新着記事

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

■御朱印の次は「御城印」がブームお寺・神社で授与される御朱印を集めるのがブームになって久しいが、…

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

40歳を過ぎたあたりから、仕事や育児が落ち着きはじめ「第二の人生」を意識し始める女性も多いという。「…

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

文/藤原邦康残念ながら、今年も東京都内だけでも17人の高齢者が喉に餅を詰まらせて病院に搬送さ…

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

文・絵/牧野良幸梅宮辰夫さんが昨年の暮れに亡くなった。享年81歳だった。ご冥福をお祈りすると…

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

毎日の家事を少しでも簡単に便利にしたい! シェアリングエコノミーの家事代行マッチングサービス「タ…

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

新薬「ゾフルーザ」発売後1シーズンで耐性化毎年このシーズンになるとインフルエンザが話題になり…

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

文/池上信次前回に続いて「編成で聴くジャズ」、今回はひとり増えた3人編成の「トリオ」です。ジャズ…

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

急な要件や体調が悪いときなど、タクシーに助けられたことがある方も多いことでしょう。ミドル…

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

「オーラルフレイル」という言葉を聞いたことはありますか? オーラルフレイルとは、滑舌の低下、…

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

写真・文/矢崎海里お正月の定番、お雑煮やおしるこなどで用いたお餅も、食べ飽きてしまった頃では…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

プロ直伝の技とコツ

  1. 手前から鮭と鱈のフレークをご飯にのせた二色丼、鱈のフレーク、鮭のフレーク。切り身が細かくなっているほど、口当たりがよくなる。  

    旨すぎる保存食「鮭と鯛の紅白フレーク」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    食感と彩りの妙が味わえて多様な料理にも使える保存食東京・神楽坂の風情溢れる石畳の路地に店を構える『神楽坂 割烹 越野』は、魚料理に定評のある日本料理店だ。同店の料理長・伊藤啓悟さん(34歳)は炒る魚料理として、保存食にもなる鮭と鱈の…

  2. 二夜干しにしたスルメイカを、わたも一緒に焼き上げると酒肴に最適な一品になる。噛むほどにイカの旨みが広がり盃が進む。  

    自宅でトライ「イカのわた入り二夜干し」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    墨袋は破らずに丁寧に取り除き、塩水に1時間しっかり漬け込む古くは保存食として重宝された干物。…

  3. 西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。  

    「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

  4. 汁が沸騰してからハマグリとアサリを先に、崩れやすい切り身と貝柱を次に入れる。加熱すると赤くなる海老を上にすれば彩りがよい。  

    魚介の旨みぎっしり「和風ブイヤベース」の上手な作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    上品な香りのサフランを加え生臭さを消して、味を調える東京・神楽坂の鍋料理専門店『御料理 山さ…

  5. 椀に鮭のアラとキャベツ、豆乳汁を盛り、仕上げにイクラをのせる。魚介と豆の蛋白質、野菜を同時に摂取できるため栄養価にも富む。  

    ヘルシーで旨い「鮭のアラの豆乳汁」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    栄養価に富む頭やカマなどのアラは、汁物にすると美味魚をおろしたあとに残る頭やカマ、中骨などの…

  6. イタリアンレストランの魚料理を思わせる仕上がりだが、食材すべてを鍋に入れて蒸すのみと簡単だ。客人が来た時にも向く。  

    簡単だけど本格的「カサゴのフィレのアクアパッツァ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    繊細な味わいのフィレに香味野菜を加える「アクアパッツア」は、イタリア・ナポリ名物の魚介の蒸し…

  7. 蛸や本しめじ、生姜の風味が一体となった、旨みに満ちた味わい。きのこは椎茸やえのきなど、家庭にあるものを使って構わない。  

    土鍋で「蛸めし」を上手に炊くコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    土蛸は冷凍してから出汁に通し、柔らかく仕上げる土鍋を使った魚の炊き込みご飯を、前回に引き続き…

  8. 蓋をして、中火で約15分間蒸す。蓋を時々開けて、スプーンでソースをカサゴに回しかける。  

    豪華な「カサゴ丸ごとアクアパッツァ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    魚一尾の旨みや持ち味をそのまま生かす「アクアパッツア」は、イタリア・ナポリ名物の魚介の蒸し料…

  9. ねぎま鍋は鮪の旨みが染みた葱も美味しい。「味が強い鮪には、香味野菜の芹せりやクレソンなどが合います」と山崎さんは話す。  

    達人直伝!鮪の「ねぎま鍋」の上手な作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    大トロと中トロのサクを用意。しっかり煮るのが美味の秘訣ねぎま鍋は、江戸の町で生まれた庶民の味…

  10. 15分間蒸らしたあと、山椒の実を振りかける。塩茹で処理された市販のものを購入する。鯛の身をほぐし、椀に盛り付ける。上品な鯛と出汁の味を山椒の香りが引き立てる。  

    土鍋で「鯛の姿飯」を上手に炊くコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    土鍋の熱により米の甘みに鯛の旨みが染み込む土鍋を使った魚の炊き込みご飯を、東京・代々木の割烹…

  11. たっぷりの湯で茹でたパスタ麺の上に鍋のトマトソースを盛り付け、好みでパルミジャーノレッジャーノを振りかける。  

    人気の鯖缶を利用「鯖と茄子のトマトソースパスタ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    味わい深く種類豊富な鯖の缶詰。その旨みと栄養が凝縮したひと皿近年、鯖の缶詰の人気が高…

  12. 薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)  

    酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    中華鍋で手軽に燻製作り鯖の燻製の作り方を東京・柳橋で居酒屋『玉椿』を営む山本功さん(52歳)に指…

PAGE TOP