取材・文/藤田麻希

浮世絵師・歌川国貞(1786~1864)をご存じでしょうか。江戸時代後期から幕末にかけての最も有名な絵師の一人で、師の歌川豊国の名を継いで三代豊国を名乗り、一大派閥である歌川派の総帥として活躍しました。79歳の長寿を全うし、その生涯に役者絵、美人画などを一万点以上も残したと言われています。

現代においては、同時期に活躍した広重や国芳の方が知名度は高く、具体的に国貞の作品のイメージを脳裏に刻んでいる方は少ないかもしれませんが、そんな絵師・歌川国貞の展覧会が、東京・世田谷の静嘉堂文庫美術館で開催されています(~2018年3月25日まで)。

同館が所蔵する、三菱二代社長・岩崎彌之助の妻・早苗夫人の錦絵コレクションを中心に展示するものです。表裏貼り合わせた折本仕立てにされ、あまり光に当てることなく保存されていたため、驚くほど鮮やかな色彩が残っています。

その作品の魅力は、小道具や着物の柄など細かなところまで当時の風俗が反映されていることです。つぶさに見ていくと、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

同館司書の成澤麻子さんの説明をもとに、観賞ポイントをご説明しましょう。(※掲載作品はすべて前期展示のもの)

*  *  *

まずご紹介するのは、大判錦絵3枚続の「卯の花月」です。「卯の花月」は旧暦の4月のこと。江戸っ子の好物・初鰹を捌いているところに、長屋の女将さん達が寄ってきて、待ちきれないと言わんばかりに染め付けの器を差し出しています。

歌川国貞 「卯の花月」 大判錦絵3枚続 江戸時代末期(19世紀半ば頃) 静嘉堂文庫蔵

それぞれのお宅を見ると、おろしかけの大根、お風呂屋さんに持っていく赤い糠袋、風鈴、卯の花などがあり、常磐津のお師匠さんの表札や魔除けのための角大師の貼札、虫除けの貼札なども貼られ、じつに生き生きと当時の生活が描写されています。

次は、夏から初秋にかけての風物とともに、江戸の女性の夏姿を描いたシリーズ「江戸自慢」の1枚です。

歌川国貞 「江戸自慢 四万六千日」 大判錦絵 文政初期(1820年前後) 静嘉堂文庫蔵

旧暦7月9、10日の四万六千日の縁日(現在のほうずき市)の日に、浅草寺に参詣すると、4万6000日参詣したのと同じだけの功徳があると言われ、多くの江戸っ子で賑わっていました。そこに出かけようと身支度をする女性に、子供が帯を引っ張ってちょっかいを出しています。

後ろには蚊遣の煙が立ち込めています。煙のぼかしは摺師の腕の見せどころでした。

さてお次は「星の霜当世風俗(行燈)」。夜中に女性が、行燈の灯心をかきたて、明るくしようとしています。行燈の中に入れた手の影、そこから上に広がるふんわりとした光、女性の身体に着物がまつわりついた様子が美しいです。

歌川国貞 「星の霜当世風俗(行燈)」 大判錦絵 文政2年(1819) 静嘉堂文庫蔵

よくみると右側の屏風には着物がかけられ、下のお盆には茶碗が2つあります。このことから、屏風の陰に男性がいることが想像できます。

次の作品は「誂織当世島(金花糖)」です。このシリーズは様々な縞模様を背景に女性を描くもので、縞模様の見本帳としての役割もあったと考えられていいます。

歌川国貞 「誂織当世島(金花糖)」 大判錦絵 弘化2年(1845)頃 静嘉堂文庫蔵

女性が手にする染め付けの皿には、金魚の形をした金花糖という砂糖菓子が盛られています。子供がじっとのぞきこんでいる様子がかわいらしいです。幕末には砂糖や染め付けの皿が、庶民の手の届くところにまで来ていたことがわかります。

さりげなく描き込まれた小道具が、想像以上に当時の暮らしを物語っています。隅々までじっくりご覧になって、当時の生活を感じてみてください。

【展覧会情報】
歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~

■会期:2018年1月20日(土)~3月25日(日)
*会期中に展示替があります(前期は2月25日まで、後期は2月27日から)
■会場:静嘉堂文庫美術館
■住所:〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
■電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
■公式サイト:http://www.seikado.or.jp/
■開室時間:午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで)
■休館日:月曜日(2月12日は開館)、2月13日(火)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

※記事中の画像写真の無断転載を禁じます。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
6月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品