新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2月号|特集は古今亭志ん生と長生きスープ、付録は別冊落語まんがです。

文/編集部

『サライ』2月号は、昭和落語を代表する稀代の落語家「古今亭志ん生」の大特集に、滋養満点「長生きスープ」特集を合わせてご紹介。さらに昭和の落語家たちの感動エピソード満載のまんが別冊「寄席芸人伝 昭和の名人特別編」と、毎度おなじみ「大人の逸品」カタログ最新号も付いています。

↑↑表紙画像をクリックすると試し読みできます!

それでは今号の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
酒も貧乏も道楽も、すべては人生の肥やし
今こそ、古今亭志ん生

没後45年、今も高い人気を誇る落語家・古今亭志ん生。落語の神様と呼ばれ、放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で、ビートたけしさんが志ん生を演じていることも話題です。

そんな志ん生の落語は「天衣無縫」「変幻自在」「融通無碍」などと称されます。それは、若い頃に“呑む、打つ、買う”の三道楽に明け暮れ、生涯を奔放に生きた志ん生の生き方そのものでした。

ときに酒に酔って登場し、高座で寝ることも、怪しい呂律で噺が支離滅裂になることもありました。しかし、客席はそんな志ん生に満足しました。

本特集では、存在そのものが“芸”だった唯一無二の名人・古今亭志ん生の生き方を、貴重な写真多数を交えて辿るとともに、伊東四朗、ちばてつや、高田文夫らがその話芸の魅力を語ります。

さらに、志ん生が愛した味と店を訪ね、「火焔太鼓」を初めとする十八番の演目と聴き所を紹介します。

先ほど創刊したサライ責任編集のCDつき隔週刊マガジン『落語 昭和の名人 極めつき72席』の第1巻も、志ん生です。併せてご覧いただければ、さらに深く志ん生の落語を楽しんでいただけます。

平成最後のこの新春は、昭和の大名人・志ん生に思いを馳せつつ、その落語で笑ってください。>> 試し読みはこちら!

【第2特集】
出汁、ブイヨンを使わず、素材の旨みを引き出す19レシピ
野菜たっぷり「長生きスープ」

寒い冬の栄養補給には、スープが最適です。美味しいだけでなく、身体にいいことづくし。野菜をたっぷりいただきながら、体調を整えるのに役立ちます。

今回の特集では、身体にいい野菜のスープ19皿のレシピをご紹介しています。たとえば、キャベツ、玉葱、人参、かぼちゃのスープは胃腸の機能を整える作用があります。菜花のスープは、解毒効果があり、血液の滞りを解消する作用があります。

また、野菜の抗酸化作用は、生よりもスープにすると10倍~100倍高まり、癌予防に絶大な効果を発揮します。そんな野菜の栄養価や効用についても丁寧に取材しました。

今回のレシピは、出汁やブイヨンを使わずに手軽にできるものばかり。ぜひ、実際にご家庭でスープを作って、味わいながら、お身体の調子を整えてくださいね。>> 試し読みはこちら!

【別冊付録】
昭和の噺家の感動エピソード満載
別冊まんが付録

「寄席芸人伝 昭和の名人特別編」

別冊付録には、漫画家・古谷三敏さんが、昭和の名人と言われた落語家にまつわる逸話をもとに描いた名作『寄席芸人伝』(昭和53年~昭和61年に『ビッグコミック』で連載)より、8話を『昭和の名人特別編』として収録しました。

古今亭志ん生、桂文楽、桂三木助ら名人たちは、いかに生き、どのように話芸と向き合ったのか。物語は創作ですが、噺家たちのエッセンスが巧みに織り込まれたストーリーと画力に思わず引き込まれてしまいます。

志ん生特集と併せて、ぜひお楽しみ下さい。

*  *  *

以上、いま改めて脚光を浴びる稀代の落語家「古今亭志ん生」の大特集に、落語名人たちの感動エピソード満載のマンガ別冊、そして滋養満点の「長生きスープ」の特集を合わせた『サライ』2月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!>> 試し読みはこちら!

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP