新着記事

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

国税庁が毎年実施する「民間給与実態統計調査」によると、平成29年分の日本の平均年収は432万…

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

サライ本誌でも連載中の作家・五木寛之さんは、多くの歌謡曲や童謡、CMソングなどを手がけた作詞…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

写真・文/矢崎海里雨模様も多かったGWが終わり、梅雨入り前までがバーベキューのチャンスで…

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

仕事をするに際し、「モチベーション」が重要というのはよく言われることだ。「モチベーション」はよく…

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

文/鈴木拓也「何もないところでつまずく」、「網棚に荷物を上げられない」、「瓶のふたが…

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

映画

  1. コミック雑誌なんかいらない!  

    人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌なんかいらない!』【面白すぎる日本映画 第30回】

         

    文・絵/牧野良幸昨年、女優の樹木希林さんが亡くなり、ここで取り上げたばかりなのに、今年3月には夫の内田裕也さんも亡くなられてしまった。相次ぐ訃報に驚くばかりだ。今回はその内田裕也さんの出演映画を取り上げてみたい。ロッ…

  2. 傷だらけの天使  

    さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

         

    文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

  3. 黒澤明『用心棒』  

    観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】

         

    文・絵/牧野良幸今回は黒澤明の『用心棒』ある。名作ばかりの黒澤映画の中でも、おそらく『七…

  4. ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング  

    ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング|3位 死刑台のエレベーター、2位はセブン、1位はやはり?

         

    ラストでひっくり返される驚き、というのは映画やドラマのの面白さのひとつだ。「やられた!」から「?…

  5. 八つ墓村  

    謎めいた双子の老婆役を演じた市原悦子|『八つ墓村』【面白すぎる日本映画 第27回】

         

    文・絵/牧野良幸ドラマ『家政婦は見た!』の家政婦役やアニメ『まんが日本昔ばなし』の語りで…

  6. 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位はターミネーター、では1位は?  

    面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位はターミネーター、では1位は?

         

    80年代の洋画には、誰でもが知っているビッグタイトルが多い。昔と違い、娯楽も多い年代に、知名度が…

  7. 秋刀魚の味  

    小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白すぎる日本映画 第26回】

         

    文・絵/牧野良幸今回は小津安二郎監督の『秋刀魚の味』である。1962年(昭和37年)のカ…

  8. 忠臣蔵  

    年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第25回】

         

    文・絵/牧野良幸早いもので2018年も残りわずかとなってしまった。そこで今回は年末の定番…

  9. 新幹線大爆破  

    世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】

         

    文・絵/牧野良幸1975年の映画『新幹線大爆破』は日本製パニック映画だ。それもハリウッド…

  10.  

    当時31歳の樹木希林が演じた老婆役が光る『寺内貫太郎一家』【面白すぎる日本映画 第23回・特別編】

         

    文・絵/牧野良幸樹木希林が9月15日に亡くなった。享年75歳。癌に侵されながらも最後…

  11.  

    若くしてベテラン女優のような存在感の菅井きん。黒澤明監督『生きる』【面白すぎる日本映画 第22回】

         

    文・絵/牧野良幸女優の菅井きんが8月に亡くなった。享年92歳だった。菅井きん…

  12.  

    顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画 第21回】

         

    文・絵/牧野良幸今回は1966年(昭和41年)公開の『大魔神』である。今や大…

  13.  

    切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物語【面白すぎる日本映画 第20回】

         

    文・絵/牧野良幸『切腹』は小林正樹監督の1962年(昭和37年)の作品であるが、僕は…

  14.  

    江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの哀感【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  15.  

    『モスラ対ゴジラ』|マドンナ星由里子の可愛さにメロメロ!【面白すぎる日本映画 第19回】

         

    文・絵/牧野良幸女優の星由里子さんが先日お亡くなりになった。ご冥福をお祈りします。そ…

  16.  

    巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

         

    文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

  17.  

    嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  18.  

    狂った果実|若き石原裕次郎の輝かしき存在感が際立つ問題作【面白すぎる日本映画 第18回】

         

    文・絵/牧野良幸『狂った果実』は1956年(昭和31年)の作品。『太陽の季節』でセン…

  19.  

    ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  20.  

    市川崑監督『犬神家の一族』|黒々しさが味わい深い傑作ミステリー映画【面白すぎる日本映画 第17回】

         

    文・絵/牧野良幸『犬神家の一族』は1976年(昭和51年)公開の角川映画である。これ…

  21.  

    市川崑監督『鍵』|入り口はエロス、出口はブラック【面白すぎる日本映画 第16回】

         

    文・絵/牧野良幸市川崑監督の『鍵』はエロティックな映画である。谷崎潤一郎の小説が原作の1…

  22.  

    警視庁物語 深夜便130列車|刑事ものドラマの先駆け【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  23.  

    『ゴジラ』一番面白いのはやはりこの第1作!【面白すぎる日本映画 第15回】

         

    文・絵/牧野良幸『ゴジラ』は1954年(昭和29年)に公開されたゴジラ映画の第1作。…

  24.  

    夜の河|若く美しい染物職人と学者の恋を描く名画【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  25.  

    今井正監督『青い山脈』|銀幕の大女優・原節子にウットリため息【面白すぎる日本映画 第14回】

         

    文・絵/牧野良幸戦前から女優として活躍していた原節子(はら・せつこ、1920~201…

  26.  

    四十八歳の抵抗|人生の盛りを終えようとする男の焦りが切ない【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  27.  

    成瀬巳喜男『稲妻』|全員“問題あり”の家族を描く凄いドラマ【面白すぎる日本映画 第13回】

         

    文・絵/牧野良幸『稲妻』は成瀬巳喜男監督の1952年(昭和27年)作品である。成瀬が…

  28.  

    ニッポン無責任時代|観れば元気が湧いてくる究極の癒し映画【面白すぎる日本映画 第12回】

         

    文・絵/牧野良幸60年代に大人気だったコメディ・グループ、クレイジーキャッツの出演第…

  29.  

    洲崎パラダイス 赤信号|場末の特飲街に暮らす浮草のような男女【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  30.  

    飢餓海峡|洞爺丸沈没を背景に描く社会派ミステリー【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

PAGE TOP