新着記事

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

エジプトの至宝「黄金のマスク」ほか、カイロ博物館所蔵の名品100点を公開「黄金のファラオと大ピラミッド展」

「アメンエムオぺト王の黄金のマスク」〔第3中間期 第21王朝(前993-984年頃 国立カイロ博物館蔵〕

「アメンエムオぺト王の黄金のマスク」〔第3中間期 第21王朝(前993-984年頃 国立カイロ博物館蔵〕

  
約4500年前のエジプト古王国時代のファラオ(王)たちによって建造された巨大ピラミッド群。その美しい姿は後世の人々を魅了し続けると同時に、いまだ解明されていない謎に包まれた神秘の遺跡でもあります。

そんなピラミッドとファラオをテーマとする「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」が、4月22日(金)から仙台市博物館で開催されます。本展は、エジプト学者・吉村作治氏の監修のもと、世界一のエジプト・コレクションを誇る国立カイロ博物館の至宝約100点を展示するとともに、4Kの高精細映像を駆使してファラオや王家の女性、ピラミッド建設を支えた人々の暮らしに迫ります。

大ピラミッド展・アメンエムペルムウトの彩色木棺 (1)

 

「アメンエムペルムウトの彩色木棺」〔第3中間期 第21王朝(前1069-945年頃 国立カイロ博物館蔵〕

「アメンエムペルムウトの彩色木棺」〔第3中間期 第21王朝(前1069-945年頃 国立カイロ博物館蔵〕

 

本展の見どころを、仙台市博物館学芸員の菅原美咲さんにうかがいました。

「この展覧会では、ギザの三大ピラミッドを建造した王として著名なクフ王、カフラー王、メンカウラー王をはじめ、ピラミッド建造に関わったファラオたちの像が多数出品されます。また、金やラピスラズリなどの貴石をあしらった女性の装飾品、当時の食文化がうかがえる人物像、象形文字のヒエログリフが刻まれた石碑など、どれも古代エジプト文明を知るうえで必見の資料ばかりです。ぜひご覧ください」

4Kシアターの映像は展覧会オリジナルです。時空を超えて古代エジプトの旅を体験しに足をお運びください。

 

【国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展】

会場/仙台市博物館(宮城県仙台市)
会期/2016年4月22日(金)~6月26日(日)
住所/宮城県仙台市青葉区川内26(仙台城三の丸跡)
電話番号/022-225-3074
料金/一般1500(前売1300)円 大高生1200円 中小生800円 ※前売券は一般のみ、10名以上の団体は当日料金より各100円引き、各種割引あり(詳しくはお問い合わせください)
開館時間/9時から16時45分まで(入館は16時15分まで)
休館日/月曜日(ただし5月2日は開館)
アクセス/地下鉄東西線仙台駅から八木山動物公園行きで「国際センター前」下車、南1出口より徒歩約8分またはJR仙台駅西口バスプール16番よりるーぷる仙台で「博物館・国際センター前」下車徒歩約3分

仙台市博物館サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP