新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|修道会が運営する施設ならではの看取りとは? 老人ホームの施設長はシスター【4】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|「死によってすべてが終わるのではなく、新しいステージに移る」老人ホームの施設長はシスター【4】

hiroshi nomuraさんによる写真ACからの写真

「養護老人ホーム」で施設長を務める鶴田康代さん(仮名・57)の話を続けよう。

鶴田さんは、ある修道会に所属するシスターでもある。鶴田さんの勤める養護老人ホームは、この修道会が運営を委託されている。

【3】はこちら】

■祈ることで、いつもそばにいる神を意識する

このホームで看取りをすることも少なくないという。修道会が運営する施設ならではの看取りとは――

「看取りについては、ご本人やご家族が『ホームで最期を』と希望される場合はそのご希望に沿うよう対応しています。養護の人員配置ではきついところもありますが……。カトリックの信者さんが看取りに入ったら、神父様に特別なお祈りをお願いしたり、私たちもお部屋を訪問してお祈りしたりします。やすらかな旅立ちのために、そういった配慮をするのはシスターである私たちの面目躍如といいますか。

看取りのときの祈りですか? これは『病者の塗油』と言い、容態が悪くなったときのほかにも、普通の方が大きな手術の前に依頼されることもあります。亡くなっていこうとしている方には安らぎを与え、できることなら回復を願って祈ります。実際、危篤状態の方がこの祈りのあとに状態がよくなることがたびたびあります。信仰の篤い方にとっては、祈ってもらうことによって心が強められ、それが体の状態にもあらわれるのではないかと思います。

また、私も日常の生活の中で、困難に直面したときに、たとえば『これを乗り越える力をください』と祈ります。ただ、神さまという存在は、私のすべてを知っていらっしゃるし、たとえ願わなくても必要な助けをくださるのです。でも自分から祈ることで、いつもそばにいる神を意識することができる……。信者でない方に説明するのはむずかしいですね。なにか、きれいごとのようになってしまいます。

死については、それですべてが終わるのではなく、新しいステージに移ると言いますか。私個人としては、そこで亡き父に会うことを楽しみにしています」

■最期まで病名を隠し続けた

鶴田さんの文面からは、終始、達観したような、どこか神の目線のようなものが感じられる。そんなシスターが、ひとつだけ後悔を口にした。亡くなった父親のことだった。

「私の父は、少し具合が悪くなり、肺がんだと判明したときにはすでにかなり進行していました。母と弟といっしょに医師の説明を受けたときのことは、今もはっきり覚えています。絶望感の中で、わずかな可能性に期待して手術を受け、患部はある程度取り除くことができたようでしたが、結局は転移があり、半年以上の入院生活ののちに亡くなりました。30年以上前のことです。

当時、私たちは父に病名を告げた方がよいのではないかと思いましたが、主治医にも親戚にも反対され、とうとう最期までがんであることを隠し続けました。ですが、本当のことを隠したまま、父に接することは私たちにとってつらいものでした。

多分、父が亡くなったあとしばらくして、山崎章郎さんの『病院で死ぬということ』が刊行されたと記憶しています。ホスピスが世に知られるようになったのも、そのころだと思います。私は父が入院してから一度も家に帰ることがなかったことを何より残念に思っていて、今でも涙が出てしまいます。病名を告知していたら、父はもっと残りの日々を自分らしく生きることができたのではないか、いやきっとそうに違いありません。また泣けてきました。これは、私が癒されていない部分なのでしょう」

こんなやり取りをしながら、いつしか鶴田さんからのメールが届くのが楽しみになっていた。そして1年以上にわたるこのやり取りの最後は、鶴田さんの異動を知らせるものだった。

「最後に、私はこの春の修道会の異動で、ある離島に転任することになりました。小規模の特養が新たな奉仕の場です。この地に20年近くいることになろうとは思ってもみませんでしたが、長くいることによってくっついた余計なものを捨てるにはよい機会です。本当に、身軽になれたらと思います。でも、やっぱりいろんなものを持っていくんですけれどね。あとは、母に簡単に会えなくなることが心配です」

こうして、文通をしているようなメールの交換は終わった。ときには1、2か月メールの間が空くこともあり、鶴田さんの文面からはその多忙ぶりが垣間見えた。それでいながら、世俗的な時間や空間を超越したところにいるようなメールには、不思議な味わいがあった。

今でも鶴田さんは本土から遠く離れた島で、祈りと奉仕の日々を送っているのだろう。どこにいても、変わることなく。

取材・文/坂口鈴香
終の棲家や高齢の親と家族の関係などに関する記事を中心に執筆する“終活ライター”。訪問した施設は100か所以上。20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「あたしゃ、なーして、こげんところに入っとっとじゃろか?」老人ホームの施設長はシスター【3】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「養護老人ホーム」とはどんなもの?入所…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわしい道がある」老人ホームの施設長はシスター【2】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわ…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホームの施設長はシスター【1】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホーム…
  4. 老後を自宅で過ごしたいなら|「いつでも連絡してください」というケアマネジャーを求めるのは間違い?【後編】 【老後を自宅で過ごしたいなら】「いつでも連絡してください」という…
  5. 老後を自宅で過ごしたいなら|「いつでも連絡してください」というケアマネジャーを求めるのは間違い?【前編】 【老後を自宅で過ごしたいなら】「いつでも連絡してください」という…
PAGE TOP