新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?| 90歳の母の決断~生まれ育った四国から東京の老人ホームへ~

取材・文/坂口鈴香

終の棲家はどう選ぶ? 90歳の決断~生まれ育った四国から東京のホームに

この年末年始、ふるさとに帰省して、久しぶりに親の顔を見るという読者もいるだろう。今は元気でも、これからの親の生活に不安を抱いている人も少なくないのではないだろうか。

離れて暮らしていた高齢の親を、子どもの住まいやその近くに呼び寄せたという話はよく聞く。一方で、親を呼び寄せたいけれど、親が慣れない土地に移ることに納得してくれないだろうと、呼び寄せを言い出せないでいる人もいる。

呼び寄せに成功した人はどういうふうに話を切り出し、住み替えまでどんな経緯をたどったのだろうか。四国から娘の暮らす東京に移る決断した末永さん親子のケースをご紹介しよう。

末永サヨさんと娘 葉子さんのこれまで

末永サヨさん(仮名・93)は、50代で夫を亡くして以来、四国で独り暮らしをしてきた。一人娘の葉子さん(仮名・65)は、大学進学と同時に上京。そのまま就職、結婚して、現在も都内に住んでいる。

葉子さんは、サヨさんが75歳を過ぎたころから毎月のように四国に帰り、サヨさんの様子を見ていた。サヨさんは特に大きな病気をすることもなく、元気に暮らしてはいたが、80代後半になると急に何が起こってもおかしくない。独り暮らしもそろそろ限界だと感じ、今後のサヨさんの暮らし方について考えるようになっていた。

ふるさとを離れる決意をしたきっかけ

サヨさんも健康には自信があったものの、不安がないわけではなかった。

サヨさんが、葉子さんの住む東京に行こうと決意したきっかけは、自分の体調ではなく、葉子さんの体調だった。

「帰省した葉子が腰を痛めていたようで、痛そうにしていたんですよ。葉子も60代。毎月遠距離を往復するのは大変でしょう。無理させているなと思いました。それに、もし葉子が私のところに来られなくなると、私もやはり心細いです。それで、葉子が東京に帰るときに『あなたの家の近くで老人ホームを探してちょうだい』と頼んだんです」。

自分から娘の近くに行くと決めたサヨさんの場合は、厳密には「呼び寄せ」には当たらないだろう。それでも生まれ育った地を離れるのは、重い決断であることに違いはない。ところが、サヨさんの言葉にそれほど葛藤があったとは感じられない。

「周囲の人たちは驚いていましたよ。でも私は故郷を離れることにまったく躊躇はありませんでした。いくら故郷とはいえ、90歳にもなると兄弟や友達も亡くなってしまい、親しく付き合う人がガタっと減りましたからね」。

なぜ同居でなく老人ホームを選んだのか

じつは、葉子さんは10年ほど前に自宅を新築するときに、将来のことを考えてサヨさんの部屋を用意していたという。それを知りながら、なぜ同居ではなく「老人ホーム」を選択したのだろうか。サヨさんはこう説明してくれた。

「実の娘でも、考え方もやり方も違います。これまで何十年も離れて暮らしていたのに、急に同居してもお互い楽しくないだろうと思いました」。

サヨさんは早くから精神的に自立し、子離れもできていたようだ。一人娘の葉子さんに、東京の大学を受験させ、東京で暮らすことにも賛成している。

「葉子が東京の大学に合格したときは本当にうれしかった。私の時代は勉強したくてもできなかったので、『これで葉子の人生が開ける』と思いました」とサヨさんは当時を振り返る。

互いの人生を尊重したいという思いが、娘の近くに移っても「ホームで別居」という形を選ばせたのだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』 老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計…
  2. 2019年還暦人を徹底調査 60歳の格差広がる|還暦人の貯蓄額平均は2,956万円、一方4人…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  5. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
PAGE TOP