新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

健康

著名熟年ランナーが教える中高年のためのランニング上達術

文/鈴木拓也

50代半ばにして、各地の有名マラソン大会に次々と参加し、その多くをサブスリー(3時間未満のタイム)で完走している人物がいる。本間俊之さん。外資系銀行に勤める市民ランナーで、月に300km以上走り、適度に糖質を制限した食事を摂るなど、熟年スポーツマンの鏡のような存在だ。

さぞや若い頃から実業団などで鍛錬してきた人物かと思いきや、ランニングを始めたのは48歳。しかも、趣味のゴルフ以外にスポーツに励んだことはなく、ヘビースモーカーで体重80kgのメタボ体型だったという。

そんな本間さんが走るきっかけを得たのが、2011年暮れの同窓会。酔った勢いで友人の駅伝代走を引き受けることになり、3か月後の大会に備え「知識ゼロからしぶしぶ」トレーニングを始めた。

当初は短距離を走るのさえ難しく、たびたび右ふくらはぎの肉離れに見舞われるなどしたが、本番ではどうにか3kmの区間を完走。このときに、「疲れや痛みより、タスキを無事につないだ達成感が上回り、その後の飲み会では、ずっと興奮状態」が続いたことから、ランニングの素晴らしさに目覚め、フルマラソン出場を決意する。

この決意から最初のフルマラソン完走、そしてサブスリーまでの道のりは、著書『40代から最短で速くなるマラソン上達法』(SBクリエイティブ)に詳しいが、これを読んで最初に分かるのは、実はマラソンの訓練は思ったほどには過酷ではないということだ。

本間さんがまったくのビギナーの頃は、仕事帰りに1駅手前で降りて3.5kmほどのウォーキング週1~2回行うだけ。サブスリーを達成した時期でも、長距離を走り込む練習は週1回にとどめ、それ以外の日は5~10kmをスローペースのジョギングに徹していたという。コースは、皇居1周+日比谷公園1周(約8km)が定番とのことで、「これなら自分もできそう」と思える(もちろん、継続できるどうかは別問題として)距離だ。

一方で、「中高年ランナーは、いかに疲れをとるかがとても重要です。この年齢になると、若い頃に比べグッと疲れがたまりやすくなるからです」と、戒めの言葉も忘れていない。特に50歳を超えると「日ごと衰えを感じるほど顕著」だと本間さんは言うが、これは練習を見直し改善を繰り返すことで、抑えられるとも。

意外なことに本間さんは、「それほど走ることが好きなわけではない」という。強化練習の日は朝から憂鬱になるくらいで、真のモチベーションは、どう練習すれば自己ベストを更新できるかという知的好奇心にあるとする。また、「仮装ラン」でウサギの耳をかぶって走った時は、沿道の見物客の声援を受ける喜びをかみしめた経験から、楽しんでやることの重要性も説く。

本書は一見、ストイックなトレーニングメソッドで埋め尽くされた専門書の印象を受けるが、自身の年齢と折り合いをつけつつ、ワンランク上にチャレンジするヒントが詰まった処世訓として読むこともできる。これからランニングをしたいと考える人も、そうでない人も、ぜひお手にとって読んでほしい1冊である。

【今日の健康に良い1冊】
『40代から最短で速くなるマラソン上達法』
(本間俊之著、820円+税、SBクリエイティブ)
http://www.sbcr.jp/products/4797383492.html

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP