選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

現代のオペラ界で――とりわけ19世紀前半のイタリアで興隆したベルカント・オペラの分野において――20年以上スターの座に君臨するペルー出身のテノール歌手ファン・ディエゴ・フローレスが、ついにモーツァルトの録音を行なった。

新しいアルバム『モーツァルト:オペラ・アリア集』は、もぎたての果実のように、瑞々しい音楽が満喫できる1枚である。

たとえば「魔笛」のタミーノのアリア。まっすぐで誠実な、真情あふれる声からは、出会うべき理想の女性を見つけた男の心のときめきが、震えるように伝わってくる。超絶技巧だけではない、音楽の底力が試されるモーツァルトの作品で、ここまで見事な結果を出すとは、さすがフローレスである。

リッカルド・ミナージ指揮チューリヒ歌劇場ラ・シンティッラ管弦楽団の、ざくざくとした古楽的な響きと迫力も非常に効果的で、シンフォニックな意味でも大いに楽しめる。

【今日の一枚】
『モーツァルト:オペラ・アリア集』
ファン・ディエゴ・フローレス(テノール)
リッカルド・ミナージ指揮
チューリヒ歌劇場ラ・シンティッラ管弦楽団

2017年録音
発売/ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
http://www.sonymusicshop.jp
商品番号/SICC-30475
販売価格/2600円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品