新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

文学が繋ぐ人と人~Culture NIPPON シンポジウム 東京大会【参加者募集】

来年開催される東京オリンピック・パラリンピックはスポーツのみならず文化の祭典でもある。ここに着目し、東京五輪を日本文化発信の好機とする動きが活発だ。文化庁が主催する「カルチャー ニッポン シンポジウム」も、そのひとつ。2月9日開催の東京大会は、「文学が繋ぐ人と人 ~2020年とその先の未来へ向かって~」と題して行なわれる。

日本文学研究者のロバート キャンベル氏、芥川賞作家の村田沙耶香氏、文化庁長官の宮田亮平氏、カーリング オリンピアンの小笠原 歩氏、中学生作家の鈴木るりか氏ら、多彩なゲストが、文学の持つさまざまな魅力や可能性、そして文化を育む力について語る。また、リオ パラリンピック閉会式にも参加した大前光市氏のダンスも披露される。

文化プログラムを通じて、未来の文化資産を築くことを目指す「カルチャー ニッポン シンポジウム」。ぜひ、参加してみたい。

【Culture NIPPON シンポジウム 東京大会】
開催日:2月9日(土)
会場:江東公会堂(ティアラこうとう)
時間:13時~ 16時15分(予定)[開場12時]
定員:1000名(事前申込制)
入場無料

 

シンポジウムの主な内容は以下の通りです。

【基調講演】
「人と人とを繋ぐ文学の力」
ロバート キャンベル氏
(日本文学研究者、国文学研究資料館長、東京大学名誉教授)

ロバート キャンベル氏

文学は、文章を通じて、作者の価値観や描かれている場所の文化を、読者に感じさせる。これは、古今東西、変わらない。同じ文学を手に取った人々は、作者の描く世界を共有し、それがきっかけとして交流する。その意味で、文学は人と人とを繋ぐ力がある。文学研究者が、こうした文学の魅力について語る。

【特別トーク】
高校生ニッポン文化大使と語る「日本文化の魅力」
文化庁長官・宮田亮平
×
高校生ニッポン文化大使

本年度高校生ニッポン文化大使に任命された生徒たちと、宮田文化庁長官(金工作家、東京藝術大学名誉教授)が、「日本文化の魅力」をテーマにトークセッションを行なう。

【ショートプレゼンテーション】

芥川賞作家・村田沙耶香氏、カーリングオリンピアン・小笠原 歩氏、小学館の文芸編集者が、それぞれの視点から、文学の持つ力などについて、語る。

【パネルディスカッション】
文学が繋ぐ人と人
~2020年とその先の未来へ向かって~

ロバート キャンベル氏をモデレーターに迎え、宮田亮平氏、村田沙耶香氏、小笠原 歩氏、小学館の文芸編集者らが、「文学が繋ぐ人と人 ~2020年とその先の未来へ向かって~」をテーマに、場所や時代を超えて人々を繋ぐ文学の力について意見を交わし、次の世代を担う若者へ文学の興味を喚起し、未来へのレガシー(文化的遺産)を作るために何が必要かを考える。

左から宮田亮平氏(文化庁長官)、村田沙耶香氏(作家) photo:Sayo Nagase、小笠原 歩氏(カーリング オリンピアン)、鈴木るりか氏(作家)

※このCulture NIPPON シンポジウム 東京大会に『サライ』読者の100名様をご招待します。ご希望の方は、お名前、郵便番号、住所、電話番号を書いたはがきを、下記にお送りください。2名で参加希望の方は「2名希望」と明記してください。なお、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

【応募先】
〒101-8415
小学館集英社プロダクション内
「Culture NIPPON シンポジウム」
『サライ』プレゼント係 宛

※締切は、1月24日です(消印有効)

【関連記事】
文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました
https://serai.jp/event/350559

文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました
https://serai.jp/event/350523

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP