新着記事

【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基本 ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器 うにの旨みと甘味を堪能「ヤマチュウ食品」の北海道産 粒うに【サライのお取り寄せ】 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ! ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。 【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編) 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。 【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編) 日本一は「岐阜都ホテル」の朝ごはんに決定! 「朝ごはん」がおいしい宿泊施設ランキング|日本一は「岐阜都ホテル」の「あゆ雑炊」に決定! 柔らかく濃厚な旨み!仙台の専門店「陣中」の牛タン塩麹熟成【サライのお取り寄せ】 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~ 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】突然訪れた愛車『スカイラインGT-R』との理不尽な別れ(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

現在の愛車は赤いオープンカー。その出会いと物語は【後編】で語ります。

現在の愛車は赤いオープンカー。その出会いと物語は【後編】で語ります。

今回、お話を伺ったのは、東京都内の会社に勤める高橋敏郎さん(55歳)です。都内に越してきたのは22歳の頃、それまではご両親と共に名古屋で生活していました。20歳半ば過ぎに奥様と出会い、結婚。現在は自動車とオートバイ、そして孫娘さんを溺愛する日々を送っています。

風吹に憧れた小学生時代、早川に憧れた中学生時代

70年代半ば、少年たちを虜にしたスーパーカーブーム。当時、小学生だった敏郎さんも、ご多分にもれずスーパーカーに魅せられ、くわえて漫画『サーキットの狼』の影響もあって自動車に熱をあげます。中学校にあがると、今度は漫画『750ライダー』に影響を受け、興味の対象がオートバイに移りました。様々なオートバイ雑誌を買いあさっては情報を集め、16歳で原動機付自転車の免許証を取得。程なくしてオートバイショップから、ヤマハの『TY50』を中古で購入します。

「親に色々と言われるのがイヤだったんで、TYは内緒で買いました。乗らないときは近くの公共施設の駐輪場に、勝手に置いてたんです。でもTYで買い物に行ったら偶然、母親と会って、全部バレちゃいました。『あんた、なにオートバイなんか乗ってるの!』、『うるせえ、買ったんだよ!』って。叱られた後は家に置けるようになったので、それはそれで結果オーライでしたね。

あの頃は時間と体力だけはありましたから、休みになったら寝袋だけ持って、あっちこっちに行っては野宿をしていましたね。いやー、懐かしいな」

その後、17歳で普通自動二輪(中型)を取得。オートバイもホンダの『ラクーン』、ヤマハの『RZ250』、ヤマハの『XJ』と、徐々に排気量の大きなオートバイに乗り換えます。

一方、自動車は免許証こそ18歳で取得したものの、乗り始めたのは20歳を過ぎてからでした。記念すべき最初の愛車は日産の4代目『ブルーバード』。知人から5万円で購入します。

「はじめてブルーバードに乗った時は、あまりの快適さに感動し「この中に住める」って思いましたね。実際、ブルーバードに乗ったら走れるだけ走って、疲れたら仮眠を取り、起きたらまた走ってという感じで、ずっと車の中にいました」

敏郎さんは22歳で単身、東京に越してくるのですが、その際にブルーバードを売却。引っ越した先でスバルの軽自動車、3代目『サンバー』(ワンボックス)を中古で購入します。

「この頃はキャンピングカーに憧れていたんですよ。でも本物のキャンピングカーを買うお金はなくって。そこでホームセンターで床板を買ってサンバーの荷台をフローリング仕様にし、快適に眠れるようにしました。

これなら長距離の移動だってできると、一般道で九州を目指したんです。今、考えると無謀ですよね。夜になったらファミレスとかの駐車場に車を止めて寝てました。あるとき、ファミレスの店員さんに開店待ちのお客と間違われ、起こされましてね。『ごめんなさい、勝手にとめて寝てただけです』って言えなくて、そのまま入店して朝食を食べたこともありました。

結局、広島まで行ったんですが、あんまりに疲れて断念。『やるんじゃなかった』って、後悔しながら高速道路を使って帰りました」

自動車に乗り始めたものの、オートバイへの興味を失った訳ではありません。XJから、より悪路の走破性能が高い、ホンダの『XLR BAJA(バハ)』に乗り換え。これにともないツーリングやキャンプにはBAJAで行くことが多くなったため、用途のかぶるサンバーを売却します。

