新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

『ゴジラ』一番面白いのはやはりこの第1作!【面白すぎる日本映画 第15回】

文・絵/牧野良幸

『ゴジラ』は1954年(昭和29年)に公開されたゴジラ映画の第1作。ここで初めてゴジラが地球上に出現した。監督は本多猪四郎。音楽は伊福部 昭。そして特撮はもちろん円谷英二だ。

僕は1958年生まれなので『ゴジラ』を映画館では観ていない。僕が怪獣映画を観に行くようになるのは60年代になってからだ。『モスラ』(1961年)や『海底軍艦』(1963年)といった東宝の特撮映画は幼少の記憶として今も残っている。

そしてやっぱりゴジラだ。ゴジラとモスラが対決する『ゴジラ対モスラ』(1964年)、鮮烈なキング・ギドラと対決する『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964年)。このあたりまでが僕を心底から恐怖に陥れたゴジラ映画であったろう。

続く『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年)は子供心にも娯楽映画と捉えていたし、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年)にいたっては、当時小学三年生にもかかわらず「子供だましだな」と、これで“ゴジラ卒業”を確信した次第。今振り返ればゴジラに震えた年月はそんなに長くなかった。

子供の成長はそれだけ早いということなのだろう。逆に気になりだしたのは、まだ観たことのない第1作『ゴジラ』だった。小学生の高学年ともなると級友とこんな会話をしていたのである。

「ゴジラはやはり最初の『ゴジラ』が一番らしいよ」
「第1作は白黒なんだって」
「怪獣同士の戦いじゃないところがシブい!」

しかしビデオもないあの時代、地方の子供が『ゴジラ』を観る機会などなかった。僕が『ゴジラ』を本当にしっかりと観たのは、実に21世紀。2001年にDVDを手に入れてからである。

『ゴジラ』は噂どおり面白い映画だった。最初こそ資料的な意味で観たり、ルーツ探しの気持ちで観たかもしれないが、何度も観るうちにゴジラ・シリーズで一番面白いのは、やはりこの第1作と思うようになった。

よく「処女作に作家の総てが入っている」と言われるが、『ゴジラ』もまさしくゴジラ・シリーズのすべてが入っている。尾びれを光らせて熱線をはくゴジラ。逃げまとう群衆。果敢に出撃する自衛隊。ゴジラ映画のお約束的な場面は全部『ゴジラ』にある。そして伊福部 昭のおどろおどろしい音楽も。

さらに年月は過ぎて2018年の今、僕は『ゴジラ』をもはや怪獣映画としてではなく、本多猪四郎監督の“面白すぎる日本映画”として観ている。

『ゴジラ』と同じ1954年公開の黒澤明『七人の侍』に、サムライ役で出演した志村喬が古生物学者として登場しているギャップを楽しんだり、初のゴジラ・ヒロインである河内桃子の可愛さに鼻の下を伸ばしたり、この映画はゴジラ以外にも見どころ満載なのだ。

『ゴジラ』は初の怪獣特撮映画であると同時に、日本映画の黄金期に生まれた名作映画でもあったのだ。

『ゴジラ』
■製作年:1954年
■製作・配給:東宝
■白黒/97分
■キャスト/宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬 ほか
■スタッフ/監督: 本多猪四郎(本編)、円谷英二(特撮)、原作:香山滋、脚本:村田武雄、本多猪四郎 音楽:伊福部昭

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『時をかける少女』【面白すぎる日本映画 第42回】 人生という旅を逆戻りしたら…『時をかける少女』【面白すぎる日本映…
  2. 『鉄道員』【面白すぎる日本映画 第41回】 志村けん唯一の映画出演作『鉄道員(ぽっぽや)』【面白すぎる日本映…
  3. 銀山温泉 行ってみたい・見てみたい ロケ地ランキングTOP10(東日本編)…
  4. 『スパルタカス』 カーク・ダグラスの名演で古代ローマに思いを馳せる|『スパルタカス…
  5. 『拳銃(コルト)は俺のパスポート』 ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)…
PAGE TOP