新着記事

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ファン・ディエゴ・フローレスのモーツァルト・アリア集|スター歌手の瑞々しい新境地【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

現代のオペラ界で――とりわけ19世紀前半のイタリアで興隆したベルカント・オペラの分野において――20年以上スターの座に君臨するペルー出身のテノール歌手ファン・ディエゴ・フローレスが、ついにモーツァルトの録音を行なった。

新しいアルバム『モーツァルト:オペラ・アリア集』は、もぎたての果実のように、瑞々しい音楽が満喫できる1枚である。

たとえば「魔笛」のタミーノのアリア。まっすぐで誠実な、真情あふれる声からは、出会うべき理想の女性を見つけた男の心のときめきが、震えるように伝わってくる。超絶技巧だけではない、音楽の底力が試されるモーツァルトの作品で、ここまで見事な結果を出すとは、さすがフローレスである。

リッカルド・ミナージ指揮チューリヒ歌劇場ラ・シンティッラ管弦楽団の、ざくざくとした古楽的な響きと迫力も非常に効果的で、シンフォニックな意味でも大いに楽しめる。

【今日の一枚】
『モーツァルト:オペラ・アリア集』
ファン・ディエゴ・フローレス(テノール)
リッカルド・ミナージ指揮
チューリヒ歌劇場ラ・シンティッラ管弦楽団

2017年録音
発売/ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
http://www.sonymusicshop.jp
商品番号/SICC-30475
販売価格/2600円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP