新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

取材・文/池田充枝かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ば…

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    浅草・箱長 桐のパンケース|木の力でおいしさを保つ桐のパンケース

         

    いくら旨いパンでも、時間とともに劣化はする。放っておけば乾燥して固くなるし風味も落ちる。そこでパン好きにすすめたいのが、桐製のパン保存ケース。調湿効果や防虫・防カビ効果に優れた桐のおかげで、パンを良好な状態で保存できる。手がけたのは…

  2.  

    欅のおーるいん椀|ぴたりときれいに重なる拭き漆の木椀

         

    「伝統的な漆器づくりにとどまらず、プラスチックの素地にウレタン塗装を施した合成漆器の生産に取…

  3.  

    オークヴィレッジの折りたたみ小机|国産無垢材の美しいミニテーブル

         

    国産の材にこだわり、日本の森と共存しながら長く使える木製品をつくり続けてきた木製家具メーカー…

  4.  

    川連漆器の燻椀・東福寺椀|東北の小さな町で生まれた美しき塗り椀

         

    秋田県川連。そこは山と山に挟まれた、半径2kmの小さな町だ。この地で木地作り、下地から塗り、…

  5.  

    天然木製リバーシゲーム DX|北の木工房謹製の大人のゲームボード

         

    北海道のほぼ中央にある旭川は、多くの河川や鉄道、道路が集中する交通の要衝。各地からの良質な木…

  6.  

    波佐見焼 鳥獣戯画のそば猪口|手わざの跡がやわらかい波佐見焼の酒器

         

    日本の磁器揺籃の地・九州有田焼の陰に隠れてきた長崎の波佐見焼は伝統に自由な創造を加えて頭角を…

  7.  

    波佐見焼 染付渦花草|手わざの跡がやわらかい波佐見焼の器セット

         

    日本の磁器揺籃の地・九州有田焼の陰に隠れてきた長崎の波佐見焼は伝統に自由な創造を加えて頭角を…

  8.  

    真空二重チタンのタイタネス・タンブラー|国際会議で世界を驚かせた金属加工技術の結晶

         

    洋食器製造で名高い新潟県燕市の真空容器メーカー、セブン・セブンが作った金属製のタンブラーが、…

  9.  

    江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演

         

    ガラスに直線の切り込みで小紋のような模様を付ける江戸切子は、その名のとおり江戸から東京へと伝…

  10.  

    枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕

         

    1923年、名古屋市中区長者町にて創業した「北村商店」を前身とする「まくらのキタムラ」。「眠…

  11.  

    木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン

         

    長野県茅野市、八ヶ岳を見晴らす標高1200mの高原に小さな木工房がある。ここで独創的な木製小…

  12.  

    リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー

         

    長野県茅野市、八ヶ岳を見晴らす標高1200mの高原に小さな木工房がある。ここで独創的な木製小…

  13.  

    久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠

         

    岩手県久慈市は、世界でも有数の琥珀の産地だ。琥珀とは数千万年から数億年前に、地上に繁茂してい…

  14.  

    招福 健康パートナー|手のひらで福の神が戯れ、健康と福運を願う

         

    昔の漫画などに出てくるステレオタイプな悪漢は、手のひらでくるみ2つを転がして、ときにはそれを…

  15.  

    オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット

         

    ゆったりと平穏な日々を過ごすためには、自分なりのストレス解消法を持つのが一番だ。1日の疲れを…

  16.  

    倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー

         

    大和の靴づくりの技術と日本の伝統皮革・鹿革が出会って完成した、メイド・イン・ナラのディアスキ…

  17.  

    鯖江のバングルウォッチ|眼鏡職人と漆器職人が作った驚きの時計

         

    1982年創業、鯖江の漆器メーカーである「サンユー」は、漆器作りの技術を活かした新しい製品と…

  18.  

    クロコダイルレザーの財布|日本の老舗革工房謹製の高級鰐革財布

         

    高級レザーの代名詞と言えばクロコダイル。中でもクロコダイルスモールスケールと呼ばれる革は、そ…

  19.  

    WAZABIコレクション 市松2WAYバッグ|絶妙な凹凸感が美しい岡山デニムの市松生地

         

    広島県東部から岡山県にまたがる備後地方は古くから織物の生産が盛んで、なかでも岡山県地域は世界…

  20.  

    久留米絣のボタンダウンシャツ|久留米絣の括り糸から生まれたガーゼ織り風の絣シャツ

         

    あらかじめ柄に従って染め分けておいた緯糸を経緯に織り合わせることで文様を出していく技法を「絣…

  21.  

    ゴールドパールのアクセサリー|稀少な自然発色の国産「黄金真珠」だけで作った逸品

         

    今や各国で行われている真珠の養殖だが、世界で初めて産業化に成功したのは日本だった。明治26(…

  22.  

    遠州綿紬ロールアップ作務衣|織姫さま所縁の遠州で伝統を守る綿紬の作務衣

         

    浜松市の初生衣神社が祀るのは、七夕で有名な織姫さま。平安時代末期に「御衣」と呼ばれる織物の紬…

  23.  

    手巻き式腕時計 THE SPQR|諏訪の職人技が生んだ国産機械式時計の新星

         

    昭和10年代に長野県の中央部、諏訪湖の周辺で始まった時計作りは、戦後になって大きく花開いた。…

  24.  

    秋友義彦鍛造所のダマスカス三徳包丁とペティナイフ|親子2代で紡ぐ土佐打刃物の真骨頂

         

    土佐鍛冶の技を未来へ。親子2代で挑む、伝統と革新の刃物づくりは、さらなる若き世代へと受け継が…

  25.  

    備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し|液ダレせず最後の一滴まで使える醤油差し

         

    釉薬を使わずに長期間にわたって赤松の炎で焼き締める備前焼。その窯元のひとつである五郎辺衛窯は…

  26.  

    極厚レザーベルト|栃木レザーの希少な厚革を手作業で磨いた逸品

         

    東京・台東区、不忍池の程近くにある池之端銀革店は、もともと革製品のメーカーに勤めていた小野勝…

  27.  

    車掌鞄|無骨さが男心をくすぐる本物の車掌カバン

         

    都会で生活する者にとっては「車掌さん」という言葉にはすでに懐古的な響きがあるだろう。だがこの…

  28.  

    手打ちアルミちりとり鍋|国産純アルミを叩き出して仕上げた大阪名物の本格ちりとり鍋

         

    四角く浅い鍋にだしを張って、キャベツや玉ねぎ、ニラなどの野菜をどっさり。そして忘れちゃいけな…

  29.  

    金沢箔のループタイ|東西の工芸文化が邂逅する、金箔工芸の新境地

         

    加賀百万石の華やかな文化の中で生まれた漆器や陶芸、絵画など数々の工芸品に輝きを与える「金沢箔…

  30.  

    鍛冶職人の手打ち鍛造ダマスカス毛抜き|唯一無二の模様が妖しく輝くダマスカス鋼の鍛造毛抜き

         

    かつて自宅である農家の庭で、野焼きの残り火で釘を叩いていた少年が、やがて新進気鋭の刃物職人「…

PAGE TOP