新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立て…

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    西陣織の段違い格子柄ストール|シルクの肌触りと軽やかな巻き心地

         

    春先の肌寒いときには空気を含んで暖かく、汗ばむ季節には通気性に優れる、一年を通して快適に使えるストールである。「風通織り」という、表と裏を交互に織る技法により生地に伸縮が生まれ、さらさらの感触で軽いのが特色だ。軽やかな着け心…

  2.  

    壺渋のバケットハット|柿渋染めした牛革製の上質な帽子

         

    「壺渋」とは、伝統の柿渋染めを改良し、熟練した職人が納得するまで何度も柿渋を生地へと染め重ね…

  3.  

    革の匠がつくった一枚革ベルト|肉厚の一枚革を使用、使い込むほどに風合いが増す

         

    イタリアンレザーの一枚牛革を贅沢に使った、肉厚のベルトである。その厚みは約4mm、どっしりと…

  4.  

    南部鉄器のふた付きフライパン|じっくり熱が伝わり食材のうま味を引き出す

         

    400年以上の歴史を誇る南部鉄器のフライパンである。鋳造技法で作られた分厚いフライパンは蓄熱…

  5.  

    江戸切子の桜の酒杯|小さなグラスにガラス工芸の技法を凝縮

         

    待ちに待った春の到来を寿ぐ、桜をあしらった江戸切子である。世界に誇るガラス工芸品である江戸切…

  6.  

    ストレッチデニムのカバーオール|作業から外出まで気軽に羽織れるデニム製の万能着

         

    庭仕事などの作業から外出まで、なんでもこなせるのがカバーオールのいいところ。当店に届いたのは…

  7.  

    絣紬の作務衣|軽快な着心地が爽やかなくつろぎ作務衣

         

    肌触りよく軽い着心地。これからの季節、思わず屋外に出かけたくなるような、軽快な作務衣をご紹介…

  8.  

    銀イオン配合バス3点セット|座面が高く立ち座りが楽!考え抜かれた浴室具

         

    毎日使うものだから、考え抜かれたデザインで体に楽なものを選びたい。ということで、今回は浴室の…

  9.  

    欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒

         

    指圧、叩き、腰のマッサージといった3通りの使い方ができる、国産材で作った指圧棒である。…

  10.  

    メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット

         

    一度叩けば余韻が長く、高く澄んだ音色が耳に心地よい。「佐波理」という銅と錫の合金で作られた、…

  11.  

    出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品

         

    柿の古木のなかで黒い紋様が現れた材を「黒柿」と呼ぶ。黒柿はどの木にも出てくるものではなく、貴…

  12.  

    鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶

         

    鉄瓶といえば、このアラレ模様の姿をイメージする。アラレとは、表面に付けられた丸い凸部を指し、…

  13.  

    散歩や街歩きにちょうどよい!小振りな薄型レザーショルダーバッグ

         

    散歩や街歩きにちょうどよい大きさの牛革バッグをご紹介。体に馴染む薄型ながら収納が充実、財布や…

  14.  

    岡山デニムのレザーオンハット|デニムとレザーの渋い組み合わせが好相性

         

    倉敷市を中心にデニム関連企業が集積したことから、岡山で作られる生地は「岡山デニム」と呼ばれ、…

  15.  

    スーパー穴あきオタモ|軽く持てて清潔に使えるステンレス一体型ザル

         

    台所にあれば必ず重宝する、ステンレス一体型のザルをご紹介。ザルの目は金網ではなく、パンチング…

  16.  

    木と革の腕時計|着けたとたん木の温もりが伝わるドイツ製の名品

         

    ドイツの時計ブランド「ゼイソルズ」から届いた、洗練されたデザインと温かみが共存する木製腕時計…

  17.  

    名画マフラー伊藤若冲|躍動的な若冲の色世界を艶やかに再現!

         

    無造作に巻いても、豊かな表情を見せる美しいマフラーである。今号の特集で紹介している江戸中期の…

  18.  

    帆布と牛革の大人のランドセル|これぞ紳士のランドセル!な散歩リュック

         

    大きなフラップ(かぶせ蓋)が目を引く、ランドセルタイプのリュックである。フラップにはタンニン…

  19.  

    ミニかんすけ・匠|燗酒をもっと手軽に楽しめる純錫の酒器セット

         

    近年、各地に意欲的な蔵元が増え、日本酒のレベルがぐんぐん上がってきた。日本酒好きには大歓迎だ…

  20.  

    精密コマ NEXT-CHRONUS|時が止まったように回り続ける金属コマ

         

    鈍く光る金属製の物体。これはオブジェか、それとも何かの精密機器の部品か。その正体は、金属加工…

  21. 名前の音読みから「リンボウ先生」と通称される林望さんは、若き研究者時代にケンブリッジ大学とオックスフォード大学で研究生活を送り、英国での体験を綴った名エッセイ『イギリスはおいしい』や、『謹訳 源氏物語』などの古典翻訳でも知られています。  

    あの林望先生が考えた理想のバッグをサライ公式通販で発売!リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』

         

    雑誌『サライ』の連載「リンボウ先生のおとこの買いもの」が好評の作家/国文学者・林望(はやし・のぞむ)…

  22.  

    高さが変わる座椅子|木工職人の創意工夫が結実した画期的な椅子

         

    テレビを見るときや食事をするときなど、場面に合わせて、座面の高さを3段階に調節できる、じつに…

  23.  

    銅製の急須と茶筒|金属製品の里・燕の職人が丹精を凝らした茶器

         

    金属製品の製造が盛んな町、新潟県燕市。燕商工会議所では「メイド・イン・ツバメ」認定委員会を設…

  24.  

    華唐草の藍染めののれん|昔ながらの織機が紡ぐ武州正藍染の正統

         

    古来「武州」と称されてきた埼玉県一帯は、江戸時代から藍染め織物の生産が盛んとなり、明治の最盛…

  25.  

    おぼろ百年の極 フェイスタオル|老舗の夢を実現した究極のタオル

         

    三重県津市で、明治41(1908)年に創業した「おぼろタオル」は、その名のとおりタオルひと筋…

  26.  

    ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の極薄読書メガネ

         

    今では国産眼鏡フレーム生産の95%以上を担い、“眼鏡の聖地”とも言われる福井県鯖江市。古くか…

  27.  

    ローレッツ 万年毛筆とボールペン|金属の輝きと美感が際立つ切削加工の高級筆記具

         

    「うちの強みは“超美麗”切削加工技術です」と胸を張るのは、長野県諏訪市にある丸安精機製作所取…

  28.  

    浅草・箱長 桐のパンケース|木の力でおいしさを保つ桐のパンケース

         

    いくら旨いパンでも、時間とともに劣化はする。放っておけば乾燥して固くなるし風味も落ちる。そこ…

  29.  

    欅のおーるいん椀|ぴたりときれいに重なる拭き漆の木椀

         

    「伝統的な漆器づくりにとどまらず、プラスチックの素地にウレタン塗装を施した合成漆器の生産に取…

  30.  

    オークヴィレッジの折りたたみ小机|国産無垢材の美しいミニテーブル

         

    国産の材にこだわり、日本の森と共存しながら長く使える木製品をつくり続けてきた木製家具メーカー…

PAGE TOP