新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

鯨肉は入っていないけど「くじら餅」地域限定伝統菓子の魅力【老舗銘菓ものがたり】

取材・文/鈴木拓也

「くじら餅」と聞いて、皆さんはどんな餅を思い浮かべるだろうか? おそらく「鯨の肉が入った餅」をイメージする方が大半だろうと思う。

じつは、くじら餅には鯨肉は含まれていない。米粉、砂糖、くるみを主原料として、製品によっては小豆、みそ、しょうゆなどを加えた素朴な餅菓子である。外観は、ういろうや羊羹を思い起こさせる。

くじら餅の起源は詳らかではなく、京菓子として創始されたという説もあれば、中国よりういろうと一緒に長崎の出島経由で日本に伝わったという説もある。1683年に書かれた『料理塩梅集』に「くじら餅」の名が見えることから、江戸時代の初期には存在していたことは判明している。その頃、砂糖は輸入頼みの貴重品であったから、くじら餅も高価で庶民の口には入りにくいものであったに違いない。

名称の語源についても諸説あるが、鯨の肉を塩蔵した「塩くじら」に似ており、とにかく大きかった(昔は2.2kg以上もあった)からという説が有力である。

自国で生産されるようになって砂糖が安価になると、くじら餅は各地で作られるようになった。しかし、米の粉を挽いて、練って、蒸しあげるという製造工程に2日もかかることから敬遠され、次第に廃れていく。今では、主に山形県の最上地方や青森県の鰺ヶ沢町・青森市の少数の菓子店でしか製造されていない珍しい菓子である。最初は、最上地方(新庄藩)の名物であったのが、北前船によって鰺ヶ沢に伝わり、そこで津軽藩主の庇護を受けて伝統菓子として生き残ったというのが、北日本での伝播ルートのようである。

となると、「山形と青森のくじら餅とで違いはあるのだろうか」という興味が自然に湧いてくる。その点を確かめるべく、新庄市の「新庄の菓匠たかはし」と青森市の「永井久慈良餅店」の両老舗の看板製品であるくじら餅を取り寄せた。

「新庄の菓匠たかはし」のくじら餅は、白砂糖味、黒砂糖味、しょうゆ味、みそ味の4種あり、「永井久慈良餅店」のくじら餅は、津軽米粉とこし餡などから作られた1種のみ。どちらにもくるみが含まれている。

新庄のほうは、水気が多いように見えて実はかなりもっちり。独特の風味があるのが、しょうゆ味とみそ味で、しょうゆ味は、ほどよい甘じょっぱさが、みそ味は噛むごとにみその旨味がしみ出る。そして、腹持ちがとても良い。平成の初めころ、国の「特別災害対策室」で、新庄のくじら餅を非常備蓄食とするか否かを検討したそうで、俎上に上がった理由の1つは、この腹持ちの良さのせいかもしれない。

「新庄の菓匠たかはし」のくじら餅(手前2切れがしょうゆ味、奥2切れがみそ味)

対して青森のくじら餅は、水気を抑えた羊羹に近い外観。口に入れると、甘すぎず、ちょうどよい弾力の歯ごたえがあり、上品なものを感じる。ちなみに、「久慈良餅」と書いて「くじら餅」と読ませるのは、初代店主が「いく久しく慈しまれる良い餅」であるようにとの願いをこめて開発したからで、今や青森市を代表する銘菓の1つになっている。

「永井久慈良餅店」のくじら餅

味については甲乙つけがたいが、水分量からくる食感が、明瞭な相違点と言えそうだ。

そして、同じ地域でも店によってくじら餅は、素材も製法も微妙に異なり、味も様々なのであろう。山形や青森へ旅行の折には、各店を立ち寄って食べ比べてみるのも面白いかもしれない。

【新庄の菓匠たかはし】
住所:山形県新庄市住吉町1-14
電話:0233-22-4080
営業時間:8:00~19:00
定休日:1月1日
公式サイト:http://www.kasho-takahashi.com

【永井久慈良餅店】
住所:青森市大字浅虫字坂本51-5(本店、バイパス店があり互いに近接。下写真はバイパス店。)
電話:017-752-3228
営業時間:7:00~19:00(本店)、8:00~18:00(バイパス店)
定休日:12月31日、1月1日
公式サイト:http://www.kujiramochi.jp

参考図書:『くじら餅物語―ルーツとロマンを尋ねて―』(高橋雄一/自費出版)

取材・文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 夏目漱石、泉鏡花が愛した名店も!串団子の老舗3選【老舗銘菓ものが…
  2. 日光のおいしい羊羹店5選【老舗銘菓ものがたり】
  3. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓…
  4. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
  5. 來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わら…
PAGE TOP