新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

備後福山『虎屋本舗』の名物「虎焼」【老舗銘菓ものがたり】

文/鈴木拓也

1620年、徳川家康のいとこであった水野勝成が、福山藩に初代藩主として入府。その居城として福山城が築かれるに際し、幕府は廃城となった伏見城の「松の丸東櫓」を下賜した。その運搬を請け負ったのが、兵庫津で廻船問屋と染物屋を営んでいた高田宗樹(たかた・ぞうじゅ)である。

宗樹は、この功績により、藩主より福山城下に土地を拝領し、同年そこへ移り住んだ。そして、これまでの事業と並行しながら、菓子屋を開業した。これが、今に続く『虎屋本舗』の創業である。

1622年、福山城が落成して、祝いの茶の湯会が開かれることになった。宗樹は、この席に菓子を献上した。これが藩主に気に入られ、宗樹は「福山藩御用菓子司」の看板を戴く。

藩主は、茶席で献上された饅頭に、築城を祝して盛大に行われた「とんど祭り」にちなんで『とんど』と名づけ、城内の御用菓子として愛用した。この『とんど饅頭』は、後に明治神宮や金剛峯寺の御用菓子として称揚されながらも、製法や風味は変わらず継承され、四世紀経った今も同店の看板製品であり続けている。

甘すぎない白餡が絶妙な食味の『とんど饅頭』

虎屋のもう一つの名物が「虎焼」だ。

1750年、徳川吉宗治世の頃のこと。八代目・高田助四朗は、祖業の廻船問屋をやめて菓子匠を専業とすることを決断。屋号は、創業者の宗樹が寅年生まれであったこと、虎は福を呼び込む縁起物であることから『虎屋』と決めた。

そして助四朗は、新たな屋号にあやかり、虎の模様に焼き上げたどら焼きである『虎焼』を生み出した。これが城下町で大きな評判を得て、「虎屋の名物は虎焼」といわれるほど、店の代名詞的存在となった。

ふっくら感のある生地と粒あんがほどよくマッチした『虎焼』

助四朗の時代は、元禄バブルが崩壊して多くの商人が苦難にあえいでいた。助四朗も例外ではなかったが、菓子業への選択と集中、新製品の開発によって、苦しい時期を乗り越えた。

虎屋が、これを上回る存亡の危機に直面したのは、太平洋戦争の最末期であった。原爆を投下された広島市から福山市へと避難民が押し寄せる中、福山大空襲を被った。福山市街は灰燼に帰し、虎屋も焼け落ちた。残ったのは、工場地下にあったいくばくかの原材料のみ。

十四代当主の高田銀一は、玉音放送を聞きながら「全てが無くなったが、職人としての腕と志だけは灰にできんじゃろ」と呟き、再起を誓った。

そして1952年、株式会社虎屋本舗を設立し、江戸から続く老舗は灰の中から見事によみがえった。

戦後混乱期の再興間もない虎屋本舗

戦後の再興から平成の世にかけての虎屋本舗は、伝統と革新の両輪を回しながら、多くの人に喜ばれる菓子作りを目指した。

第十六代の現当主、高田信吾氏が開発した『洋風生どら焼き 虎ちゃん』や『本物そっくりスイーツ』シリーズは、当初こそ内外から反発を受けたが、今では「伝統技術と精神がなせる技」という評価を確立している。

『本物そっくりスイーツ』のひとつ『うな重そっくりなミルフィーユ』

福山の歴史に寄り添いながら菓子作りを続けてきた『虎屋本舗』は、東京五輪が行われる2020年に創業400年を迎える。そのときには、どんなお菓子が誕生しているだろうか。

今日の老舗 『虎屋本舗』
住所(曙本店) 広島県福山市曙町1-11-18
電話 084-954-7455
営業時間 8:30~19:00(平日) 8:30~18:00(日曜日) 8:30~19:00(祝日)
公式サイト http://www.tora-ya.co.jp/

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

取材協力/虎屋本舗

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓…
  2. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
  3. 來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わら…
  4. 鶴屋の丸房露|大隈重信も激賞した銘菓【老舗銘菓ものがたり】
  5. 藤屋内匠の「湖水月」|琵琶湖の満月を表した銘菓(大津)【老舗銘菓…
PAGE TOP