NHK『日曜討論』ほか数々のメディアに出演し、シニア世代の生き方について持論を展開するライフ&キャリア研究家の楠木新さん(69歳)。人生100年時代を楽しみ尽くすためには、「定年後」だけでなく、「75歳からの生き方」も想定しておく必要があると説きます。楠木さんが10年、500人以上の高齢者に取材を重ねて見えてきた、豊かな晩年のあり方について紹介します。

新たな居場所を発見する3つの方法

新型コロナウイルスの感染が一時的に下火になった2020年9月に参加した同窓会でのことです。当然ながら私と同世代の65歳を過ぎたメンバーが集まりました。

何より印象的だったのは、誰もが一旦退職していたことです。過去の同窓会では、どういう会社に勤めているのか、どんな仕事をしているかの社会的な立場や、収入額などが話題の中心でした。ところが現役当時の仕事から離れると、自分のことを人に説明するのが簡単ではなくなります。少し大げさにいうと「自分はいったい何者か?」を考える入り口に立ったのかもしれません。学生時代に悩んだことと同じ問いに戻ったという友人もいました。

私は、誰もが現役当時の仕事に代わる、新たな自分の「居場所」を持つ必要があるのではないかと考えました。「これをやっている時(ここにいること)が、一番私が私らしい」と感じられるような居場所。組織に属することが少なくなる70代以降は、特にその有無が大切になるのではないでしょうか。ここでいう居場所は単に空間的な位置を示すだけではなく、時間的な流れや自らの思い入れも含みます。自分が過ごしていて、納得できる場所であるべきです。

定年後に自身の居場所を失う人は少なくありませんが、新たな居場所を見つけるためには3つのポイントがあることを長年の取材経験から見出しました。

1つ目は、子どもの頃の自分を呼び戻すことです。子どもの頃に夢中になったこと、若い頃にやり残したことに居場所探しのヒントがある人は少なくありません。過去はもう終わったことではなく、現在や未来と一体となって自分を支える居場所になる可能性があります。

2つ目は、「教える―学ぶ」の関係のなかから、居場所を見つけることです。サラリーマン時代は、自身の能力やスキルをアップする、組織内での成績を上げるといった競争モードのなかで仕事に励んできた人が多いでしょう。ところが定年後になると、むしろ他の人に役立つように何かを教える、または新たなことを学ぶといったことの比重が高まります。もちろんこれは単に学校で「教える―学ぶ」といった狭い範囲のことではありません。このような人に寄り添う「教える―学ぶ」の関係は双方に価値を生み出します。

3つ目は、「ノスタルジー」とでもいいましょうか。お金や健康、仕事も大事ですが、人はそれだけでは生きていけません。過去の自身の思い出や、祖父母や両親に対する思慕、生まれ育った故郷や幼馴染が自分を支えている人もいます。

ただし、お金が儲かるからとか、社会的地位や他人の評価などの客観的な側面だけで居場所を選んでしまうと、失敗することが多いようです。他人のことは気にせず、自分がどう感じるかという主体的な姿勢を優先すべきでしょう。

若い頃に戻れば「いい顔」になれる

グループサウンズの伝説バンド「ザ・タイガース」のドラマーとして活躍した瞳みのるさんは、解散後、芸能界から完全引退。1年間の猛勉強を経て慶應義塾大学文学部に合格。文学部中国文学科を卒業後、同大学文学部修士課程を修了しました。

私の高校時代の同級生は、いつも大学の教室の一番前に座って授業を聞いていた彼の姿を覚えているそうです。その後、慶應義塾高校で33年間教鞭(きょうべん)を執りました。その間、北京大学に2年間の留学も経験。2011年に芸能界に復帰して、60代半ばから音楽活動を再開しています。

2018年5月に私の地元である神戸新開地で開催された彼の野外コンサートに足を運びました。時折中国語も織り交ぜながら楽しく歌い、ドラムをたたく彼の姿は何とも魅力的でした。アンコール曲はザ・タイガース時代の『シーサイド・バウンド』。

この曲に懐かしい思い出を持つ人がいるかもしれません。彼のステップ指導よろしく音楽に合わせて観客全員が踊り出しました。音感もリズム感もない私でも何とかステップが踏めたのがうれしかったのです。若い頃に一度は断念した音楽活動を再開する過程で、瞳さんは自身の新たな居場所を見つけているように私には思えました。

いきなり自分の居場所はどこかと探そうとするよりも、子どもの頃や学生時代に取り組んだことをもう一度やってみるのも1つのやり方です。もちろん瞳さんのように、脚光を浴びる大きなことでなくてもかまいません。

私たちは年齢を重ねながら取り組むことは変化していきますが、振り返ってみると途中でやり残したことも多いものです。

例えば、中学の時には、絵を描くことが楽しくて仕方がなくても、高校の美術部の先生やメンバーと折り合いが悪くなって退部する、高校時代にロックバンドを組んでいても大学受験のために途中で解散する、大学時代に小説を書いていても、食えないからと小説家になる夢を諦めて会社員になった……。

誰もがその時その時に完全燃焼してけじめをつけることができるわけではありません。むしろ何らかの形でやり残したことがあるのが普通ではないでしょうか。やむを得ずリタイアしたものや、環境変化によって途中で諦めたこと、新たなものを得るために断念したものがあるかもしれません。

いつから始めても、決して遅くはありません。やり残したことにもう一度取り組んでみるのです。もちろん年齢を重ねているので同じようにはできないでしょう。しかし「昔取った杵柄(きねづか)」という諺(ことわざ)があるように、頭の中だけで考えることよりも居場所を見つけやすいものです。

私の周囲には、仕事を辞めた後に若い頃から好きなことに取り組んでいる人がたくさんいますが、総じて瞳さんのように「いい顔」をして生きているのが特徴です。

* * *

『75歳からの生き方ノート』(楠木新 著)
小学館

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

楠木新(くすのき・あらた)
1954年、神戸市生まれ。1979年、京都大学法学部卒業後、生命保険会社に入社。人事・労務関係を中心に経営企画、支社長などを経験する。在職中から取材・執筆活動に取り組み、多数の著書を出版する。2015年、定年退職。2018年から4年間、神戸松蔭女子学院大学教授を務める。現在は、楠木ライフ&キャリア研究所代表として、新たな生き方や働き方の取材を続けながら、執筆などに励む。著書に、25万部超えの『定年後』『定年後のお金』『転身力』(以上、中公新書)、『人事部は見ている。』(日経プレミアシリーズ)、『定年後の居場所』(朝日新書)、『自分が喜ぶように、働けばいい。』(東洋経済新報社)など多数。

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店