新着記事

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

姫路産の白いなめし革は、その軽さとしなやかさ、強靭さから戦国武将の馬具や武具に使われていたが…

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

文・写真/ミッチー田中(海外書き人クラブ/ニュージーランド在住ライター)「ニュージーランドといえ…

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

緑内障は高齢になるとともに発症率が高くなり、中途失明の原因の1位です※。 また、かなり進行す…

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    上皇・上皇后両陛下ご成婚時の貴重な記念切手をお手元に

         

    昭和から平成、そして令和と移り変わる皇室の歴史において、ひときわ輝いたできごとといえば、昭和34年(1959)4月10日、当時の皇太子殿下と美智子妃殿下のご成婚ではなかったでしょうか。ご成婚のパレードは、皇居から東宮仮御所ま…

  2.  

    クールビズでもノータイはちょっと…という人にリンクルカラーを推す理由

         

    近年はクールビズが浸透し、夏場のノーネクタイが定着した感もありますが、シャツだけでは首元が淋…

  3.  

    プロっぽい純銅製の玉子焼きで玉子焼き職人を目指すのだ!

         

    日本料理店の厨房にしばしば常備されるのが、こんな銅製の玉子焼き器です。とはいえプロ専用と躊躇…

  4.  

    五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

         

    サライ本誌でも連載中の作家・五木寛之さんは、多くの歌謡曲や童謡、CMソングなどを手がけた作詞…

  5.  

    この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

         

    今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

  6.  

    ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

         

    ベランダにスリッパで出ようとして、いざ履こうとすると前後が逆になっている……というのはよくあ…

  7.  

    あおげば涼やか!日本の伝統を感じる本格的な麻のうちわ

         

    麻織物の産地・新潟県小千谷市で織られた本麻生地を、うちわの産地・香川県丸亀の職人が仕立てた、…

  8.  

    夏の冷酒はこれでキリッとやりたい!ガラス製の角ちろりと酒杯

         

    お酒好きにはたまらない、見るからに涼しげな吹きガラス製の酒器をご紹介しましょう。硬質…

  9.  

    ザ枯淡の美!縁をあえて朽ちた形状にした渋すぎる漆のけやき椀

         

    今を遡ること400年以上前、加賀国の山中(石川県)に木地師の集団が移住してきたことから発祥・…

  10.  

    ちょっとした外出に最適!ドイツ生まれの小型で丈夫なお散歩バッグ

         

    気軽な外出時は、なるべく荷物を持たず、軽いかばんで出かけたいものですよね。そこで紹介したいの…

  11.  

    夏の紳士御用達!紙繊維で編んだイタリー製の涼しい夏ハット

         

    涼しげなメランジ模様(混色編み)が3段に連なる、夏用ハットをご紹介します。紙で作った丈夫な繊…

  12.  

    ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやってくる

         

    永く人間をやっていれば絶望が心を支配することもある。それでも愛する者のために戦い続けたわれわ…

  13.  

    カイハラデニム・ピマ綿作務衣|国産高級デニムで仕立てた着心地のいい作務衣

         

    国産デニムを使った、軽快な印象の作務衣である。生地製造元のカイハラ(広島県福山市)は、高級ジ…

  14.  

    携帯孫の手と耳かきセット|コイル状の先端で優しいかき心地を実現

         

    ラジオのアンテナのように伸ばして使う、携帯用の孫の手と耳かきのセット。両者ともに先端のワイヤ…

  15.  

    ひらがなポーカー|ひらがなで言葉を作り楽しみながら脳トレできる

         

    手持ちの5枚のカードで競うのがポーカー。トランプは数字とマークだが、それをひらがなにしたらど…

  16.  

    柳宗理の鉄フライパン|錆びにくく焦げ付きにくく美しいフライパンの名品

         

    工業デザイナーの柳宗理(1915~2011)は、端正な造形と実用性を併せ持つキッチン用品を数…

  17.  

    ステーションウォッチ|北欧の巨匠がデザインした駅の時計を腕時計に

         

    「北欧デザイン」の道具は、シンプルで使いやすいものが多い。この腕時計もしかり、大きな文字盤は…

  18.  

    純銅製ロックカップ|内側に金メッキを施した鏡面仕上げの純銅カップ

         

    槌目の表面が美しく磨き上げられた、純銅のロックカップだ。製造元のアサヒは、金属加工の地として…

  19.  

    益子焼の音っくり|心地よい音の仕掛けがくつろぎの時間を演出する

         

    益子焼(栃木県)は、素朴な土の温かみと生活具としての気取らぬ造形で、とりわけファンが多い。…

  20.  

    帆布のお散歩かばん|ポケットの延長として使いたい便利なバッグ

         

    ちょうどいいサイズの小型かばんをご紹介。薄着になるこれからの季節は、洋服のポケットが少なくな…

  21.  

    越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

         

    新潟県の「亀田郷」(現新潟市)に約300年前から伝わる綿織物が「亀田縞」だ。農民が織りはじめ…

  22.  

    ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

         

    今では国産眼鏡フレーム生産の95%以上を担い、“眼鏡の聖地”とも言われる福井県鯖江市。古くか…

  23.  

    SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

         

    山梨県市川大門(市川三郷町)にある『大直』というメーカーがつくったのは、軽量な和紙を使った財布だ。…

  24.  

    鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

         

    端午の節句も間近、青空に鯉のぼりが泳ぐ季節になった。しかし、住宅事情もあり、どの家庭でも鯉の…

  25.  

    リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』|イギリスに学び日本で生まれた「究極の鞄」

         

    サライの連載『リンボウ先生のおとこの買いもの』でもおなじみ、イギリスの生活文化に詳しい作家・…

  26.  

    西陣織の段違い格子柄ストール|シルクの肌触りと軽やかな巻き心地

         

    春先の肌寒いときには空気を含んで暖かく、汗ばむ季節には通気性に優れる、一年を通して快適に使え…

  27.  

    壺渋のバケットハット|柿渋染めした牛革製の上質な帽子

         

    「壺渋」とは、伝統の柿渋染めを改良し、熟練した職人が納得するまで何度も柿渋を生地へと染め重ね…

  28.  

    革の匠がつくった一枚革ベルト|肉厚の一枚革を使用、使い込むほどに風合いが増す

         

    イタリアンレザーの一枚牛革を贅沢に使った、肉厚のベルトである。その厚みは約4mm、どっしりと…

  29.  

    南部鉄器のふた付きフライパン|じっくり熱が伝わり食材のうま味を引き出す

         

    400年以上の歴史を誇る南部鉄器のフライパンである。鋳造技法で作られた分厚いフライパンは蓄熱…

  30.  

    江戸切子の桜の酒杯|小さなグラスにガラス工芸の技法を凝縮

         

    待ちに待った春の到来を寿ぐ、桜をあしらった江戸切子である。世界に誇るガラス工芸品である江戸切…

PAGE TOP