新着記事

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【休日達人♯01】「一人茶会」で自分をもてなす/山口浩さん(駒澤大学教授)

独自の趣味で人生を楽しんでいる方を紹介する【休日達人】。第1回は「一人茶会」を趣味にする駒澤大学教授の山口浩さんです。

リサイズcocacola-05

いつでもどこでも、気が向いたときに「一人茶会」を楽しむという山口浩さん(駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授)

■「自分が楽しむため」の一人茶会

茶道と聞いて、どんなイメージが浮かぶだろうか。日本の伝統文化、千利休、厳格、流派、作法、お点前……など、人によってそのイメージもさまざまだろう。

茶道は「茶湯(ちゃとう)」や「茶の湯」とも呼ばれ、古くからお茶を楽しむために行なわれてきた。そして、千利休によって侘び茶が確立され、以後、さまざまな流派によって今日まで受け継がれてきている。

だがそんな正統的な茶道とは距離をおいて、独自の「一人茶会」を楽しむ休日達人がいる。駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授の山口浩さんだ。

リサイズcocacola-02

「元々いろいろなお茶が好きだったんですが、茶道は敷居が高いし、正座をしなくちゃいけない、というのもあってずっと避けていたんです。でも、あるとき『給湯流茶道』という茶会に参加して、別に流派に従ったり、正座をしたりしなくてもいい茶道もあるんだと知って、やってみようかなと思いました。

とはいえ、茶道は基本的におもてなしの文化。もてなすお客さんがいて成り立つものなので、飲みたかったら誰かに点(た)ててもらわなくちゃいけない。ふだん、そういう相手を見つけるのはなかなか難しいし、いたらいたでその人の好みにも配慮しなきゃいけない。

でも、そんなことでお茶を楽しむ機会が減ったり、自分の好みでないお茶になったりしまうのはもったいない。それで、おもてなしをするのが茶道ならば、自分で自分をおもてなしすればいいんじゃないかと思ったのです」

山口さんの思いはただ「お茶をおいしく飲みたい」。それだけだ。茶道は作法を教えてくれるが、「おいしいお茶の点て方」についてはそれほど詳しく教えてくれるわけではないし、作法を守ったからおいしくなるとも限らない。もっと気軽にお茶を楽しめたらいいのに――という思いから一人茶会は始まった。

リサイズcocacola-03

茶道を自己流で楽しむ発見をしたことで、山口さんにとっての「お茶を飲むこと」に何か変化はあったのだろうか。

「一人茶会を始めて2年ほど経ちますが、お茶を飲むということに関しては日常の習慣なので特に変わったことはありませんね。毎日コーヒーや紅茶、日本茶なども飲みますが、それと基本的には同じです。旅先でも自宅でも学校でもどこでも、お茶が飲みたいと思ったら、場所や時間は問いません。

ただ『茶会』と称する以上、お茶を点てて飲むことに対しては真剣に取り組みたい気持ちはあります。その日のテーマのようなものを決める日もありますし、今日みたいに気持ちいい初夏の日は、こうして公園でお茶を点てることもあります。まあピクニックみたいなものですが、『お茶を飲みながら季節の移り変わりを愛でる』という意識は明確にあります」

自己流で始めた一人茶会だが、同時に茶道の稽古にも通うようになったという。茶道の格式や堅苦しいことがイヤで始めた一人茶会だったはずが、なぜ改めて茶道も始めることになったのだろうか。

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP