新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

  1. コーヒーミル ノスタルジー

    1840年からミルの製造を続けるフランスの老舗、「プジョー」の手動コーヒーミル。精度が高く強靭な螺旋刃で均一に挽け、香りを最大限に引き出す。挽き目の調節は箱の上部、ハンドル装着部に付いたネジで行なう。…

  2. モンディーン クラシックピュア

     時計王国であるとともに鉄道王国としても知られるスイス。そのスイス国鉄の駅で使われている時計の端正な…

  3. 超薄型パネルヒーター

     リビングや寝室は充分に暖房が効いていても、トイレや脱衣場など、家の中には“寒冷地点”がいくつも存在…

  4. おでん湯豆腐鍋

    豆腐がぐらりときたら食べごろ、そっとすくい上げて喉ごしを味わう。すかさず、鍋でつけた燗酒を一杯。湯豆…

  5. 洗える高級メリノウールの掛け・敷き毛布

     「ベッドに入ると、すぐに背中がふわっと暖かくなり、ぐっすり眠れる」と、利用者の声が届く、冬の寝具の…

  6. ゴアテックス 快適ウォーキングシューズ

  7. 刺子織ショルダーバッグ

  8. ラバーゼ スリム水切りかご

  9. ふんわりワンタッチストール

  10. 休日シャツブルゾン

  11. ウルトラスリム腕時計

  12. 帆布のデイパック

    帆布のデイパック

  13. シアタージョイ

  14. 香遣、菊花線香セット

  15. 脱脂綿寝具『トリプルスカッシュ』

  16. 折りたためるヒノキすのこベッド リクライニング

  17. 日除け付きハンチング

  18. ウェルネスプロテクト

  19. 常滑焼 2段式茶漉し急須

  20. しじら織天板雪駄

  21. 大人の筆箱

  22. 珪藻土バスマット『ポーラス』

  23. 本麻ちぢみ開襟シャツ

  24. 2ウェイ リクライニングチェア

  25. 至高急須

  26. 藍染め巾着

  27. 湯〜OK

  28. 今治タオルの旅スリッパ

  29. セーフティー・ショルダーバッグ

  30. リバーシブル・無段階調整ベルト

PAGE TOP