新着記事

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

ワンタッチで開閉する傘は特段珍しくはないが、本品はそれを電動で行なう。電動開閉の利点はふたつ…

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

お孫さんを連れてドライブに連れていくと、途中でぐずってしまったという経験はありませんか? 本…

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

軽くて丈夫なカーボンファイバー製のステッキをご紹介。ドイツのリハビリ用ステッキメーカーが開発…

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

取材・文/ウルトラフォースしばしば人生訓として取り上げられる論語では、40歳を「不惑…

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

取材・文/ウルトラフォースしばしば人生訓として取り上げられる論語では、40歳を「不惑…

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

『麒麟がくる』で眞島秀和演じる細川藤孝は、戦国時代きっての文武両道エリートして知られる。さばかりか、…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    けやきの大きなめん鉢と箸|麺が食べやすい山中漆器の薄く軽いめん鉢

         

    石川県の伝統工芸品、山中漆器。こちらはめん鉢と箸のセットで、木地師と塗師が丹精込めた逸品だ。山中漆器独特の「縦木取り」の手法が活かされた器である。縦木取りとは、輪切りにした材から木地を作る手法のこと。木材の歩留まりは悪いが、木の芯を…

  2.  

    アルパカストール|なめらかな肌ざわりで暖かい上質な襟巻き

         

    冬場は屋外と屋内の温度差が大きく、外出着に苦労する。そんなとき、ストールを1枚持ち歩けば臨機…

  3.  

    世界的権威が絶賛するジャパニーズウイスキーの至宝「あかし2015」限定発売

         

    ベルギー人のステファン・ヴァン・エイケン氏は、2000年に日本に移住して以来、ジャパニーズウ…

  4.  

    久留米織りの作務衣|先染め織りで仕立てた風合い豊かな万能着

         

    福岡県南部、筑後地方は古くから綿花栽培が盛んで、織物の産地として知られてきた。久留米織りは先…

  5.  

    けやきの茶入れ|山中漆器の工房から生まれた愉快な茶入れ

         

    石川県の伝統工芸である山中漆器は、安土桃山時代の天正年間(1573~92)に木地師(ろくろを…

  6.  

    メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない

         

    裏地の背中一面に「メリノン」をふんだんに使った、見るからに暖かそうな半纏である。メリノンとは…

  7.  

    男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし

         

    ちょっとした外出には、こんな小型バッグがよく似合う。鞄の産地として知られる、兵庫県豊岡市の老…

  8.  

    三河木綿の五重ガーゼパジャマ|優しい温もりの五重ガーゼが体を包みこむ快眠パジャマ

         

    健康な日々を過ごすためには、快眠が欠かせない。そのためには、枕などの寝具に気を配り、良質なパ…

  9.  

    連載50周年記念『ゴルゴ13』ラベルの特別なウイスキー&弾丸グラス

         

    その素性は一切不明、いかなる権力や思想にも縛られない。依頼人が語る真実と多額の報酬を条件に狙…

  10.  

    ココロのスキマお埋めします『笑ゥせぇるすまん』ラベルの特別なウイスキー

         

    日本漫画カルチャーにおけるレジェンド的な存在であり、『怪物くん』などで一世を風靡した藤子不二雄Ⓐ氏。…

  11.  

    ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの帽子

         

    自然な素材感のコットン生地を使った、落ち着いた色合いのハンチングだ。帽子職人は、この道40年…

  12.  

    北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

         

    文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

  13.  

    帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

         

    鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

  14.  

    ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

         

    蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

  15.  

    村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

         

    その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

  16.  

    本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

         

    修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

  17.  

    綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

         

    綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

  18.  

    縞柄綿フラノシャツ|優しい温もりが伝わる大人の休日シャツ

         

    袖に腕を通すと優しい肌ざわり、すぐにほんのりと温もりが伝わってくる。国産の上質な綿フランネル…

  19.  

    ソデール中綿ベスト|袖を出せばジャンパーになる1着2役の防寒ベスト

         

    当品を「ベスト」といってよいものかどうか悩ましい。袖なしの姿は紛うことなくベストなのであるが…

  20.  

    阿波しじら織のスリッパ|柔らかく足が包まれるような至福の室内履き

         

    「バブーシュ」とは、アフリカ・モロッコの伝統的な履物の名である。かかとを踏んで履くことが多く…

  21.  

    純銅おろし器|瑞々しい大根おろしが素早くできる

         

    鍋物の季節が到来。好みのタレに薬味とたっぷりの大根おろしを入れ、水炊きの煮えるのを待つのは至…

  22.  

    1~2泊の旅にぴったりの使いやすい3WAYトラベルバッグ

         

    1~2泊の旅にぴったりなサイズの3ウェイバッグをご紹介。製造元は、街歩きバッグやトラベルバッ…

  23.  

    南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

         

    昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

  24.  

    純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

         

    酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

  25.  

    籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

         

    どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

  26.  

    多機能らくあきワンタックチノパンツ|ゆったりはけて動きやすい“深めポケット”が充実

         

    深い股上で、ゆったりとしたはき心地のチノパンツ。注目すべきは、パンツの両脇に付いている深めの…

  27.  

    けやきの薬箱|薬の量が増えても安心、1週間分を仕分けて収納

         

    1週間分の薬を朝、昼、夕に仕分けて収納ができる木製の薬箱である。引き出しは、上から曜日シール…

  28.  

    壺渋染めショルダーバッグ|柿渋の染料で染めた使い勝手のよい小型鞄

         

    外出時にかさばらない小型のショルダーバッグが人気を集める。本品は、サライ世代のために開発した…

  29.  

    デニムのロールアップ袖作務衣|作業時に袖が邪魔にならないデニムの作務衣

         

    作務衣も生地や色にバリエーションが増え、選ぶ楽しみが加わってきた。ここで紹介するのは、軽快な…

  30.  

    京都・西陣織の2色リンクルカラー|軽い装着感で外出のおしゃれが決まる

         

    当販売部でも多くの読者に支持されている「リンクルカラー」の新色が届いた。京都・西陣で、昭和6…

PAGE TOP