新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車

ピレネー・カタラーヌ地方自然公園を走るプチトラン・ジョーヌ (C)Atout France/Nathalie Baetens

南フランスのさらに南端、スペインとの国境にそびえるピレネー山脈。その麓を、小さな山岳列車がことこと走っている。ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチトラン・ジョーヌだ。

「黄色い列車」を意味するプチトラン・ジョーヌは、標高1600mにも及ぶヨーロッパで一番高い場所であるピレネーの山並みを縫うように走り抜ける景観列車。ヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンとラトゥール・ド・カロルを 結ぶおよそ63kmの路線を約3時間かけて走る。

開業はなんと1903年。100年以上の歴史を持つ古い鉄道なのだ。ではその沿線の景観をご紹介しよう。

*  *  *

ヴィルフランシュを出発してすぐに谷が深くなり、最初の高架橋のセジュルネ橋を通る。このあたりで標高は1.000mとなる。

そこからさらに登り、もう一つの橋、ジスクラールの吊り橋を通過する。

Flickr より

その後は徐々に視界が開け、盆地のセルダーニュ高原を通る頃、標高は1.500mを超える。

そこからラトゥール・ド・カロルまで直線距離にすると80kmほどの間で1.600m下ることになるので、勾配の差も楽しむことができる。

雄大なピレネーと、その裾野に広がる町々を見下ろして走るだけに、他では味わえないような景観を楽しむことができるのが、プチトラン・ジョーヌの何よりの魅力だ。

また大半の列車に無蓋客車が連結されているので、雨の少ないピレネー地方の心地よい風に吹かれながら景色を楽しむことができる。

ピレネー山脈の風光明媚な自然の中を走る小さな鉄道プチトラン・ジョーヌ。その魅力は、旅慣れた大人の旅行者にこそ実感できるものかもしれない。

【乗車駅までのアクセス】
パリからTGVで5時間でペルピニャンに着く。ローカル線に乗り換えて始発駅のヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンまで電車で50分。

【参考リンク】
※ ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチ・トラン・ジョーヌ

文/印南敦史+編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!…
  2. 知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日…
  3. 南米ペルーの知られざる蒸留酒「ピスコ」を知っていますか?
  4. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  5. 貝殻で埋め尽くされた英国の謎すぎる地下洞窟「シェル・グロット」の…
PAGE TOP