プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車

ピレネー・カタラーヌ地方自然公園を走るプチトラン・ジョーヌ (C)Atout France/Nathalie Baetens

南フランスのさらに南端、スペインとの国境にそびえるピレネー山脈。その麓を、小さな山岳列車がことこと走っている。ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチトラン・ジョーヌだ。

「黄色い列車」を意味するプチトラン・ジョーヌは、標高1600mにも及ぶヨーロッパで一番高い場所であるピレネーの山並みを縫うように走り抜ける景観列車。ヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンとラトゥール・ド・カロルを 結ぶおよそ63kmの路線を約3時間かけて走る。

開業はなんと1903年。100年以上の歴史を持つ古い鉄道なのだ。ではその沿線の景観をご紹介しよう。

*  *  *

ヴィルフランシュを出発してすぐに谷が深くなり、最初の高架橋のセジュルネ橋を通る。このあたりで標高は1.000mとなる。

Wikimedia Commons より

そこからさらに登り、もう一つの橋、ジスクラールの吊り橋を通過する。

Flickr より

その後は徐々に視界が開け、盆地のセルダーニュ高原を通る頃、標高は1.500mを超える。

Wikimedia Commons より

そこからラトゥール・ド・カロルまで直線距離にすると80kmほどの間で1.600m下ることになるので、勾配の差も楽しむことができる。

Wikimedia Commons より

雄大なピレネーと、その裾野に広がる町々を見下ろして走るだけに、他では味わえないような景観を楽しむことができるのが、プチトラン・ジョーヌの何よりの魅力だ。

また大半の列車に無蓋客車が連結されているので、雨の少ないピレネー地方の心地よい風に吹かれながら景色を楽しむことができる。

ピレネー山脈の風光明媚な自然の中を走る小さな鉄道プチトラン・ジョーヌ。その魅力は、旅慣れた大人の旅行者にこそ実感できるものかもしれない。

【乗車駅までのアクセス】
パリからTGVで5時間でペルピニャンに着く。ローカル線に乗り換えて始発駅のヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンまで電車で50分。

【参考リンク】
※ ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチ・トラン・ジョーヌ

文/印南敦史+編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で