新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

妖しくも美しき画家・金子國義の「モナリザ」は猫を抱いた謎の少女像

文/編集部

書籍や雑誌やレコードの装画で、駅張りのポスターで、きっとどこかで見たことがあるだろう。特徴的な顔立ち、妖しくも美しい独特な雰囲気。日常の中の異界を垣間見せてくれるような不思議な絵。金子國義(かねこ・くによし、1936〜2015)の絵は、観るものの潜在意識に眠る何かを呼び起こすような魅力を湛えている。

そもそも金子國義は画家ではなかった。1960年代、高度成長期を迎え全てが沸騰するような状況だった日本で、金子は演劇界の只中にいた。寺山修司(てらやま・しゅうじ)や唐十郎(から・じゅうろう)と交流をもち、前衛劇の舞台美術を担うだけでなく役者として舞台に立っていた。

そんな金子國義を画家として見出したのが、仏文学者の澁澤龍彦(しぶさわ・たつひこ)だった。澁澤は無名だった金子國義の画を見て衝撃をうけ、自ら訳した「O嬢の物語」の装画家として指名した。フランス地下文学の最高傑作。人間性の深層にうごめく不条理な衝動を赤裸々に抉り出す恋愛小説。そんな作品世界にぴったりと合った知的でエロティックな金子國義の画は一躍注目を集め、画家として鮮烈なデビューを飾った。

金子國義/1936年生まれ。日本大学藝術学部卒。仏文学者の澁澤龍彥に見いだされ1967年「花咲く乙女たち」でデビュー。耽美 な作風で人気を博した。2015年没。写真提供:山田恭士(日本美学研究所)

小学館が展開している大人の女性向け通販メディア『佳人手帖』では、金子國義のご子息であり長年マネージャーを勤めてきた金子修氏より、亡き金子國義が愛した一点の画をご紹介いただいた。「猫と少女」と題された4号サイズのこの画は1998年の作品。ある日アトリエに迷い込んできた子猫をモデルに、想像の少女を描いたものという。

金子國義画《少女と猫》約縦332×横245㎜、額寸は縦475×横385×厚さ55㎜、2kg。ジークレー版画(グロス加工仕上げ)。額縁は木製額、金箔貼り入れ子、アクリル。

「金子が理想としていた”女になるちょっと前の少女”が描かれています。背景には自身の画を描きこむという遊びも見られます」(金子修氏)

終生、少女と猫をモチーフとしてよく描いた金子國義にとっての、モナリザとも言える作品である。少女の物憂げな眼差しの先には、いったい何があるのだろう。

*  *  *

金子國義はまた、アリスの画家としても名高かった。生涯に3回『不思議の国のアリス』の装画を描いた。以下に紹介する3点は1990年刊行の新潮社版のもの。原書のテニエルの銅版画を元に、画家ならではの筆致を活かし描写した。

金子國義画のアリス画3点。左から《キ印のお茶会》(約縦325×横230㎜)《仔ブタと胡椒》(約縦315×横232㎜)《ウサギの穴へ落ちて》(約縦291×横216㎜)すべて額寸は約縦453×横330×厚さ25㎜、2kg。ジークレー版画。額縁は木製額、本銀箔仕上げ、アクリル。

いずれの複製画も、最先端の版画技術「ジークレ」により、原画の色とタッチを精密に表現した。金子修氏の監修と限定数を証すシリアル番号も付す。

稀代のアーティスト金子國義の絵を、貴方の部屋に飾ってみてはいかがだろう。

文/編集部

ご紹介した金子國義氏の作品(ジークレーによる複製画)は、
小学館の総合通販メディア『PALSHOP』にて販売しています
↓↓↓

https://www.pal-shop.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ
  2. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  3. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着
  4. ロンポス404|サイコロを振って難問に挑戦!脳活性化パズル
  5. 亀田縞サマーベスト|伝統の縞柄で丁寧に仕立てた着心地よい和風ベス…
PAGE TOP