新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

美味

下北半島の絶景スポットで地元食材に舌鼓!《下北“ジオ・ダイニング” in 仏ヶ浦》

文・写真/編集部

“神様の遊び場”“天然の美術館”などと呼ばれる、青森県の仏ヶ浦(ほとけがうら)は、凝灰岩でできた巨大な“奇岩”が約2キロメートルに渡って続く、大自然による絶景です。

下北半島の北西端に位置し、青森市からでもかなり時間がかかるまさに“秘境”といえるこの場所で、去る5月17日に「下北“ジオ・ダイニング”in 仏ヶ浦」が開催されました。ジオ(大地)・エコ(自然)・ヒト(生活・文化)のつながりを学び、楽しむことができる場所、「ジオパーク」として注目されている下北を代表するこの景勝地で、地元の食材を使った一流の料理を発信しようというイベントです。

最寄りの佐井村からフェリーで30分。仏ヶ浦の奇岩の目の前に、白いテントのダイニングが設営されました。そこで調理をするのは、むつ市のレストランや鮨店の料理人。東京のシェフとともに長期間の準備と試行錯誤を経て、ウニや山ウドなど地元の食材を使った料理を考案。むつ市川内産のぶどうから造られたワイン、むつ市の日本酒などとともに、フルコースで披露されました。

その中からいくつかの料理を紹介しましょう。

*  *  *

「天然山うどのクランブルスティック」(1280円)は、緑鮮やかなピスタチオをまとった山うどにウニと山うどのソースが添えられました。その味わいは、昆布のような風味も感じられる豊かな旨みを伴うもの。

「昆布〆東通牛と根曲がり竹」(1980円)は、下北半島のブランド牛「東通牛」が大間産の昆布で一晩しめてからカルパッチョにされ、その下に根曲がり竹が添えられ一緒に食す冷菜。

「中トロの蒸し寿司」(2カン1980円)は、大間産のマグロを蒸して熱をかけてから握りにしたものに、鰹出汁と焼き干し出汁を使ったソース餡がかけられています。素材の旨みを存分に感じられる調理法だそうです。

ほかにも、ウニをふんだんに使用した「雲丹コロッケ」(1980円)や「じゃがいもと椎茸のおづけばっと雲丹ボナーラ」(1280円)など、斬新な料理が発表されました。まさにウニ尽くし。

これらの創作料理は、むつ市のレストラン『アグレアーブル』『パザパ』や鮨割烹『東寿し(あずまずし)』で提供される予定です。

下北半島の中心部に位置するむつ市からは、霊場の恐山や作家・井上靖ゆかりの風間浦、下風呂温泉、マグロで有名な大間、仏ヶ浦への定期観光船が出る佐井村など、各地へ足を延ばしやすく、下北観光の拠点となります。

東京から新幹線の場合、八戸に入り、そこから在来線で野辺地経由で下北へ、というルートが、時間はかかりますが、のんびり列車の旅を満喫できオススメです。

 一方、北海道からアプローチするという手もあります。空路函館に入り、函館港から津軽海峡フェリーで大間に上陸するのです。フェリーの所要時間は約90分で、意外と近くかんじられます。

今回、このフェリーに乗船しましたが、あいにくの雨模様にもかかわらずほとんど揺れることもなく、テレビも見られて快適。船内にはエスカレーターも設置された豪華なフェリーでした。

下北半島はこれからウニの季節。名物のホタテはもちろん様々な食材が待っています。絶景の仏ヶ浦を見て、大間でマグロを味わい、温泉にも浸かり、むつ市で立派な創作料理に舌鼓。夏の旅先の候補にいかがでしょう。

●ぐるりんしもきた(しもきたTABIあしすと)
青森県むつ市中央一丁目8番1号
電話:0175-31-1270(代表)
https://gururin-shimokita.com/

●仏ヶ浦海上観光
青森県下北郡佐井村字八幡堂28
電話:0175-38-2244
http://www.hotokegaura.jp/

●アグレアーブル
青森県むつ市小川町2-17-1
電話:0175-23-9114

●パザパ
青森県むつ市小川町2-10-1
電話:0175-34-9707

●東寿し
青森県むつ市横迎町1-2-40
電話:0175-22-2031

●津軽海峡フェリー
https://www.tsugarukaikyo.co.jp/

文・写真/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP