サライ.jp

S75609906_0b

愛知県の三河地方は、我が国で最初に木綿の種が到来した土地だ。水はけのよい肥沃な土壌が栽培に適し、江戸の頃には有数の木綿織物の産地に成長。「三河縞」という柄物で一世を風靡し、庶民階級の着物文化を終始リードした。

同県蒲郡市にある明治38年(1905)創業の酒岩織布は、「小幅」と呼ばれる織り幅37cmの古い織機にこだわり続ける老舗の織物屋だ。

凛としながらも温かみのある縦縞模様(千筋)は、小幅織機の生地ならではの風合い。

凛としながらも温かみのある縦縞模様(千筋)は、小幅織機の生地ならではの風合い。

「小幅は、大きな織機で織る広幅より糸にかかる張力が優しいのです。織りの速度も遅いのですが、そのぶん、生地にぬくもりのある手触りが生まれます。染めたときの色艶にも微妙な違いが出てきます。とても落ち着いた感じに仕上がり、そこにおもしろさがあります」(社長夫人の酒井まり子さん)

小幅織機は、昭和の時代に活躍したもの。コンピュータ化以前のアナログ機械だ。

小幅織機は、昭和の時代に活躍したもの。コンピュータ化以前のアナログ機械だ。

本来は和服基準である小幅の木綿生地が、見るからに涼しげな紺色が印象的な、千筋のスタンドカラーシャツに仕立てられた。スタンドカラーシャツの別名は書生シャツ。古風で端正な襟元で、老若問わず人気が復活している男性用シャツである。
小幅の生地は洗い晒すほど柔らかくなり、風合いにも渋みが出てくる。

作務衣の中に着ても相性がよい。

商品名/三河木綿のスタンドカラーシャツ
メーカー名/酒岩織布
価 格(消費税8%込み)/18,144円

purchasebutton

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア