新着記事

脳を活性化させて若返らせる画期的な方法|『脳が若返る15の習慣』

人の名前が出てこなくなったら、始めたほうがいい!? 脳を活性化させて若返らせる習慣

1位:銀の鈴サンドパンケーキモンブラン [コロンバン/グランスタ] 1個 297円

年末年始の帰省に喜ばれる!「東京駅冬のお土産人気ランキング2019」ベスト10

Google マップの超基本的な使い方【スマホ基本のき 第8回】

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年、日本人の不安1位は?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

アゴをリラックスさせて魅力的な声に

顎をリラックスさせて魅力的な声に!|よく響く落ち着いた声で話す方法

MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。

“イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲学を巡る風景〜[PR]

仕事ができる男=気遣いができる男!? “できる男”に共通する特徴とは?

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日本映画 第32回】

海底軍艦

文・絵/牧野良幸

俳優の高島忠夫さんが6月に亡くなられた。生前は映画だけでなくテレビでも親しまれ、ご子息が俳優となった後は高島一家の顔としてもご健在だっただけに訃報は残念でならない。

そこで今回は高島忠夫さんが出演した『海底軍艦』を取り上げてみたい。

『海底軍艦』は1963年(昭和38年)公開の東宝の特撮映画である。監督が本多猪四郎、特撮が円谷英二、音楽が伊福部昭。つまり有名なゴジラ映画と同じ顔ぶれによる作品だ。

といっても『海底軍艦』は怪獣映画ではない。マンダという怪獣こそ途中で現れるが、あまり重要ではない(強くもないし)。この映画の主役は海底軍艦こと轟天号である。

轟天号は潜水艦だが空を飛ぶこともできる。先端のドリルで岩を砕いて地中を進むこともできる。いかにも特撮映画らしい潜水艦だ。

この轟天号のアイデアは、5年後に円谷プロダクションが制作したTV番組『マイティジャック』のマイティ号で再び少年たちの前に現れることになる。僕たち60年代の子どもは「宇宙戦艦ヤマト」を待たずして、空飛ぶ潜水艦に心奪われていたのである。

『海底軍艦』に話を戻すと、ストーリーはこうである。

1万2千年前に地殻変動で太平洋に没したとされたムウ帝国。ある日、そのムウ帝国が地上で暮らす人類に宣戦布告する。彼らは海底の奥深くで生活しながらも、地熱をエネルギーとする高度な科学技術を持っていた。

人類の危機に際し、国連は轟天号の出動を要請する。轟天号は太平洋戦争が終わった後も、神宮司大佐をリーダーとする旧日本軍が秘密裏に建造していた万能原子戦艦だ。こうして轟天号は人類を救うためムウ帝国との戦いにいどむ、というお話。

実は僕は『海底軍艦』を劇場公開時に観ている。

その時僕は5歳と11か月。幼稚園の年長だ。それでも映画館の大きなスクリーンに映った轟天号の勇姿(ムウ帝国のスパイに破壊されたドッグからの発進シーン)や、伊福部昭の音楽は記憶に残っている。

中でも鮮明に記憶しているのがクライマックス、地下のムウ帝国に突入した轟天号から降りた攻撃隊が、ムウ帝国の動力炉に爆弾を仕掛けるシーンだ。巨大な地下動力炉の中で小さな人間が動く特撮シーンは神秘的でさえあった。

しかし幼稚園児の記憶力が確かか、というとそうとも言えない。

実はカメラマンの旗中進役を演じた高島忠夫のことは覚えていない。またヒロインの神宮司真琴を演じた、東宝きっての美人女優、藤山陽子のこともまるで覚えていない。

まあ5歳の幼稚園児が映画館で「高島忠夫はいい演技しているねえ」とか「藤山陽子はいい女だなあ」などと感激していたら、それもおかしいと思う。僕の記憶から消えたことは勘弁していただきたい。

ということで今回エッセイを書くためにDVDを観てみた。『海底軍艦』を観るのは実に56年ぶり! 今あらためて観ると俳優の豪華さに驚く。

主演の高島忠夫。やっぱり元気で明るい。最初に「映画の主人公は轟天号」と書いたが、やはり主役は高島忠夫で間違いない。映画全体をまとめるムードメーカーである。

それから藤山陽子の美しさ……これは幼稚園児には分かるまい。

日本映画史を代表する二枚目俳優、上原謙も出ている。他にも藤田進や平田昭彦、田崎潤など、ここには書ききれないほど、東宝の誇る黒澤映画、クレージーキャッツ映画、若大将シリーズの俳優さんたちが出演している。ムウ帝国の皇帝役の小林哲子も不敵な目つきが印象的である。

これが子ども向けの特撮映画とは、とても思えない。そういえば映画の最初に、北あけみのビキニ姿が出てきてドキッとした。子ども映画にこんなサービスショットが必要だろうか。当時の幼稚園児はスルーしても、還暦を過ぎた男には刺激的だ。

ということで『海底軍艦』は今でも“オトナの特撮映画”として立派に通用する作品だ。特撮映画としてはゴジラより知名度は落ちるけれども、サライ世代にはゴジラ以上に楽しめる映画かもしれない。

生前はテレビの映画劇場の解説もされた高島忠夫さん。もし生きていらっしゃったら、この『海底軍艦』をどんな風に解説しただろうか。高島さんの溌剌とした声で聞いてみたかったと思う。あらためて高島忠夫さんのご冥福をお祈りします。

【今日の面白すぎる日本映画】
『海底軍艦』
製作年:1963年
製作・配給:東宝
カラー/94分
キャスト/高島忠夫、藤山陽子、小泉博、上原謙、藤木悠、佐原健二、田崎潤、小林哲子、天本英世、平田昭彦ほか
スタッフ/原作:押川春浪 脚本:関沢新一 監督:本多猪四郎 特撮監督:円谷英二 音楽:伊福部昭

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】 憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎…
  2. 『戦国自衛隊』 来年の大河ドラマの前に見ておきたい|時代を超えて野心に燃えた男た…
  3. ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー 「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリ…
  4. “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【面白すぎる日本映画 第33回】 “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【…
  5. 『あなたへ』 降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎ…
PAGE TOP