新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ボルボ V60|美しさ・機能性・安全性の三拍子揃った理想のファミリーカー【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 

優れたエステート(ステーションワゴン)づくりに定評のあるボルボ。近年はSUVが評判だが、同社の新型エステートは、美しさ・機能性・安全性の三拍子揃った理想のファミリーカーといえる仕上がりだ。

ボルボ/V60

均整のとれた車体は最新のボルボの特徴。ヘッドライトのT字バーは北欧神話に登場する神が持つハンマーに着想を得ている。

国内外を問わずSUVブームが続いている。広い室内に加え、車高が高くて視界が広く、運転しやすいことなどが評判の理由だ。

これまでセダンやミニバンなど、時代とともに様々な車種が人気を博してきた。’90 年代に日本でブームとなったのがステーションワゴンである。4ドアセダンをベースに、屋根を延ばして荷室を拡大し、低重心で走行性能にも優れているのが魅力の車種である。

欧米ではファミリーカーとして人気が高く、メルセデス・ベンツやBMW、アウディなど欧州の高級自動車メーカーは、今なおステーションワゴンに力を入れている。

昨今、そうした高級志向の中型ステーションワゴンを手がける日本のメーカーはごくわずか。それゆえ、日本でも欧州製の上質なステーションワゴンに乗り続けている人は少なくない。

華美な装飾を排した運転席回り。空調やオーディオ、ナビゲーションなどの操作を行なうタッチ式の大型液晶画面は縦長のパネルを採用する。

華美な装飾を排した運転席回り。空調やオーディオ、ナビゲーションなどの操作を行なうタッチ式の大型液晶画面は縦長のパネルを採用する。

前席の着座位置はやや低め。座面、背もたれともに多少硬さを感じるが、体をしっかり支えてくれるので、長距離運転でも疲れが少ない。

前席の着座位置はやや低め。座面、背もたれともに多少硬さを感じるが、体をしっかり支えてくれるので、長距離運転でも疲れが少ない。

セレクターレバー手前の四角いボタンを左右に回してエンジンの始動・停止を行なう。その下のダイヤルで走行モードを切り替えられる。

セレクターレバー手前の四角いボタンを左右に回してエンジンの始動・停止を行なう。その下のダイヤルで走行モードを切り替えられる。

後席の着座位置もやや低め。足元は広く、頭上の空間も確保されている。ガラスルーフは後席の頭上まで大きく拡がり、室内はとても明るい。

後席の着座位置もやや低め。足元は広く、頭上の空間も確保されている。ガラスルーフは後席の頭上まで大きく拡がり、室内はとても明るい。

優れた安全装備で顧客を獲得

スウェーデンのボルボは1927年から乗用車をつくりはじめた。’50年代前半までは自国内での販売が中心だったが、’50年代後半に北米への輸出を開始したことで、世界的にその名が知られるようになった。その頃から、同社はステーションワゴンの原型ともいえる車種を生産している。

ボルボは1959年に3点式シートベルトの特許を取得し、この優れた安全装置を他社の車にも装備できるよう特許を無償公開した。そんな安全に対する考え方が米国人の共感を呼んだ。ボルボ車は家族や荷物のみならず、家族の一員である愛犬も乗せられるファミリーカーとして人気を博し、一時期、ボルボの乗用車の半分近くがステーションワゴンだった。

日本にも愛好者の多いボルボのステーションワゴン。'60年代後半から'90年代までは、垂直に断ち切ったような車体後部の造型が特徴だった。車高が低く、乗降のしやすさもワゴンの魅力のひとつ。

日本にも愛好者の多いボルボのステーションワゴン。’60年代後半から’90年代までは、垂直に断ち切ったような車体後部の造型が特徴だった。車高が低く、乗降のしやすさもワゴンの魅力のひとつ。

 

「対向車対応機能」も備える
世界最高水準を誇る安全装備

荷室側面のガラス窓を小さくしてスポーティ感を演出。荷室扉の上方まで長く伸びた尾灯のデザインはボルボ車に共通する特徴だ。

荷室側面のガラス窓を小さくしてスポーティ感を演出。荷室扉の上方まで長く伸びた尾灯のデザインはボルボ車に共通する特徴だ。

今回紹介するV60は、ボルボの中型ステーションワゴンの新型である。その特徴は何より、美しく均整のとれた車体造型にある。また、シンプルで上品なデザインと、実用性に優れた機能美を併せ持つ内装も秀逸だ。ボルボの故郷、スウェーデンをはじめとする北欧の地で培われた、スカンジナビアン・デザインがもたらす洗練された室内空間に心が躍る。

安全装備の充実ぶりも特筆すべき点である。先進安全・運転支援技術では、16種以上の機能をV60の全車種に標準装備。その中には、初めて実用化された装備もある。

対向車対応機能と名付けられたその装備は、自車の走行車線に進入してきた対向車の接近をレーダーとカメラが検知。衝突警告、前席シートベルトの巻き上げ、自動ブレーキが作動し、衝突事故を回避、または事故の被害を軽減する。

さらに、交差点の右折時、直進してきた対向車と衝突する可能性が高まると、自動ブレーキが作動し衝突回避を支援してくれる。

美しい車体デザインと使い勝手の良い洗練された室内、そして先進の安全性能──。V60はサライ世代にとって理想のファミリーカーといえる。

間仕切りのように床を立ち上げることができる荷室。荷物が転がるのを防ぐ。立ち上げた床面にはレジ袋などを掛けるフックを備える。

間仕切りのように床を立ち上げることができる荷室。荷物が転がるのを防ぐ。立ち上げた床面にはレジ袋などを掛けるフックを備える。

ボルボ車で最大排気量となる4気筒2Lエンジン。V60にはエンジンと電気モーターを併用するプラグインハイブリッド車もある。

ボルボ車で最大排気量となる4気筒2Lエンジン。V60にはエンジンと電気モーターを併用するプラグインハイブリッド車もある。

【ボルボ/V60 T5 インスクリプション】

全長× 全幅× 全高:4760×1850×1435mm
ホイールベース:2870mm
車両重量:1700kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ/1968cc
最高出力:254PS/5500rpm
最大トルク:35.7㎏-m/1500~4800rpm
駆動方式:前輪駆動
燃料消費率:12.9km/L(JC08 モード)
使用燃料/バッテリー:無鉛プレミアムガソリン55L
ミッション形式:8速自動変速機
サスペンション:前/ダブルウィッシュボーン 後/インテグラル
ブレーキ形式:前・後/ディスク
乗車定員:5名
車両価格:599万円(消費税込み)
問い合わせ:ボルボ・カスタマーセンター 電話:0120・922・662

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2019年5月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP