新着記事

ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代 招き猫の形に仕上がった金花糖 江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承する菓子職人 素敵な殿方の運転【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 胸がきゅんとした!素敵な殿方の運転【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で一番だしを取ろう! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理 |鰹節と昆布で一番だしを取ろう! オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

鯨肉は入っていないけど「くじら餅」地域限定伝統菓子の魅力【老舗銘菓ものがたり】

取材・文/鈴木拓也

「くじら餅」と聞いて、皆さんはどんな餅を思い浮かべるだろうか? おそらく「鯨の肉が入った餅」をイメージする方が大半だろうと思う。

じつは、くじら餅には鯨肉は含まれていない。米粉、砂糖、くるみを主原料として、製品によっては小豆、みそ、しょうゆなどを加えた素朴な餅菓子である。外観は、ういろうや羊羹を思い起こさせる。

くじら餅の起源は詳らかではなく、京菓子として創始されたという説もあれば、中国よりういろうと一緒に長崎の出島経由で日本に伝わったという説もある。1683年に書かれた『料理塩梅集』に「くじら餅」の名が見えることから、江戸時代の初期には存在していたことは判明している。その頃、砂糖は輸入頼みの貴重品であったから、くじら餅も高価で庶民の口には入りにくいものであったに違いない。

名称の語源についても諸説あるが、鯨の肉を塩蔵した「塩くじら」に似ており、とにかく大きかった(昔は2.2kg以上もあった)からという説が有力である。

自国で生産されるようになって砂糖が安価になると、くじら餅は各地で作られるようになった。しかし、米の粉を挽いて、練って、蒸しあげるという製造工程に2日もかかることから敬遠され、次第に廃れていく。今では、主に山形県の最上地方や青森県の鰺ヶ沢町・青森市の少数の菓子店でしか製造されていない珍しい菓子である。最初は、最上地方(新庄藩)の名物であったのが、北前船によって鰺ヶ沢に伝わり、そこで津軽藩主の庇護を受けて伝統菓子として生き残ったというのが、北日本での伝播ルートのようである。

となると、「山形と青森のくじら餅とで違いはあるのだろうか」という興味が自然に湧いてくる。その点を確かめるべく、新庄市の「新庄の菓匠たかはし」と青森市の「永井久慈良餅店」の両老舗の看板製品であるくじら餅を取り寄せた。

「新庄の菓匠たかはし」のくじら餅は、白砂糖味、黒砂糖味、しょうゆ味、みそ味の4種あり、「永井久慈良餅店」のくじら餅は、津軽米粉とこし餡などから作られた1種のみ。どちらにもくるみが含まれている。

新庄のほうは、水気が多いように見えて実はかなりもっちり。独特の風味があるのが、しょうゆ味とみそ味で、しょうゆ味は、ほどよい甘じょっぱさが、みそ味は噛むごとにみその旨味がしみ出る。そして、腹持ちがとても良い。平成の初めころ、国の「特別災害対策室」で、新庄のくじら餅を非常備蓄食とするか否かを検討したそうで、俎上に上がった理由の1つは、この腹持ちの良さのせいかもしれない。

「新庄の菓匠たかはし」のくじら餅(手前2切れがしょうゆ味、奥2切れがみそ味)

対して青森のくじら餅は、水気を抑えた羊羹に近い外観。口に入れると、甘すぎず、ちょうどよい弾力の歯ごたえがあり、上品なものを感じる。ちなみに、「久慈良餅」と書いて「くじら餅」と読ませるのは、初代店主が「いく久しく慈しまれる良い餅」であるようにとの願いをこめて開発したからで、今や青森市を代表する銘菓の1つになっている。

「永井久慈良餅店」のくじら餅

味については甲乙つけがたいが、水分量からくる食感が、明瞭な相違点と言えそうだ。

そして、同じ地域でも店によってくじら餅は、素材も製法も微妙に異なり、味も様々なのであろう。山形や青森へ旅行の折には、各店を立ち寄って食べ比べてみるのも面白いかもしれない。

【新庄の菓匠たかはし】
住所:山形県新庄市住吉町1-14
電話:0233-22-4080
営業時間:8:00~19:00
定休日:1月1日
公式サイト:http://www.kasho-takahashi.com

【永井久慈良餅店】
住所:青森市大字浅虫字坂本51-5(本店、バイパス店があり互いに近接。下写真はバイパス店。)
電話:017-752-3228
営業時間:7:00~19:00(本店)、8:00~18:00(バイパス店)
定休日:12月31日、1月1日
公式サイト:http://www.kujiramochi.jp

参考図書:『くじら餅物語―ルーツとロマンを尋ねて―』(高橋雄一/自費出版)

取材・文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 招き猫の形に仕上がった金花糖 江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承す…
  2. 夏目漱石、泉鏡花が愛した名店も!串団子の老舗3選【老舗銘菓ものが…
  3. 日光のおいしい羊羹店5選【老舗銘菓ものがたり】
  4. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓…
  5. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
PAGE TOP