新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

下北半島の絶景スポットで地元食材に舌鼓!《下北“ジオ・ダイニング” in 仏ヶ浦》

文・写真/編集部

“神様の遊び場”“天然の美術館”などと呼ばれる、青森県の仏ヶ浦(ほとけがうら)は、凝灰岩でできた巨大な“奇岩”が約2キロメートルに渡って続く、大自然による絶景です。

下北半島の北西端に位置し、青森市からでもかなり時間がかかるまさに“秘境”といえるこの場所で、去る5月17日に「下北“ジオ・ダイニング”in 仏ヶ浦」が開催されました。ジオ(大地)・エコ(自然)・ヒト(生活・文化)のつながりを学び、楽しむことができる場所、「ジオパーク」として注目されている下北を代表するこの景勝地で、地元の食材を使った一流の料理を発信しようというイベントです。

最寄りの佐井村からフェリーで30分。仏ヶ浦の奇岩の目の前に、白いテントのダイニングが設営されました。そこで調理をするのは、むつ市のレストランや鮨店の料理人。東京のシェフとともに長期間の準備と試行錯誤を経て、ウニや山ウドなど地元の食材を使った料理を考案。むつ市川内産のぶどうから造られたワイン、むつ市の日本酒などとともに、フルコースで披露されました。

その中からいくつかの料理を紹介しましょう。

*  *  *

「天然山うどのクランブルスティック」(1280円)は、緑鮮やかなピスタチオをまとった山うどにウニと山うどのソースが添えられました。その味わいは、昆布のような風味も感じられる豊かな旨みを伴うもの。

「昆布〆東通牛と根曲がり竹」(1980円)は、下北半島のブランド牛「東通牛」が大間産の昆布で一晩しめてからカルパッチョにされ、その下に根曲がり竹が添えられ一緒に食す冷菜。

「中トロの蒸し寿司」(2カン1980円)は、大間産のマグロを蒸して熱をかけてから握りにしたものに、鰹出汁と焼き干し出汁を使ったソース餡がかけられています。素材の旨みを存分に感じられる調理法だそうです。

ほかにも、ウニをふんだんに使用した「雲丹コロッケ」(1980円)や「じゃがいもと椎茸のおづけばっと雲丹ボナーラ」(1280円)など、斬新な料理が発表されました。まさにウニ尽くし。

これらの創作料理は、むつ市のレストラン『アグレアーブル』『パザパ』や鮨割烹『東寿し(あずまずし)』で提供される予定です。

下北半島の中心部に位置するむつ市からは、霊場の恐山や作家・井上靖ゆかりの風間浦、下風呂温泉、マグロで有名な大間、仏ヶ浦への定期観光船が出る佐井村など、各地へ足を延ばしやすく、下北観光の拠点となります。

東京から新幹線の場合、八戸に入り、そこから在来線で野辺地経由で下北へ、というルートが、時間はかかりますが、のんびり列車の旅を満喫できオススメです。

 一方、北海道からアプローチするという手もあります。空路函館に入り、函館港から津軽海峡フェリーで大間に上陸するのです。フェリーの所要時間は約90分で、意外と近くかんじられます。

今回、このフェリーに乗船しましたが、あいにくの雨模様にもかかわらずほとんど揺れることもなく、テレビも見られて快適。船内にはエスカレーターも設置された豪華なフェリーでした。

下北半島はこれからウニの季節。名物のホタテはもちろん様々な食材が待っています。絶景の仏ヶ浦を見て、大間でマグロを味わい、温泉にも浸かり、むつ市で立派な創作料理に舌鼓。夏の旅先の候補にいかがでしょう。

●ぐるりんしもきた(しもきたTABIあしすと)
青森県むつ市中央一丁目8番1号
電話:0175-31-1270(代表)
https://gururin-shimokita.com/

●仏ヶ浦海上観光
青森県下北郡佐井村字八幡堂28
電話:0175-38-2244
http://www.hotokegaura.jp/

●アグレアーブル
青森県むつ市小川町2-17-1
電話:0175-23-9114

●パザパ
青森県むつ市小川町2-10-1
電話:0175-34-9707

●東寿し
青森県むつ市横迎町1-2-40
電話:0175-22-2031

●津軽海峡フェリー
https://www.tsugarukaikyo.co.jp/

文・写真/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP