新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

  1. 総桐のスリム米びつ|最適な湿度で米を保管、省スペースで置きやすい

    新米の季節が近づいてきた。おいしいご飯を食べるために、米びつを見直してみたい。紹介するのは、天然の桐を使った米びつだ。桐には湿度を調整する性質があるので、米が乾燥しすぎず、適度な状態を保つ。また、防虫効果もあるので、米びつと…

  2. 岡山デニムのフラップショルダーバッグ|日帰り旅行にも活躍する万能バッグ

    国産ジーンズ発祥の地、定評のある岡山県産のデニムを使ったシンプルな作り。本誌『サライ』(ほぼ…

  3. 脱げにくいストレッチサンダル|伸縮するベルトで足とサンダルが見事に一体化

    大阪の食いだおれ、京都の着だおれ、そして神戸は履きだおれと呼ばれる。そんな靴の街から、なんと…

  4. スペイン製シーグラスハット|通気性がよく涼しい!天然素材で編み上げた夏の帽子

    草の匂いがほのかに漂うシーグラス(い草に似た水草の一種)で編み上げたスペイン製のハットである…

  5. 川上澄生の木版画トランプ|東西の情景を小粋に描いた木版トランプの名作を復刻

    木版画家の川上澄生(1895~1972)が、昭和14年に制作した「とらむぷ繪」をそのままトラ…

  6. 阿波しじら織半袖シャツ|伝統の織物で仕立てた着心地軽やかな夏のシャツ

  7. 左官職人が考えた小さな野菜蔵|野菜のおいしさが長持ちする土壁の収納箱

  8. 9号帆布の2ウェイサコッシュ|絶妙な大きさで旅のサブバッグにもぴったりの鞄

  9. アクティブストレッチボード|毎日乗るだけで硬くなった全身の筋肉が伸びほぐれる

  10. 黒柿のブックカバー|柔軟で丈夫で美しい、木目の美しい愛読書カバー

  11. 擦りスリ小町|素材が詰まらず食卓に映える、溝のないすり鉢

  12. 綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

  13. 墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

  14. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

  15. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

  16. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

  17. ロンポス404|サイコロを振って難問に挑戦!脳活性化パズル

  18. 亀田縞サマーベスト|伝統の縞柄で丁寧に仕立てた着心地よい和風ベスト

  19. 京念珠「延寿」|掌にきれいに収まる木目の美しい念珠

  20. 置型風鈴「涼の音」|清水焼が奏でる涼やかな音色が心地よい自立型の風鈴

  21. 妖しくも美しき画家・金子國義の「モナリザ」は猫を抱いた謎の少女像

  22. 袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

  23. 牛革ショルダーバッグ|熟練の鞄職人が作ったちょうどいいサイズの本革バッグ

  24. 市松柄の雪駄|底にコルクを使った軽く履き心地のよい雪駄

  25. シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

  26. デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

  27. 有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

  28. 縮のハンチング|涼やかな「縮布」を使った紳士の夏の帽子

  29. らくらくサボシューズ|脱ぎ履きしやすく足に優しい「つっかけ」の進化形

  30. クリップオンサングラス|日頃使っているメガネがサングラスに早変わり

PAGE TOP