新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

美味

備後福山『虎屋本舗』の名物「虎焼」【老舗銘菓ものがたり】

文/鈴木拓也

1620年、徳川家康のいとこであった水野勝成が、福山藩に初代藩主として入府。その居城として福山城が築かれるに際し、幕府は廃城となった伏見城の「松の丸東櫓」を下賜した。その運搬を請け負ったのが、兵庫津で廻船問屋と染物屋を営んでいた高田宗樹(たかた・ぞうじゅ)である。

宗樹は、この功績により、藩主より福山城下に土地を拝領し、同年そこへ移り住んだ。そして、これまでの事業と並行しながら、菓子屋を開業した。これが、今に続く『虎屋本舗』の創業である。

1622年、福山城が落成して、祝いの茶の湯会が開かれることになった。宗樹は、この席に菓子を献上した。これが藩主に気に入られ、宗樹は「福山藩御用菓子司」の看板を戴く。

藩主は、茶席で献上された饅頭に、築城を祝して盛大に行われた「とんど祭り」にちなんで『とんど』と名づけ、城内の御用菓子として愛用した。この『とんど饅頭』は、後に明治神宮や金剛峯寺の御用菓子として称揚されながらも、製法や風味は変わらず継承され、四世紀経った今も同店の看板製品であり続けている。

甘すぎない白餡が絶妙な食味の『とんど饅頭』

虎屋のもう一つの名物が「虎焼」だ。

1750年、徳川吉宗治世の頃のこと。八代目・高田助四朗は、祖業の廻船問屋をやめて菓子匠を専業とすることを決断。屋号は、創業者の宗樹が寅年生まれであったこと、虎は福を呼び込む縁起物であることから『虎屋』と決めた。

そして助四朗は、新たな屋号にあやかり、虎の模様に焼き上げたどら焼きである『虎焼』を生み出した。これが城下町で大きな評判を得て、「虎屋の名物は虎焼」といわれるほど、店の代名詞的存在となった。

ふっくら感のある生地と粒あんがほどよくマッチした『虎焼』

助四朗の時代は、元禄バブルが崩壊して多くの商人が苦難にあえいでいた。助四朗も例外ではなかったが、菓子業への選択と集中、新製品の開発によって、苦しい時期を乗り越えた。

虎屋が、これを上回る存亡の危機に直面したのは、太平洋戦争の最末期であった。原爆を投下された広島市から福山市へと避難民が押し寄せる中、福山大空襲を被った。福山市街は灰燼に帰し、虎屋も焼け落ちた。残ったのは、工場地下にあったいくばくかの原材料のみ。

十四代当主の高田銀一は、玉音放送を聞きながら「全てが無くなったが、職人としての腕と志だけは灰にできんじゃろ」と呟き、再起を誓った。

そして1952年、株式会社虎屋本舗を設立し、江戸から続く老舗は灰の中から見事によみがえった。

戦後混乱期の再興間もない虎屋本舗

戦後の再興から平成の世にかけての虎屋本舗は、伝統と革新の両輪を回しながら、多くの人に喜ばれる菓子作りを目指した。

第十六代の現当主、高田信吾氏が開発した『洋風生どら焼き 虎ちゃん』や『本物そっくりスイーツ』シリーズは、当初こそ内外から反発を受けたが、今では「伝統技術と精神がなせる技」という評価を確立している。

『本物そっくりスイーツ』のひとつ『うな重そっくりなミルフィーユ』

福山の歴史に寄り添いながら菓子作りを続けてきた『虎屋本舗』は、東京五輪が行われる2020年に創業400年を迎える。そのときには、どんなお菓子が誕生しているだろうか。

今日の老舗 『虎屋本舗』
住所(曙本店) 広島県福山市曙町1-11-18
電話 084-954-7455
営業時間 8:30~19:00(平日) 8:30~18:00(日曜日) 8:30~19:00(祝日)
公式サイト http://www.tora-ya.co.jp/

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

取材協力/虎屋本舗

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鯨肉は入っていないけど「くじら餅」地域限定伝統菓子の魅力【老舗銘…
  2. 夏目漱石、泉鏡花が愛した名店も!串団子の老舗3選【老舗銘菓ものが…
  3. 日光のおいしい羊羹店5選【老舗銘菓ものがたり】
  4. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓…
  5. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
PAGE TOP