新着記事

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『ゴジラ』一番面白いのはやはりこの第1作!【面白すぎる日本映画 第15回】

文・絵/牧野良幸

『ゴジラ』は1954年(昭和29年)に公開されたゴジラ映画の第1作。ここで初めてゴジラが地球上に出現した。監督は本多猪四郎。音楽は伊福部 昭。そして特撮はもちろん円谷英二だ。

僕は1958年生まれなので『ゴジラ』を映画館では観ていない。僕が怪獣映画を観に行くようになるのは60年代になってからだ。『モスラ』(1961年)や『海底軍艦』(1963年)といった東宝の特撮映画は幼少の記憶として今も残っている。

そしてやっぱりゴジラだ。ゴジラとモスラが対決する『ゴジラ対モスラ』(1964年)、鮮烈なキング・ギドラと対決する『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964年)。このあたりまでが僕を心底から恐怖に陥れたゴジラ映画であったろう。

続く『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年)は子供心にも娯楽映画と捉えていたし、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年)にいたっては、当時小学三年生にもかかわらず「子供だましだな」と、これで“ゴジラ卒業”を確信した次第。今振り返ればゴジラに震えた年月はそんなに長くなかった。

子供の成長はそれだけ早いということなのだろう。逆に気になりだしたのは、まだ観たことのない第1作『ゴジラ』だった。小学生の高学年ともなると級友とこんな会話をしていたのである。

「ゴジラはやはり最初の『ゴジラ』が一番らしいよ」
「第1作は白黒なんだって」
「怪獣同士の戦いじゃないところがシブい!」

しかしビデオもないあの時代、地方の子供が『ゴジラ』を観る機会などなかった。僕が『ゴジラ』を本当にしっかりと観たのは、実に21世紀。2001年にDVDを手に入れてからである。

『ゴジラ』は噂どおり面白い映画だった。最初こそ資料的な意味で観たり、ルーツ探しの気持ちで観たかもしれないが、何度も観るうちにゴジラ・シリーズで一番面白いのは、やはりこの第1作と思うようになった。

よく「処女作に作家の総てが入っている」と言われるが、『ゴジラ』もまさしくゴジラ・シリーズのすべてが入っている。尾びれを光らせて熱線をはくゴジラ。逃げまとう群衆。果敢に出撃する自衛隊。ゴジラ映画のお約束的な場面は全部『ゴジラ』にある。そして伊福部 昭のおどろおどろしい音楽も。

さらに年月は過ぎて2018年の今、僕は『ゴジラ』をもはや怪獣映画としてではなく、本多猪四郎監督の“面白すぎる日本映画”として観ている。

『ゴジラ』と同じ1954年公開の黒澤明『七人の侍』に、サムライ役で出演した志村喬が古生物学者として登場しているギャップを楽しんだり、初のゴジラ・ヒロインである河内桃子の可愛さに鼻の下を伸ばしたり、この映画はゴジラ以外にも見どころ満載なのだ。

『ゴジラ』は初の怪獣特撮映画であると同時に、日本映画の黄金期に生まれた名作映画でもあったのだ。

『ゴジラ』
■製作年:1954年
■製作・配給:東宝
■白黒/97分
■キャスト/宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬 ほか
■スタッフ/監督: 本多猪四郎(本編)、円谷英二(特撮)、原作:香山滋、脚本:村田武雄、本多猪四郎 音楽:伊福部昭

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 傷だらけの天使 さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『…
  2. 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほ…
  3. ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング|3位…
  4. 八つ墓村 謎めいた双子の老婆役を演じた市原悦子|『八つ墓村』【面白すぎる日…
  5. 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位はターミネーター、では1位は? 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位は…
PAGE TOP