新着記事

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

木下恵介『カルメン故郷に帰る』|ストリッパー高峰秀子が総天然色で歌う【面白すぎる日本映画 第5回】

文・絵/牧野良幸

木下恵介の『カルメン故郷に帰る』は、日本初のカラー映画である。当時の言い方をすれば“総天然色映画”だ。それも国産フィルムを使ってということで、まさに記念碑的な映画と言える。

カラーということもあるかもしれないが、『カルメン故郷に帰る』は1951年に作られたとは思えないほど明るい映画だ。

実際、画面は明るい。撮影の様子を伝える証言を読むと、フィルムの感度がまだ低かったから、撮影は野外で日差しの強い時間帯が選ばれ、俳優に当てた照明も相当だったとか。

しかしこの映画の明るさは、やっぱりリリィ・カルメン(高峰秀子)という人間の明るさによるものだろう。

ある日浅間山のふもとの村に、家出をして東京に行った女、おきんが帰ってくる。おきんは東京でリリィ・カルメンという名前でストリッパーをしていた。おきんにとっては東京で一旗揚げたつもりの凱旋である。汽車から都会の大胆な服をまとったカルメンが、ストリッパー仲間のマヤ朱美(小林トシ子)を伴って降り立った。

村人たちは東京の人間やストリッパーが珍しい。熱烈歓迎である。ひとり、おきんの父親だけが浮かぬ顔だ。「おきんは子どものころ牛に蹴られた。それ以来、おきんは頭がおかしくなってしまった」と嘆くのだった。

「牛に蹴られて」というところがいかにもコメディらしい。しかしリリィ・カルメンは気が強いけれども、お人好し、単純なところが憎めない。

映画で一番見せどころはミュージカル仕立てに、カルメンが主題歌を歌うシーンだ。青い空、赤いスカーフ、あらわな女の肌。総天然色が映す、高峰秀子の歌いっぷりに当時の映画館では、みなウットリしたことに違いない。

しかし都会気取りのカルメンと朱実は、村の学校の運動会でひと騒動をおこしていまう。

「こんな恥をかきっぱなしで、帰れると思うの!? ゲッ、ペッ」

つばきを吐くと、カルメンはぶち上げた。

「アタイたちのゲージュツがどんなもんだか、見せてやる!」

かくしてリリィ・カルメンとマヤ朱美のストリップ・ショーが村をあげて催されることになった。もはや誰もとめられない。本当は、おきんが一番かわいい父親も覚悟を決めた。

映画の公開から66年後に生きる僕も、二人の踊りには目が離せない。当時の踊りだから、そのアナクロ感が逆に衝撃なのか。それとも世代を超えてやっぱり強烈な踊りなのか。

いずれにしてもステージのカルメンは真剣そのもの。やっぱり芸術家だ。

【今日の面白すぎる日本映画】
『カルメン故郷に帰る』
■製作年:1951年
■製作・配給:大映
■モノクロ/1時間25分
■キャスト/高峰秀子、佐野周二、 笠智衆、 小林トシ子、 井川邦子
■スタッフ/監督・脚本:木下恵介、助監督:松山善三、小林正樹、川頭義郎、二本松嘉瑞 他、音楽:木下忠司、黛敏郎

セルDVD版『日本名作映画集60 カルメン故郷に帰る』(販売元: Cosmo Contents、品番:COS-60、価格1,800円)

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【面白すぎる日本映画 第33回】 “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【…
  2. 海底軍艦 東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日…
  3. 『あなたへ』 降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎ…
  4. コミック雑誌なんかいらない! 人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌…
  5. 傷だらけの天使 さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『…
PAGE TOP