新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日本映画 第32回】

海底軍艦

文・絵/牧野良幸

俳優の高島忠夫さんが6月に亡くなられた。生前は映画だけでなくテレビでも親しまれ、ご子息が俳優となった後は高島一家の顔としてもご健在だっただけに訃報は残念でならない。

そこで今回は高島忠夫さんが出演した『海底軍艦』を取り上げてみたい。

『海底軍艦』は1963年(昭和38年)公開の東宝の特撮映画である。監督が本多猪四郎、特撮が円谷英二、音楽が伊福部昭。つまり有名なゴジラ映画と同じ顔ぶれによる作品だ。

といっても『海底軍艦』は怪獣映画ではない。マンダという怪獣こそ途中で現れるが、あまり重要ではない(強くもないし)。この映画の主役は海底軍艦こと轟天号である。

轟天号は潜水艦だが空を飛ぶこともできる。先端のドリルで岩を砕いて地中を進むこともできる。いかにも特撮映画らしい潜水艦だ。

この轟天号のアイデアは、5年後に円谷プロダクションが制作したTV番組『マイティジャック』のマイティ号で再び少年たちの前に現れることになる。僕たち60年代の子どもは「宇宙戦艦ヤマト」を待たずして、空飛ぶ潜水艦に心奪われていたのである。

『海底軍艦』に話を戻すと、ストーリーはこうである。

1万2千年前に地殻変動で太平洋に没したとされたムウ帝国。ある日、そのムウ帝国が地上で暮らす人類に宣戦布告する。彼らは海底の奥深くで生活しながらも、地熱をエネルギーとする高度な科学技術を持っていた。

人類の危機に際し、国連は轟天号の出動を要請する。轟天号は太平洋戦争が終わった後も、神宮司大佐をリーダーとする旧日本軍が秘密裏に建造していた万能原子戦艦だ。こうして轟天号は人類を救うためムウ帝国との戦いにいどむ、というお話。

実は僕は『海底軍艦』を劇場公開時に観ている。

その時僕は5歳と11か月。幼稚園の年長だ。それでも映画館の大きなスクリーンに映った轟天号の勇姿(ムウ帝国のスパイに破壊されたドッグからの発進シーン)や、伊福部昭の音楽は記憶に残っている。

中でも鮮明に記憶しているのがクライマックス、地下のムウ帝国に突入した轟天号から降りた攻撃隊が、ムウ帝国の動力炉に爆弾を仕掛けるシーンだ。巨大な地下動力炉の中で小さな人間が動く特撮シーンは神秘的でさえあった。

しかし幼稚園児の記憶力が確かか、というとそうとも言えない。

実はカメラマンの旗中進役を演じた高島忠夫のことは覚えていない。またヒロインの神宮司真琴を演じた、東宝きっての美人女優、藤山陽子のこともまるで覚えていない。

まあ5歳の幼稚園児が映画館で「高島忠夫はいい演技しているねえ」とか「藤山陽子はいい女だなあ」などと感激していたら、それもおかしいと思う。僕の記憶から消えたことは勘弁していただきたい。

ということで今回エッセイを書くためにDVDを観てみた。『海底軍艦』を観るのは実に56年ぶり! 今あらためて観ると俳優の豪華さに驚く。

主演の高島忠夫。やっぱり元気で明るい。最初に「映画の主人公は轟天号」と書いたが、やはり主役は高島忠夫で間違いない。映画全体をまとめるムードメーカーである。

それから藤山陽子の美しさ……これは幼稚園児には分かるまい。

日本映画史を代表する二枚目俳優、上原謙も出ている。他にも藤田進や平田昭彦、田崎潤など、ここには書ききれないほど、東宝の誇る黒澤映画、クレージーキャッツ映画、若大将シリーズの俳優さんたちが出演している。ムウ帝国の皇帝役の小林哲子も不敵な目つきが印象的である。

これが子ども向けの特撮映画とは、とても思えない。そういえば映画の最初に、北あけみのビキニ姿が出てきてドキッとした。子ども映画にこんなサービスショットが必要だろうか。当時の幼稚園児はスルーしても、還暦を過ぎた男には刺激的だ。

ということで『海底軍艦』は今でも“オトナの特撮映画”として立派に通用する作品だ。特撮映画としてはゴジラより知名度は落ちるけれども、サライ世代にはゴジラ以上に楽しめる映画かもしれない。

生前はテレビの映画劇場の解説もされた高島忠夫さん。もし生きていらっしゃったら、この『海底軍艦』をどんな風に解説しただろうか。高島さんの溌剌とした声で聞いてみたかったと思う。あらためて高島忠夫さんのご冥福をお祈りします。

【今日の面白すぎる日本映画】
『海底軍艦』
製作年:1963年
製作・配給:東宝
カラー/94分
キャスト/高島忠夫、藤山陽子、小泉博、上原謙、藤木悠、佐原健二、田崎潤、小林哲子、天本英世、平田昭彦ほか
スタッフ/原作:押川春浪 脚本:関沢新一 監督:本多猪四郎 特撮監督:円谷英二 音楽:伊福部昭

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【面白すぎる日本映画 第33回】 “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【…
  2. 『あなたへ』 降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎ…
  3. コミック雑誌なんかいらない! 人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌…
  4. 傷だらけの天使 さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『…
  5. 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほ…
PAGE TOP