新着記事

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

卓越した加工技術が成し得る薄型財布の極み!山藤の「極薄札入れ」と「極薄小銭入れ」

左=小銭入れ(ブラック)/右=上から極薄札入れ(ブラック)、極薄札入れ(ブラウン)、小銭入れ(ブラウン)

左=小銭入れ(ブラック)/右=上から極薄札入れ(ブラック)、極薄札入れ(ブラウン)、小銭入れ(ブラウン)

革財布を専門に作っている山藤は、東京の下町で明治32年(1899)に創業した。同社がある台東区元浅草あたりには、北に東に、古くから革製品を扱う大小の企業、店舗、工房が軒を連ねる。

長らく国内外の有名ブランドの製品を作ってきた町だが、近年はオリジナルの革製品作りが盛んだ。

極薄札入れの冠(かぶせ/蓋)は薄さを保ちながら、閉じやすいように工夫されている。

極薄札入れの冠(かぶせ/蓋)は薄さを保ちながら、閉じやすいように工夫されている。

山藤には、卓越した薄革財布の加工技術が伝承されてきた。熱したコテを使って強度を保ったまま革を折る「ネン押し」や、菊の花のように革を寄せて内側の角を仕上げる「菊寄せ」などは、その代表的な技術だ。

ここで紹介する札入れと小銭入れにも、これらの手仕事の技がふんだんに採用されている。

代々受け継がれてきた伝統の技法を継承しつつ、常に新たな素材やデザインを追求している。

代々受け継がれてきた伝統の技法を継承しつつ、常に新たな素材やデザインを追求している。

使われている牛革はイタリア製だ。東京の下町と同じように、古くから革製品作りが盛んなフィレンツェのサンタ・クローチェ地区に伝わるバケッタ製法の革。牛脂を加え、植物から採ったタンニンでなめす方法で、使い込むほどに脂がなじみ、少しずつ革の色がしっとり濃くなるのが特徴だ。

山藤は、その中から手なめし、手染色の革だけを使う。まさに、革製品作りの長い伝統を持つ東京とフィレンツェの職人技が共演した逸品である。

商品名/牛革製の極薄札入れ、小銭入れ
メーカー名/山藤
価 格(消費税8%込み)/7,128円~9,050円

purchasebutton

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. フット快室内履き|人間工学構造により足に沿い疲れにくい
  2. ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力…
  3. 木製組み立て模型「撃てるハンドガン」|脳も鍛える、組み立て式の木…
  4. 2WAYゴムベルト|バックルを外せば、ゆとりのある軽い装着感
  5. 焼締コーヒー急須|旨み溢れるコーヒーを常滑焼の急須で淹れる
PAGE TOP