新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

75歳以上の約4割が1日に5種類以上の薬を服用|「ベジタサイズ」で薬は減らせる!

文/鈴木拓也

飲んでいる薬を減らすのに効果的な「ベジタサイズ」とは?|『薬は減らせる!』

1日に何種類もの薬を服用する、高齢者の多剤服用が社会問題化している。
75歳以上に限ると、約4割が1日に5種類以上の薬を服用しており、組み合わせによる予期しない副作用などが指摘されている。

■「薬を使わない薬剤師」が警告する多剤服用の問題

以前から、この問題に警鐘を鳴らしてきたのは、宇多川久美子さんだ。かつては薬剤師として総合病院に勤務していた宇多川さんだが、「薬で病気は治らない」現実を知り、今は「薬を使わない薬剤師」として啓発活動を行っている。

宇多川さんは、著書『薬は減らせる!』(青春出版社)の中で、多剤服用の問題点として副作用のほかに、「依存、耐性ができてしまう」、「腸内環境が悪化する」などを挙げ、「その薬は本当に必要なのか」と考えることを促す。
特に、高血圧や糖尿病のような慢性病や生活習慣病の薬は、基本的には症状を抑えるのが目的で、病自体を治すものとは言い難い。
そうかといって、単に服用を止めてしまえば、症状に悩まされることになる。

もちろん、宇多川さんも、安易な断薬・減薬を説いているわけではない。

■薬を減らすには「積立貯筋」から

宇多川さんが、第一歩としてすすめるのが、生活習慣の改善。なかでも重点ポイントの1つとして、コツコツと筋肉を鍛えていく「積立貯筋」を推す。

身体組織の中でも筋肉だけは、何歳からでも鍛えて強化することができる。「貯筋」ができれば、免疫力や骨密度が向上するなど、身体全体のコンディションが改善され、ひいては生活習慣病の改善につながり、薬を減らすことができるという理屈だ。
これはなにも、ジムに毎日通って厳しい筋トレに励め、という話ではない。宇多川さんが考案した、「ベジタサイズ」という名の運動をするのでよいという。

■「ベジタサイズ」で薬いらずの身体へ

「ベジタサイズ」の「ベジ」は、ベジタブル(野菜)から来ている。これは、大地に根を張る野菜をイメージして行うエクササイズであることから、ついたネーミングだ。
このエクササイズは、器具も要らず、つらさもない。歩行が難しくなってきた90歳と88歳の夫婦が、腰が伸びしっかりと歩けるようになるなど、効果も折り紙つき。

「ベジタサイズ」は、「芽生えエクササイズ」、「豆の木エクササイズ」、「麦ふみエクササイズ」の全3ステップの運動にプラスして、正しい姿勢で行うウォーキングからなる。

『薬は減らせる!』には、各エクササイズが説明されているので、最初の「芽生えエクササイズ」を紹介しよう。

1. 脚をそろえてまっすぐ立つ。
2. 合掌するように手を軽く胸の前で合わせて種をつくる。腰をまっすぐ下ろし、中腰になる(これから芽生える種を埋め、エネルギーをためていく)。
3. 脚をすっと伸ばして立ち上がる。手を合わせたまま、頭上のできるだけ高い位置を目指して上げていく(土の中からまっすぐに芽が伸びていく)。
4. 腕を45度くらいにパッと開く。このとき、お尻をキュッと締める(双葉が開き大地に根っこを張るイメージ)。

1~4を3回ほど繰り返すが、括弧に書かれているのは、やりながら心の中でイメージする内容となる。イメージは、このエクササイズの目的である「正しい姿勢で立つ」のに役立つという。

まず、種を土のなかに埋めて、やがて芽が出て、お日さまに向かってまっすぐ伸びる、ということをイメージで伝えます。すると、胸を張ったり、腰を反らせたりすることなく、自分自身でまっすぐ上に伸びようとします。実際は背骨を支えている仙骨がすべった状態から上を向き、背骨の近くにあるインナーマッスルである脊柱起立筋が上に引き上がっていくのですが、それがイメージ力によって無意識にできてしまうのです。(本書127pより)

その後のステップで、肩甲骨をほぐし、転ばない脚づくりをし、正しい姿勢で歩くためのエクササイズが続くが、どれもシンプルで容易にマスターできる。
「ベジタサイズ」を習慣づければ「貯筋」となり、生活習慣病が改善され、薬を減らすことが期待できる。宇多川さんは、何かしら効果が見えてくるまでの目安は1か月と述べている。薬の飲みすぎを気にされている方は、本書を読んで実践してみるとよいだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『薬は減らせる!』

http://www.seishun.co.jp/book/21200/

 

(宇多川久美子著、本体960円+税、青春出版社)『薬は減らせる!』
文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
PAGE TOP