サライ.jp

黒柿の念珠ブレスレット

写真=大玉

柿の木は樹齢100年を超えると、稀に内部に美しい黒の紋様が現れる。これを黒柿と呼ぶ。現れる紋様はどれひとつとして同じものはない。長い年月を経て偶然に生まれる自然の賜物だ。

その存在は古来、珍重されてきた。正倉院御物に黒柿を用いた厨子や文庫などがあることからも、いかに古くから貴ばれてきたかがうかがえる。

そんな貴重な黒柿を念珠ブレスレットに仕立てるのは、島根県出雲市に店を構える創業60年以上の老舗工房「おかや木芸」。全国から希少な黒柿の原木を仕入れ、木が寝ている冬の間に製材し、5年程度寝かせて乾燥させた後、ようやく加工へと入る。紋様は切るまでわからない。乾燥中に割れることもあり、とにかく時間も手間もかかる作業を続けて仕上げる。

おかや木芸の岡 順子氏は語る。
「高齢化もあって山を守る人が少なくなり、黒柿の入手は年々難しくなっています。それでも黒柿の魅力は素晴らしく、工房と木工職人の仕事を伝えたい、という思いから、私どもは黒柿を使い続けています」

邪気を払う力があるといわれる念珠。幻の銘木に想いを馳せつつ、手もとを飾るお守りアクセサリーとして、身につけてはいかがだろうか。

黒柿の念珠ブレスレット

男性にも女性にも合う和風のアクセサリー。磨けば磨くほどなめらかな木肌になり、美しい艶が出る。

【今日の逸品】
黒柿の念珠ブレスレット

おかや木芸
6,480円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア