新着記事

幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】 好きな犬種ランキング2018 好きな犬ランキング2018、3年連続1位はあの犬種 第16回「サライ大賞」発表!読者が選んだシニア世代に優しい商品とは 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由 ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

オランダ:ロッテルダムへ遠乗りしよう【旅ラン1】(角田光代の旅行コラム 第5回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日は「旅行」をテーマに、角田光代さんが執筆します。

文・写真/角田光代(作家)

ランニングをはじめてから10年ほどになる。はじめてフルマラソンの大会に出たのが2011年だ。とはいえ、私は走るのが好きではないし、フルマラソンもつらいだけだ。ではなぜやめないのかと多くの人に訊かれる。私自身もそう思う。

いやだいやだと思いながらもランニングを続けているのは、こんなにいやだいやだと思っているのに続けられるからだ。逆説的だが、そうなのだ。2011年に参加した大会で、フルマラソンも走れるということがわかったので、以後、つらいとわかっていながら、年に一、二度は必ずなんらかの大会にエントリーしている。

はじめて海外で行なわれるマラソン大会に出たのは2014年、場所はロッテルダムだ。『人生はマラソンだ!』という、ロッテルダムマラソンを題材にした映画があり、その映画の宣伝にかかわったこともあって、映画配給会社の人と編集者とともに参加したのである。

ロッテルダムは現代建築で有名な街だと、帰国してから知りました。不思議な建物が多く、観光しなくても、ただ街を歩いているだけで楽しい。

海外のマラソン大会もはじめてだったが、ロッテルダムという街もはじめてである。街に着き、ホテルにチェックインして外に出るやいなや、居心地のいいところだとすぐさま思った。天気がよくて、寒くも暑くもなく、何より街の空気がのんびりゆったりしているのがいい。カフェのテラス席では平日の昼間だというのに多くの人がビールを飲んでいる。

ふだんの旅だと、それなりにガイドブックを読み込んで、行きたい場所を選び、地図を片手に観光するのだが、今回の目的はマラソン。観光で歩き回れば脚が疲れて大会に差し支えるだろうと思い、ガイドブックを見ることもなく、ただホテル周辺を散策した。

歩かないように、疲れないように、と少々神経質になっているのだが、それでもつい、歩いているだけで楽しくなってしまう。こぢんまりとした街で、街のあちこちに不思議な形のビルがある。観光用の街というより、暮らしの似合う街である。

なぜか唐突に、「ロッテルダムへ遠乗りしよう」という歌が思い浮かび、思い浮かぶとそれが頭の中をループして離れない。子どものころに見ていたアニメ、『あらいぐまラスカル』の主題歌である。しかしそのアニメの原作は、アメリカの小説だったはず。アメリカからオランダまで、子どもがあらいぐまといっしょに行くなんて、遠乗りとはいえ遠すぎやしないか? 可能なのか? と考えながらも、主題歌の、覚えている部分を口ずさみながら歩いた。

ゼッケンの受け渡し場にて、大勢のランナーたちによる決意表明。私も「完走」と書いた気がします。

大会当日のスタート前は、前方でロックの生演奏があり、並んだランナーたちが全員大声でそれにあわせて歌うのが感動的だった。中心街から出発するコースは、繁華街を抜け住宅街を走り、後半は広大な公園に沿って走る、アップダウンの少ない道だ。道の両側には街の人たちが並び、声援を送る。ゼッケンに名前が書かれているので、それを見て、「ミツヨ!」と多くの人が声を掛けてくれ、その瞬間だけつらさも吹き飛び、スピードもほんの少し速まる。

ゴールを祝ってくれるバナナマン。女性ランナーはバラの花をもらえます。

じつに気持ちのいいコースで、私のタイムも通常よりずっとよかった。このときは意識しなかったけれど、観光の旅とはまるで違うランの旅に私は魅了されてしまったようである。何より、見たことのない景色に目を奪われることで、マラソンのつらさが(微々たるものにせよ)軽減されるのがすばらしい。こうして以後、私のなかに、旅+ランというカテゴリーがあらたにできてしまったのである。

ところで、帰国してから『あらいぐまラスカル』の主題歌を調べてみたら、遠乗り先はロッテルダムではなくてロックリバーだった。「ロッ」の二文字しか合っていなかった。

昼間はランコースだった街も、夜にはすっかり日常の姿に。もちろん夜更けまで飲みました(写真はすべて2014年4月撮影)。

文・写真/角田光代(かくた・みつよ)
昭和42年、神奈川県生まれ。作家。平成2年、『幸福な遊戯』で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。近著に『私はあなたの記憶の中に』(小学館刊)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP