新着記事

ロドルフォ・シヴィエロの家博物館「Museo Casa Rodolfo Siviero

イタリア版007エージェント。フィレンツェに実在した伝説のスパイの邸宅を訪ねる(イタリア)

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

文・絵/牧野良幸

映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。またひとり僕の憧れのヒーローが逝ってしまった。そこで今回は特別編としてピーター・フォンダの映画を取り上げたい。

ピーター・フォンダの代表作と言えば、間違いなく1969年公開の『イージー・ライダー』だ。アメリカン・ニューシネマの傑作である。しかし僕としては『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』を取り上げてみようと思う。

『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』は1974年公開の映画だ。僕は1958年(昭和33年)の早生まれだから、その時16歳、高校二年生である。

一概に1958年生まれというのは、ビミョーな年齢である。

なぜなら1969年の『イージー・ライダー』の公開時、僕は小学六年生だ。小学六年生がまさか映画館に『イージー・ライダー』を観に行くわけはない(早熟な子どもなら観たかもしれないが)。

『イージー・ライダー』と同じくアメリカン・ニューシネマの傑作とされる『明日に向かって撃て!』も映画館で観ていない。この年頃の子どもはテレビで『大脱走』を見て喜んでいるのがいいところ、映画館で洋画鑑賞というオトナの趣味はまだ芽生えていない。

これが悔しいのだ。

一つでも学年が上だったら『イージー・ライダー』も『明日に向かって撃て!』も観に行ったはずなのに。ちょっと生まれたのが遅かっただけで、60年代末あたりの傑作映画を見逃したことが悔しい。同じことは音楽にも言えて、ビートルズとかウッドストックをリアルタイムでギリギリ聴き逃したことが悔しくてしょうがない。いっそ小学生の低学年なら諦めもついたのに。

1958年生まれというのは、精神的な発達と60年代のポップカルチャーが微妙にズレるのである。

かくして70年代になると、シラケ世代と呼ばれる僕は、二歳年上の兄貴が、映画館で観た『イージー・ライダー』や『明日に向かって撃て!』のラストシーンを自慢げに語るのを羨ましく聞くしかなかった。たとえテレビの洋画劇場で見たところで、あとづけの知識がリアルタイムの経験に勝てるはずはない。

そんなコンプレックスを吹き飛ばしてくれたのが、1974年公開の『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』だったのである。先にも書いたように、その時僕は高校二年生。もちろん映画館に観に行った。

『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』も『イージー・ライダー』と同じくらいの衝撃的なラストシーンである。であるからして、これもアメリカン・ニューシネマに違いない。映画が終わった瞬間、

「僕もついにアメリカン・ニューシネマの洗礼を受けたゾ」

と長い間、喉につかえていたものが取れたのだった。

その『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』。ラストは衝撃的だけれども、ストーリーはいたってシンプルである。早い話がカーチェイス映画だ。

主人公のレーサー、ラリー(ピーター・フォンダ)はディーク(アダム・ローク)と組んで、スーパーマーケットから現金を強奪する。

計画はうまくいって、二人は逃亡しようとするのだが、そこにラリーが前夜にベッドをともにしたメリー(スーザン・ジョージ)が割り込んでくる。かくして3人の乗るシボレーと警察とのカーチェイスが始まった。

映画は全編でスリル溢れるカーチェイスが繰り広げられるが、メリーが巻き起こす騒動や、警察の指揮者フランクリン部長(懐かしのTV番組『コンバット』のビック・モローだ)のアウトローな振る舞いが描かれるので、観ていて退屈しない。

特にメリーの“アバズレぶり”はこの映画のキモで、ラリーとのぶつかり合いが見どころのひとつ。

メリーはベルボトムのジーンズに“ヘソ出しルック”、目をひんむいて悪態をつく姿はいかにもアバズレ女そのものだ。普通ならどんな男もタジタジになってしまうのだが、さすがにピーター・フォンダが演じるラリーは動じない。女の扱いもクール。こんなところも男としては、カッコいいなあと思ってしまう。

このラリーとメリーの関係が、今で言う“ツンデレ”か、そうでないのか、果たして3人は警察の追跡から逃れられるのか、期待を膨らませながら観客は映画に没入する。それがラストシーンの衝撃をいっそう高める。まさにアメリカン・ニューシネマの名作であるが、この映画もまたピーター・フォンダの存在なくしては成功しなかった作品だ。

【今日の面白すぎる日本映画・特別編】
『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』
製作年:1974年
アメリカ映画 配給:20世紀フォックス
カラー/93分
キャスト/ピーター・フォンダ、スーザン・ジョージ、アダム・ローク、ヴィック・モロー、ほか
スタッフ/監督: ジョン・ハフ 原作:リチャード・ユネキス 製作:ノーマン・T・ハーマン 製作総指揮:スーザン・ハート 脚本:リー・チャップマン、アントニオ・サンティーン 撮影:マイケル・D・マーグリーズ 音楽:ジミー・ハスケル

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】 人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁…
  2. 和田誠の才能と愛情が注ぎ込まれた作品|『麻雀放浪記』【面白すぎる日本映画 第37回】 和田誠の才能と愛情が注ぎ込まれた作品『麻雀放浪記』【面白すぎる日…
  3. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  4. 憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】 憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎…
  5. 『戦国自衛隊』 来年の大河ドラマの前に見ておきたい|時代を超えて野心に燃えた男た…
PAGE TOP