとか。そう言われて、こんもりと餡のかぶった3つ刺し(関東は4つ刺しが主)の餡だんごを改めて見ると、あのメロディが頭の中でよみがえって、なつかしい気持ちになる。味も抜群なので、築地を訪れたときには立ち寄ってほしい。

『だんご三兄弟』のモデルになったという「茂助だんご」の串団子

「茂助だんご」築地本店

【茂助だんご(築地本店)】
住所:中央区築地5-2-1(「築地市場」の場)
電話:03-3541-8730
営業時間:5:00~13:00(喫茶は~11:30)
定休日:日曜、祝日、休市日
公式サイト:https://www.mosukedango.com

東日暮里「羽二重団子」

主力商品が屋号でもある「羽二重団子」の創業は、文政2年(1819)。当初は「藤の木茶屋」と称した。この店で供される団子が、「きめ細かく羽二重のよう」と評判高かったことが、団子の名称の由来だという。

明治・大正時代になると、「芋坂」(現在の日暮里駅そば)にある団子の名店として多くの文士に愛され、しばしば作品の中に登場するようになった。例えば、夏目漱石の「吾輩は猫である」の一文には、「主人は芋坂の団子を喰って帰って来て相変らず書斎に引き籠こもっている」とあり、正岡子規が死の床で記した「仰臥漫録」には、間食に「芋坂團子を買来らしむ」などとしたためている。そのほか、泉鏡花、田山花袋、司馬遼太郎ら、そうそうたる文筆家に書かれ、愛された。

そばに正岡子規の句碑のある「羽二重団子」本店は、2019年まで全面改装中だが、日暮里駅構内の販売店と、駅近くの和カフェ「HABUTAE1819」にて、伝統の串団子を買うことができる。種類は、餡団子と焼き団子(生醤油)の2つ。意外にも歯ごたえが結構あり、甘さ控えめで大人向きのおいしさ。

昔と変わらぬ製法の餡団子と焼き団子

和カフェを兼ねたモダンな外観の「HABUTAE1819」

【羽二重団子(HABUTAE1819)】
住所:荒川区東日暮里6-60-6
電話:03-5850-3451
営業時間:10:00~18:00
定休日:年末年始
公式サイト:https://www.habutae.jp
※本店は2019年まで改装中により休業

柴又「髙木屋老舗」

柴又駅から帝釈天(題経寺)に向かう参道は、古建築の店が軒をつらね、昼間は常に観光客でにぎわっている。その参道沿いに向かい合わせに立つ2軒の老舗として、ひときわ目立つのが「髙木屋老舗」だ。

店舗の片方は喫茶店で、俳優渥美清さんから頂いたという「のれん」など、『男はつらいよ』にゆかりある品々や写真が飾られている。これは、『男はつらいよ』の撮影中に、俳優たちに休憩・衣装替えのため部屋を貸したことから、生まれた縁。そのため、『寅さんせんべい』というキャラ商品もあるが、主力はやはり団子。まず葛飾の名物である草だんごがあり、そしてお団子セットがある。お団子セットは、焼だんご、磯おとめ、餡だんごが1本ずつで、持ち帰りも可能だが、できればその場で食べて、できたての柔らかさを堪能したい。

焼だんご、磯おとめ、餡だんごのお団子セット

店舗は、大勢の人でにぎわう柴又帝釈天参道沿いにある

【髙木屋老舗】
住所:葛飾区柴又7-7-4
電話:03-3657-3136
営業時間:7:00~17:30
定休日:無休
公式サイト:http://www.takagiya.co.jp

*  *  *

以上、都内の串団子の老舗を3店紹介した。大都会の中でも、昔ながらの和菓子名店はまだまだ残っている。都心の散策・観光の際には、こうした店を探してみるのも一興だろう。

取材・文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 招き猫の形に仕上がった金花糖 江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承す…
  2. 鯨肉は入っていないけど「くじら餅」地域限定伝統菓子の魅力【老舗銘…
  3. 日光のおいしい羊羹店5選【老舗銘菓ものがたり】
  4. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓…
  5. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
PAGE TOP