BAJAを所有していた頃、林道を走るのが楽しくてしかたなかったそうです。

BAJAを所有していた頃、林道を走るのが楽しくてしかたなかったそうです。

この後、数年ほど自動車のない生活を送りますが、今の奥様とつきあい始めたことで自動車が必要になり、日産の3代目『パルサー』を中古で購入。程なくして程度のいい日産の6代目『スカイライン』、通称“鉄仮面”と出会い、乗り換えます。

ひとり気ままなツーリング、あるいはオートバイ仲間とのキャンプはBAJAで、奥様と一緒の旅行はスカイラインでと、理想的な6輪生活を送ります。

最速の自動車、そして最速のオートバイを購入!

敏郎さんが奥様と結婚し、2人の娘さんが学校に通い始めた頃。日産から驚異的な性能を誇る8代目『スカイラインGT-R』、通称“R32”が登場します。国内で人気の高いレース、『全日本ツーリングカー選手権』で上位を席巻。さほど自動車に興味のない人にまで、高性能車の代表格として広く知れわたりました。

かねてから「一度はGT-Rを所有したい」と考えていた敏郎さんは、程度のいい9代目『スカイラインGT-R』、通称“R33”と出会い、購入に踏み切ります。また、オートバイでも「世界最速」と謳う高性能オートバイ、カワサキの『GPZ900R』、通称“ニンジャ”を購入します。

誤解して欲しくないのは、敏郎さんは普通の会社員ということ。決して高収入を得ていたわけではありません。日本で一番、ローンを組む率が低いといわれる、名古屋で生まれ育った敏郎さん。GT-Rやニンジャを購入する際にもローンを組むことなく、倹約してお金を貯めてから購入しています。

「あの500円玉の貯金缶って、いっぱいに貯まるといくらになるか知ってますか? 銀行で数えてもらったら、ちょうど30万円でした。ニンジャはこの500円玉貯金と、それまでの貯えを足して買いました。

GT-Rもニンジャも、もちろん嫁の許可を得て買いましたよ。でも、いざ納車されると「本当に買ったの!?」って驚かれましたね。どうも冗談で言ってるって思われていたみたいです」

GT-Rの高い性能に惚れ込み、ずっと所有し続けるつもりでいたのですが……。

GT-Rの高い性能に惚れ込み、ずっと所有し続けるつもりでいたのですが……。

「GT-Rは性能も存在感もスゴくて、高速道路に乗ると、前を走る自動車がみんな道を空けてくれました。急いでいるわけでも、ましてあおっているわけでもなかったんですけどね。

私はもちろん満足していたのですが、娘たちからは『乗り降りが面倒』とか『後部座席が狭い』って、不評でした。『快適さを求めた自動車じゃないんだ』って説明しても、やっぱり分かってもらえませんでしたね」

娘さんからの評判は今ひとつだったものの、GT-Rに惚れ込んだ敏郎さん。ですが購入から5年を経て、理不尽な別れが訪れます。

「朝、駐車場に向かうと、GT-Rがなかったんです。はじめは嫁が乗っているのかなと思って連絡したら『乗っていない』との返事を受け、そこではじめて盗難だって自覚しました。ホント、足からスーッって力が抜けて、目の前が真っ暗になりましたよ」

急ぎ、警察に届けたものの、見つかったという一報はなし。結果的にGT-Rは見つかりませんでした……。

【後編】へ続く

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)
ゲーム雑誌の編集者からライターに転向し、自動車やゴルフ、自然科学等、多岐に渡るジャンルで活動する。またティーン向けノベルや児童書の執筆も手がける。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。 【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を…
  2. 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。 【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレー…
  3. 車に愛を! マイカーに愛を注ぐ母の姿は美しい。 車に愛を! マイカーに愛を注ぐ母の姿は美しい。【彩りカーライフ~…
  4. ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐…
  5. トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【…
PAGE TOP