新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?| 壊れていく母 追い詰められる父【その2】

取材・文/坂口鈴香親の終の棲家をどう選ぶ?| 壊れていく母 追い詰められる父【後編】

大島京子さんの母・総子さんの認知症の進行により、暴言にさらされ続けた父・敏夫さんの体調は悪化。ついに要介護5となり、長い入院生活を送ることになった。大島さんと兄の、仕事をしながらの介護生活はますます大変なものになっていった。

その1はこちら】

激怒する母と大量の汚れ物

敏夫さんの入院は3か月に及んだ。その間、大島さんと兄は、交代で総子さんのもとに通った。

「母は、週1回、半日のデイサービスに行く以外は、1日のデイサービスやショートステイはもちろん、入浴も、オムツもすべて拒否していました」

このころが、大島さんと兄がもっとも大変な時期だったと振り返る。

「1週間ほど介護休暇を取って母の介護をしましたが、そう長くも休めなかったので、仕事に復帰しました。仕事帰りに実家に寄り、晩ご飯を作って母と食べ、朝昼食用にすぐに食べられるものを置いて出勤する毎日。父を見舞い、実家に行くと、粗相して汚れた下着が大量に放置してあるので、寝具も含めた洗濯も大変でした。兄と交代しながらなのでなんとか続けられたものの、私一人だと乗り越えられなかったと思います」

仕事中も総子さんから頻繁に電話がかかってきた。「兄とケンカした。憎たらしい。すべてに腹が立つ。食欲もない。おいしくない。つまらない」とひたすら繰り返す。大島さんが兄に聞いてみると、「何度も会社に電話をかけてくるので、突き放したから怒っているんだろう」という返事。そのあとも兄への激怒と、電話は繰り返された。

父を自宅に戻せない

そのころ、敏夫さんが入院している病院からは退院を迫られていた。

「ただ自宅にも認知症の母がいるため、介護の必要な父を自宅に戻すことはできないということで、早急に施設を探してほしいと言われたんです。仕事しながら母の介護をするだけでも手一杯なのに、施設探しまでとなると難題です。どうしたものか、と兄と二人で頭を抱えました」

そんなある日、大島さんは職場に来た回覧物が目に留まった。大島さんの会社では、取引先の商品を紹介するチラシが回覧されることがあった。その中に、有料老人ホームを運営する取引先企業による施設見学会のチラシが入っていたのだ。

「まったくの偶然なのですが、そのチラシを読んでみると、実家の近くにもその企業が運営するホームがあることがわかったんです。そこで早速兄と見学することにしました」

ホームを見学した大島さんと兄は、ホームや職員に好印象を持った。施設を案内してくれた施設長の感じがよかったこと、大島さん兄妹の話をよく聞いてくれたこと、そして、前払金が不要なタイプだったため、実家を処分せずに入居できるということも大きなメリットだった。

このころになると敏夫さんもずいぶんと回復し、意思の疎通もはかれるようになっていた。そこで外出許可をもらい、敏夫さんも大島さんとホームを見学した。

「父も『このホームに入ってもいい』と同意してくれたので、入居を決めました。契約も父が自分でしたいと言ったので、私たちが同席して父が自分で署名もしました」

自分の行き先は自分で決めるという敏夫さんの覚悟が伝わってくる。そして退院したその足で、敏夫さんはホーム住人となったのだった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2019年還暦人を徹底調査 60歳の格差広がる|還暦人の貯蓄額平均は2,956万円、一方4人…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  4. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
  5. photoBさんによる写真ACからの写真 親の終の棲家をどう選ぶ?|3度の脳梗塞に襲われた妻。その時、夫が…
PAGE TOP