新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わらぬ味【老舗銘菓ものがたり】

生姜糖の元祖『來間屋生姜糖』

文/鈴木拓也

記紀ゆかりの地、出雲の暴れ川として知られる斐伊川(ひいかわ)。その流域の集落、出西(しゅつさい)は、生姜の名産地である。古くからこの地で採れる生姜は、別格の風味があり、かつては藩主が諸侯への贈答に用いた名物であった。

この「出西生姜」の素晴らしさに目をつけ、茶菓子の素材にできはしないかと思案した人物がいた。名は來間屋文左衛門(くるまやぶんざえもん)という。

宍道湖に近い平田で生まれた文左衛門は、詩文に長じ、また書を能くしたことで松江藩奉行所に勤務し、晩年は郷里に戻り茶の道を志した。しかし地元では長く保存できる茶菓子がなく、文左衛門は自ら菓子を考案することを決意する。

あれこれと試した結果、砂糖と生姜という、当時としては異色の組み合わせに逢着した。練り合わせれば、甘味と辛味がうまく調和した高尚で長持ちする菓子になると、さらに試行錯誤を繰り返し、正徳5年(1715年)に完成する。今に伝わる銘菓『來間屋生姜糖』の誕生である。

『來間屋生姜糖』の材料は、砂糖、生姜、水のみ。砂糖水を炭火で煮詰めて、そこに生姜の搾り汁を入れる。その溶液を型に入れて固めると、白い板状の製品ができあがる。文左衛門は、開発の過程で出西生姜と出会い、これに勝るものはないとした。繊維質が少なく、搾り汁が取りやすく、香味も減退しないからで、ふつうの生姜ではこうはいかない。

文左衛門は、製法を秘して一子相伝とした。しばらくは作る量も少なくて、あまり知られていなかったが、文化年間の1804年頃になって、松江藩主や徳川将軍家に献上する機会がめぐり、大いに称賛を得た。これをきっかけとして『來間屋生姜糖』が、世人に認められる存在となった。

創業300年余りの変わらぬ製法と味を今に伝えるのは、第11代当主の來間久さん。早朝から作業を始め、日々300枚ほど作る。種類は、白、紅、緑の3種。緑の『抹茶糖』は、松江藩主で大名茶人として知られた松平不昧(治郷)の生誕100周年を記念して、江戸時代末期に開発されたという。各色とも長方形で、4×8列の刻み目がついている。

刻み目に沿ってカットしてから、かじってみると、砂糖の甘さ、生姜の辛さが絶妙に交じり合った味が口の中に広がる。甘いだけではないこの風流な菓子のファンは多く、「病床の父親が『最後に生姜糖が食べたい』と言うので、至急送ってほしいという注文があった」など、エピソードには事欠かない。

生姜には、「百邪を払う」、「神明に通ずる」など、昔から優れた薬効が知られていた。特に出西生姜は、「娘やるなら出西郷へ。しょうがの匂ひで風邪ひかぬ」とうたわれるほど。『來間屋生姜糖』を日々ひとかけずつ賞味すれば、風邪にひきやすい冬へのちょっとした備えにもなるだろう。

今日の老舗 『來間屋生姜糖本舗』
住所 島根県出雲市平田町774
電話 0853-62-2115
公式サイト http://syougatou-honpo.jp

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓…
  2. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
  3. 鶴屋の丸房露|大隈重信も激賞した銘菓【老舗銘菓ものがたり】
  4. 藤屋内匠の「湖水月」|琵琶湖の満月を表した銘菓(大津)【老舗銘菓…
  5. 備後福山『虎屋本舗』の名物「虎焼」【老舗銘菓ものがたり】
PAGE TOP