新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

下北半島の絶景スポットで地元食材に舌鼓!《下北“ジオ・ダイニング” in 仏ヶ浦》

文・写真/編集部

“神様の遊び場”“天然の美術館”などと呼ばれる、青森県の仏ヶ浦(ほとけがうら)は、凝灰岩でできた巨大な“奇岩”が約2キロメートルに渡って続く、大自然による絶景です。

下北半島の北西端に位置し、青森市からでもかなり時間がかかるまさに“秘境”といえるこの場所で、去る5月17日に「下北“ジオ・ダイニング”in 仏ヶ浦」が開催されました。ジオ(大地)・エコ(自然)・ヒト(生活・文化)のつながりを学び、楽しむことができる場所、「ジオパーク」として注目されている下北を代表するこの景勝地で、地元の食材を使った一流の料理を発信しようというイベントです。

最寄りの佐井村からフェリーで30分。仏ヶ浦の奇岩の目の前に、白いテントのダイニングが設営されました。そこで調理をするのは、むつ市のレストランや鮨店の料理人。東京のシェフとともに長期間の準備と試行錯誤を経て、ウニや山ウドなど地元の食材を使った料理を考案。むつ市川内産のぶどうから造られたワイン、むつ市の日本酒などとともに、フルコースで披露されました。

その中からいくつかの料理を紹介しましょう。

*  *  *

「天然山うどのクランブルスティック」(1280円)は、緑鮮やかなピスタチオをまとった山うどにウニと山うどのソースが添えられました。その味わいは、昆布のような風味も感じられる豊かな旨みを伴うもの。

「昆布〆東通牛と根曲がり竹」(1980円)は、下北半島のブランド牛「東通牛」が大間産の昆布で一晩しめてからカルパッチョにされ、その下に根曲がり竹が添えられ一緒に食す冷菜。

「中トロの蒸し寿司」(2カン1980円)は、大間産のマグロを蒸して熱をかけてから握りにしたものに、鰹出汁と焼き干し出汁を使ったソース餡がかけられています。素材の旨みを存分に感じられる調理法だそうです。

ほかにも、ウニをふんだんに使用した「雲丹コロッケ」(1980円)や「じゃがいもと椎茸のおづけばっと雲丹ボナーラ」(1280円)など、斬新な料理が発表されました。まさにウニ尽くし。

これらの創作料理は、むつ市のレストラン『アグレアーブル』『パザパ』や鮨割烹『東寿し(あずまずし)』で提供される予定です。

下北半島の中心部に位置するむつ市からは、霊場の恐山や作家・井上靖ゆかりの風間浦、下風呂温泉、マグロで有名な大間、仏ヶ浦への定期観光船が出る佐井村など、各地へ足を延ばしやすく、下北観光の拠点となります。

東京から新幹線の場合、八戸に入り、そこから在来線で野辺地経由で下北へ、というルートが、時間はかかりますが、のんびり列車の旅を満喫できオススメです。

 一方、北海道からアプローチするという手もあります。空路函館に入り、函館港から津軽海峡フェリーで大間に上陸するのです。フェリーの所要時間は約90分で、意外と近くかんじられます。

今回、このフェリーに乗船しましたが、あいにくの雨模様にもかかわらずほとんど揺れることもなく、テレビも見られて快適。船内にはエスカレーターも設置された豪華なフェリーでした。

下北半島はこれからウニの季節。名物のホタテはもちろん様々な食材が待っています。絶景の仏ヶ浦を見て、大間でマグロを味わい、温泉にも浸かり、むつ市で立派な創作料理に舌鼓。夏の旅先の候補にいかがでしょう。

●ぐるりんしもきた(しもきたTABIあしすと)
青森県むつ市中央一丁目8番1号
電話:0175-31-1270(代表)
https://gururin-shimokita.com/

●仏ヶ浦海上観光
青森県下北郡佐井村字八幡堂28
電話:0175-38-2244
http://www.hotokegaura.jp/

●アグレアーブル
青森県むつ市小川町2-17-1
電話:0175-23-9114

●パザパ
青森県むつ市小川町2-10-1
電話:0175-34-9707

●東寿し
青森県むつ市横迎町1-2-40
電話:0175-22-2031

●津軽海峡フェリー
https://www.tsugarukaikyo.co.jp/

文・写真/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP