新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 

北米市場などでは30年も販売され続けるESの新型が、12年ぶりに日本でも売られるようになった。昨年10月の発売開始からひと月で月販目標台数の10倍以上を受注した上級4ドアセダンの魅力とは?

レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。

レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。

レクサスはトヨタが1989年に立ち上げた高級車ブランドである。それまで主に大衆車を手がけていた同社の北米市場における地位は低く、販売が伸び悩んでいた。そこで、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディなどドイツの高級車に対抗できる車づくりを行なおうと考えたことから始まった。

とりわけ品質に関してはトヨタ車よりもさらに厳しいチェックがなされ、販売店の接客も日本的な“もてなし”の心を大切にした。この戦略が功を奏し、レクサスは北米で1999年から11年間、ブランド別の販売台数でメルセデス・ベンツやBMWを抜いて1位を獲得。品質面でも常に上位に入る健闘ぶりを見せている。

日本では2003年以降、北米と同じレクサス車が売られるようになった。当初は日本向けに車種名や仕様が変更された、価格の高いトヨタ車として販売されていたが、2005年、満を持してレクサスブランドの国内展開を開始。販売店のきめ細やかな接客などによって顧客を増やし、レクサスブランドは定着していく。

車両に関しても、トヨタ車とは明らかに異なるデザインの車づくりを進めた。最近では、レクサスの生産を手がけているのがトヨタであることを知らない顧客もいるほど、差別化に成功している。

シンプルかつ洗練された高級感漂う前席のデザイン。ナビ画面は大きく、スイッチ類も操作しやすい配置だ。画面横にアナログ時計が備わる。

シンプルかつ洗練された高級感漂う前席のデザイン。ナビ画面は大きく、スイッチ類も操作しやすい配置だ。画面横にアナログ時計が備わる。

量産車で世界初採用のデジタルアウターミラー。ドアミラーの位置にカメラを内蔵する扁平なパーツが備わり、斜め後方の視界を画面に映す。

量産車で世界初採用のデジタルアウターミラー。ドアミラーの位置にカメラを内蔵する扁平なパーツが備わり、斜め後方の視界を画面に映す。

背もたれ、座面ともに大きく、体をしっかり支える前席。着座位置はやや低め。頭上空間は充分確保されている。座席の表皮色は4色から選べる。

背もたれ、座面ともに大きく、体をしっかり支える前席。着座位置はやや低め。頭上空間は充分確保されている。座席の表皮色は4色から選べる。

背もたれがリクライニングする後席。足もとが広く、大人3人掛けでも狭さは感じない。ドア窓と後部窓にはシェード(日よけ)が備わる。

背もたれがリクライニングする後席。足もとが広く、大人3人掛けでも狭さは感じない。ドア窓と後部窓にはシェード(日よけ)が備わる。

ドイツの高級車に肩を並べる

今回紹介する新型ESの骨格はトヨタのカムリと共通だが、外観デザインはもちろん、内装の仕様や素材などはレクサス専用に開発したものを採用している。また、走行性能に関してもドイツの高級車に肩を並べるほど高い水準に仕上がっている。

低重心設計で、ボンネットから天井を経て後部の荷室に続くなめらかな造型が美しく、高い空力性能を発揮する。全長は5m以下、全幅も1.9m以内なので、道幅の狭い日本でも運転しやすい。

低重心設計で、ボンネットから天井を経て後部の荷室に続くなめらかな造型が美しく、高い空力性能を発揮する。全長は5m以下、全幅も1.9m以内なので、道幅の狭い日本でも運転しやすい。

 

最新ハイブリッドシステムは、
優れた燃費性能を発揮する

空力性能を追求した、クーペを思わせるなだらかな面構成が美しい。尾灯はレクサスのL字を3つ重ねた形状に光り、非常に目立つ。

空力性能を追求した、クーペを思わせるなだらかな面構成が美しい。尾灯はレクサスのL字を3つ重ねた形状に光り、非常に目立つ。

ESはレクサス車の中では、最上級車LSに次ぐ大型の4ドアセダンだ。1991年からは日本でも「ウィンダム」という名称で販売されていた。2006年に日本での販売は終了したが、昨年のフルモデルチェンジを機に12年ぶりに国内販売が再開された。

7代目となるESは、低重心設計による安定した乗り心地と室内の静粛性が魅力だ。2.5Lエンジンとモーターの最新ハイブリッドシステムを搭載し、街中や高速などで優れた燃費性能を発揮する。

ESには、いち早く実用化された先進技術も投入されている。そのひとつが、最上級車種「バージョンL」に搭載された、量産車として世界初となるデジタルアウターミラーだ。これは従来のドアミラーをデジタルカメラに置き換え、斜め後方の視界を液晶画面に映し出すというもの。画面は前窓とドアの間の支柱に備わるので、ドアミラーより視点移動が少なく、ドア窓に水滴がつく雨の日でも画面が車内にあるので確認しやすい。

また、ウィンカー操作やバック時に連動して表示エリアを自動で拡大するほか、手動で表示範囲を広げることも可能。さらなる安全運転に大いに役立つ。

車体後部の荷室は開口部が大きく、荷物の出し入れがしやすい。内部も広く、ゴルフバッグは横置きに4セット積める。

車体後部の荷室は開口部が大きく、荷物の出し入れがしやすい。内部も広く、ゴルフバッグは横置きに4セット積める。

動力源は、4気筒2.5Lのガソリンエンジンと、120馬力を発生するモー ターを組み合わせた最新ハイブリッドシステムを採用。

動力源は、4気筒2.5Lのガソリンエンジンと、120馬力を発生するモーターを組み合わせた最新ハイブリッドシステムを採用。

【レクサス/ES300h バージョンL】

全長× 全幅× 全高:4975×1865×1445mm
ホイールベース:2870mm
車両重量:1730kg
エンジン/モーター:直列4気筒DOHC/2487㏄:交流同期電動機
最高出力:178PS/5700rpm:120PS
最大トルク:22.5㎏-m/3600~5200rpm:20.6㎏-m
駆動方式:前輪駆動
燃料消費率:20.6㎞/L(WLTCモード)
使用燃料/バッテリー:無鉛レギュラーガソリン 50L/ニッケル水素電池
ミッション:電気式無段変速機
サスペンション:前/ストラット 後/ダブルウィッシュボーン
ブレーキ形式:前/ベンチレーテッドディスク 後/ディスク
乗車定員:5名
車両価格:698万円(消費税込み)
問い合わせ:インフォメーションデスク 0800・500・5577

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2019年4月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP