新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『ゴジラ』一番面白いのはやはりこの第1作!【面白すぎる日本映画 第15回】

文・絵/牧野良幸

『ゴジラ』は1954年(昭和29年)に公開されたゴジラ映画の第1作。ここで初めてゴジラが地球上に出現した。監督は本多猪四郎。音楽は伊福部 昭。そして特撮はもちろん円谷英二だ。

僕は1958年生まれなので『ゴジラ』を映画館では観ていない。僕が怪獣映画を観に行くようになるのは60年代になってからだ。『モスラ』(1961年)や『海底軍艦』(1963年)といった東宝の特撮映画は幼少の記憶として今も残っている。

そしてやっぱりゴジラだ。ゴジラとモスラが対決する『ゴジラ対モスラ』(1964年)、鮮烈なキング・ギドラと対決する『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964年)。このあたりまでが僕を心底から恐怖に陥れたゴジラ映画であったろう。

続く『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年)は子供心にも娯楽映画と捉えていたし、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年)にいたっては、当時小学三年生にもかかわらず「子供だましだな」と、これで“ゴジラ卒業”を確信した次第。今振り返ればゴジラに震えた年月はそんなに長くなかった。

子供の成長はそれだけ早いということなのだろう。逆に気になりだしたのは、まだ観たことのない第1作『ゴジラ』だった。小学生の高学年ともなると級友とこんな会話をしていたのである。

「ゴジラはやはり最初の『ゴジラ』が一番らしいよ」
「第1作は白黒なんだって」
「怪獣同士の戦いじゃないところがシブい!」

しかしビデオもないあの時代、地方の子供が『ゴジラ』を観る機会などなかった。僕が『ゴジラ』を本当にしっかりと観たのは、実に21世紀。2001年にDVDを手に入れてからである。

『ゴジラ』は噂どおり面白い映画だった。最初こそ資料的な意味で観たり、ルーツ探しの気持ちで観たかもしれないが、何度も観るうちにゴジラ・シリーズで一番面白いのは、やはりこの第1作と思うようになった。

よく「処女作に作家の総てが入っている」と言われるが、『ゴジラ』もまさしくゴジラ・シリーズのすべてが入っている。尾びれを光らせて熱線をはくゴジラ。逃げまとう群衆。果敢に出撃する自衛隊。ゴジラ映画のお約束的な場面は全部『ゴジラ』にある。そして伊福部 昭のおどろおどろしい音楽も。

さらに年月は過ぎて2018年の今、僕は『ゴジラ』をもはや怪獣映画としてではなく、本多猪四郎監督の“面白すぎる日本映画”として観ている。

『ゴジラ』と同じ1954年公開の黒澤明『七人の侍』に、サムライ役で出演した志村喬が古生物学者として登場しているギャップを楽しんだり、初のゴジラ・ヒロインである河内桃子の可愛さに鼻の下を伸ばしたり、この映画はゴジラ以外にも見どころ満載なのだ。

『ゴジラ』は初の怪獣特撮映画であると同時に、日本映画の黄金期に生まれた名作映画でもあったのだ。

『ゴジラ』
■製作年:1954年
■製作・配給:東宝
■白黒/97分
■キャスト/宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬 ほか
■スタッフ/監督: 本多猪四郎(本編)、円谷英二(特撮)、原作:香山滋、脚本:村田武雄、本多猪四郎 音楽:伊福部昭

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
  2. 『モスラ対ゴジラ』|マドンナ星由里子の可愛さにメロメロ!【面白す…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. 嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作…
  5. 狂った果実|若き石原裕次郎の輝かしき存在感が際立つ問題作【面白す…
PAGE TOP