サライ.jp

黒柿の丸香筒

墨を流したかのような紋様を描く材を、そのままくり貫いて仕上げた美しい作り。置き台付き。

柿の古木のなかで黒い紋様が現れた材を「黒柿」と呼ぶ。黒柿はどの木にも出てくるものではなく、貴重な材として古来、珍重されてきた。ここで紹介するのは、国産の黒柿で作った香筒(線香入れ)である。自然乾燥、人工乾燥、養生期間と、年月をかけた無垢の黒柿をくり貫いて作った一本である。

この世にふたつとない紋様、その合わせ目がピタリと合う精緻な作りに職人の魂を見る。線香を傷めることなく持ち運べる、島根県出雲地方の工芸の逸品だ。

黒柿の丸香筒

硬く密度が高い黒柿は加工が難しく、仕上げてみないと紋様が分からない。磨くほどに滑らかに、美しい艶が出てくる。

【今日の逸品】
黒柿の丸香筒

おかや木芸(日本)
12,960円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア