新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車

ピレネー・カタラーヌ地方自然公園を走るプチトラン・ジョーヌ (C)Atout France/Nathalie Baetens

南フランスのさらに南端、スペインとの国境にそびえるピレネー山脈。その麓を、小さな山岳列車がことこと走っている。ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチトラン・ジョーヌだ。

「黄色い列車」を意味するプチトラン・ジョーヌは、標高1600mにも及ぶヨーロッパで一番高い場所であるピレネーの山並みを縫うように走り抜ける景観列車。ヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンとラトゥール・ド・カロルを 結ぶおよそ63kmの路線を約3時間かけて走る。

開業はなんと1903年。100年以上の歴史を持つ古い鉄道なのだ。ではその沿線の景観をご紹介しよう。

*  *  *

ヴィルフランシュを出発してすぐに谷が深くなり、最初の高架橋のセジュルネ橋を通る。このあたりで標高は1.000mとなる。

そこからさらに登り、もう一つの橋、ジスクラールの吊り橋を通過する。

Flickr より

その後は徐々に視界が開け、盆地のセルダーニュ高原を通る頃、標高は1.500mを超える。

そこからラトゥール・ド・カロルまで直線距離にすると80kmほどの間で1.600m下ることになるので、勾配の差も楽しむことができる。

雄大なピレネーと、その裾野に広がる町々を見下ろして走るだけに、他では味わえないような景観を楽しむことができるのが、プチトラン・ジョーヌの何よりの魅力だ。

また大半の列車に無蓋客車が連結されているので、雨の少ないピレネー地方の心地よい風に吹かれながら景色を楽しむことができる。

ピレネー山脈の風光明媚な自然の中を走る小さな鉄道プチトラン・ジョーヌ。その魅力は、旅慣れた大人の旅行者にこそ実感できるものかもしれない。

【乗車駅までのアクセス】
パリからTGVで5時間でペルピニャンに着く。ローカル線に乗り換えて始発駅のヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンまで電車で50分。

【参考リンク】
※ ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチ・トラン・ジョーヌ

文/印南敦史+編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感…
  2. 知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3…
  3. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
  4. ビールを片手に絵画鑑賞、クラブイベントもあり。イギリス人流、夜の…
  5. ここは日本?ロンドンの不思議な観光スポット「Kyoto Gard…
PAGE TOP