新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓ものがたり】

『湯沢屋のまんじゅう』

取材・文/鈴木拓也

中国発祥の饅頭は、鎌倉時代に中国留学から帰ってきた禅僧によってもたらされた。このとき伝えられた饅頭は、酒たねを発酵させて作る酒饅頭だったという。

最初は上流階級の口にしか入らなかった饅頭は、室町時代の末になると市井で行商人が売るほど普及し、間食の習慣が広まった江戸時代には、将軍家・大名から庶民まで、万人に愛される菓子となった。『東海道中膝栗毛』には、甘党の主人公2人が茶屋で饅頭を注文する場面があるが、これが書かれた文化文政期には、彼らのようにお伊勢参りの道中で饅頭をほおばる姿が方々で見られたはずである。

この時期は、家康が祀られる日光東照宮へ詣でる日光詣も流行しはじめ、これを商機と門前には菓子屋・茶屋が軒をつらねた。その1つが、文化元年(1804)に創業した湯沢屋である。

湯沢屋の看板製品は『湯沢屋のまんじゅう』(『元祖日光饅頭』とも)。膨張剤で膨らませ日本酒で香りをつけるなど、効率一辺倒で製造される酒饅頭が多いなか、昔ながらの製法を守り通している、数少ない老舗である。

湯沢屋の酒饅頭は、糀造りから始まる。この糀でもち米を醗酵させ、甘酒を仕込む。そして、その絞り汁で小麦粉を溶いて、一昼夜発酵させて生地を作る。この生地で、北海道産小豆から作った餡を包み、また醗酵させる。最後に蒸して完成となるが、全工程でまる1週間の手間暇をかけており、それだけに風味は格別。発酵の過程で得られた生地のほのかな酸味と、餡の甘味が絶妙にかみ合い、甘いばかりの並みの饅頭とは一線を画す味わいだ。

『湯沢屋のまんじゅう』は、消化が良く滋養に効果があることから、江戸の昔から「長寿菓子」として珍重されてきたという。また、湯沢屋は代々、『日光の社寺』として世界遺産に登録されている日光東照宮、二荒山神社、輪王寺から御用をうけ、大正天皇の日光来訪時に献上するなど、この地で指折りの菓子店として高い評価を得てきた。

製品は、インターネットの通信販売で買い求めることができ冷凍保存も可能だが、やはり出来立てを味わうのがいい。日光詣の折には、ぜひとも立ち寄られたい。

 『湯沢屋』
住所:栃木県日光市下鉢石町946
電話:0288-54-0038
公式サイト:http://www.yuzawaya.jp

取材・文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 招き猫の形に仕上がった金花糖 江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承す…
  2. 鯨肉は入っていないけど「くじら餅」地域限定伝統菓子の魅力【老舗銘…
  3. 夏目漱石、泉鏡花が愛した名店も!串団子の老舗3選【老舗銘菓ものが…
  4. 日光のおいしい羊羹店5選【老舗銘菓ものがたり】
  5. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
PAGE TOP