新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

これが西郷隆盛!? 幕末・明治の浮世絵の展覧会《明治維新150年 幕末・明治―激動する浮世絵》

取材・文/池田充枝

今から約150年前、長らく続いた江戸幕府が崩壊し、新たに明治政府が樹立するという、時代の大きなうねりの中で、幕末・明治の浮世絵師たちは、時には戊辰戦争や文明開化といった社会の変化を描き、時には西洋文明の影響を受けながら、新たな絵画表現にチャレンジしました。

そして今、月岡芳年(つきおか・よしとし)や小林清親(こばやし・きよちか)ら、幕末・明治に活躍した浮世絵師たちが注目を集めています。

そんな「最期の浮世絵師」と呼ばれる芳年、清親ら幕末・明治の浮世絵師たちの展覧会明治維新150年 幕末・明治―激動する浮世絵》が、東京の太田記念美術館で開かれています。(~2018年2月25日まで)

*  *  *

月岡芳年(1839-92)は、12歳で当時の人気浮世絵師、歌川国芳に入門し、20代で本格的に画業を開始します。過激な血の表現を用いた「血みどろ絵」をはじめ、役者絵、歴史画、武者絵、美人画など幅広い画題に取り組み、明治へと移り変わる激動の時代の中で、鮮烈なイメージの作品を次々と生み出しました。

月岡芳年《芳年武者兂類 源牛若丸 熊坂長範》〔太田記念美術館蔵〕前期展示

小林清親(1847-1915)は、将軍直属の御家人として15歳で家督を継ぎ、鳥羽伏見の戦いに参戦するなど、時代の大きな変化を肌身に感じる青年時代を過ごしました。幼少より絵が好きだった清親は、江戸から東京に変貌を遂げた街の風景を、光と影の表現に工夫を凝らした“光線画”と称される木版画として発表しました。

風景のほかにも花鳥や静物を題材に、西洋風の表現を意識した、明治の新しい浮世絵を生み出しました。

小林清親《日本橋夜》〔太田記念美術館蔵〕後期展示

今回の展覧会では、今年が明治維新から150年にあたることを記念して、月岡や小林らによって幕末から明治にかけて制作された浮世絵約150点(前後期で展示替えあり)が紹介されます。

本展の見どころを、太田記念美術館の学芸員、日野原健司さんにうかがいました。

「今年は、明治維新からちょうど150年。幕末・明治という時代について、いろいろなところで取り上げられることになるかと思いますが、まさしくその時期に制作された浮世絵にも注目してもらいたいところです。

まずご覧いただきたいのが、今年のNHK大河ドラマの主人公でもある西郷隆盛を描いた浮世絵。西郷隆盛と言えば、真っ先に上野公園の犬を連れた銅像を思い出す方がほとんどかと思いますが、実は、明治時代の浮世絵に西郷隆盛の姿は頻繁に登場しています。しかも、幕末・明治の偉人たちの中でもその点数は最も多く、ビシッと決まった軍服姿だけでなく、自決後に幽霊となった姿まで描かれており、西郷さんのイメージがガラリと変わってしまうこと請け合いです。

小林清親《鹿児嶋征討戦記》〔太田記念美術館蔵〕前期展示

 

また、小林清親の光線画もぜひ見ていただきたい作品。明治の文明開化によって、ガス灯の明かりが輝くようになり、夜の町の雰囲気は大きく様変わりしました。その時代の移り変わりを情緒豊かに捉えた小林清親の作品は、「これって浮世絵なの?」と思ってしまうぐらい、江戸時代の浮世絵とは色の捉え方が違います。ぜひ実物をご覧になり、明治という時代に思いを馳せてみてください」

浮世絵は、世相をビビッドに反映する大衆芸術でした。幕末・明治の時代の空気感を体感しに、ぜひ会場へお出かけください。

【展覧会概要】
《明治維新150年 幕末・明治―激動する浮世絵》
会期:
●前期 2018年1月5日(金)~1月28日(日)

●後期 2月2日(金)~2月25日(日)
会場:太田記念美術館
住所:東京都渋谷区神宮前1-10-10
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
開館時間:10時30分から17時30分まで(入館は17時まで)
休館日:月曜日(ただし1月8日、2月12日は開館)、1月9日(火)、1月29日~2月1日(展示替えのため)、2月13日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌…
  2. これが西郷隆盛の真の顔!? 維新の英雄・西郷どんの全てがわかる特…
  3. M.C.エッシャーの目眩く不思議世界を堪能!《ミラクル エッシャ…
  4. 漆蒔絵の多彩な技を実物から学べる展覧会《はじめての古美術鑑賞 漆…
  5. 竹久夢二の多彩すぎる才能にあっと驚かされる展覧会《夢二繚乱》
PAGE TOP