新着記事

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

片岡愛之助演じる今川義元

修羅場を潜り抜けて、家督を継承。片岡愛之助が好演。本当はやり手の大大名だった今川義元【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

新国立劇場オペラ10月『神々の黄昏』公演で「指環」四部作が完結

フィンランド国立歌劇場公演より (C)Stefan Bremer

スタート間近の新国立劇場2017/2018シーズン オペラ公演。その幕開けを飾るのは、10月1日が初日となる「神々の黄昏」。新国立劇場が3年がかりで取り組んできたオペラ史上空前絶後のワーグナーの大作、「ニーベルングの指環」四部作が、この「神々の黄昏」で、ついに完結となる。

偉大なるドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナー自らが台本を手がけた楽劇「ニーベルングの指環」は、すべての権力の象徴である黄金の指輪をめぐって、天上界、地下界、地上界で争いが繰り広げられるという壮大な物語。「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」、そして「神々の黄昏」の4つの連作として構成され、4作品の合計上演時間は、なんと約15時間にも及ぶ。

フィンランド国立歌劇場公演より (C)Stefan Bremer

2015年10月の「ラインの黄金」から順を追って上演してきた「ニーベルングの指環」。ここに至る3作品同様、最終章の「神々の黄昏」も、ドイツの世界的名演出家ゲッツ・フリードリヒによるプロダクションとしての期待が大きい。と同時に、キャストたちの顔ぶれにも注目が集まっている。

新国立劇場版「ニーベルングの指環」で主要テノール4役出演という偉業に挑んでいるステファン・グールド(ジークフリート役)。今や世界的なワーグナー・ソプラノで、圧倒的な存在感を放つペトラ・ラング(ブリュンヒルデ役)。ワーグナー作品で欧州各地に出演しているアントン・ケレミチェフ(グンダー役)。加えて、名メゾソプラノとして絶大な人気を誇るヴァルトラウト・マイヤー(ヴァルトラウテ役)が新国立劇場に初登場。ドリーム・キャストの競演となった。

ステファン・グールド 写真提供/新国立劇場

ペトラ・ラング 写真提供/新国立劇場

もうひとつ、読売日本交響楽団が初めて新国立劇場のオーケストラピットに入ることも話題に。もちろん、指揮は飯守泰次郎芸術監督が務める。

フィンランド国立歌劇場公演より (C)Karen Stuke

新国立劇場は2017/2018シーズンで開場20周年を迎える。そして、2014年9月から新国立劇場オペラ芸術監督を務めた飯守泰次郎氏は、これが任期最後のシーズンとなる。まさに記念すべきシーズンの幕開けを飾るワーグナーの壮大な世界を、見逃すわけにはいかないだろう。

【新国立劇場 2017/2018シーズンオペラ ワーグナー『神々の黄昏』—新制作—】
[序幕付全3幕/ドイツ語上演 日本語字幕付]
■公演日:2017年10月1日(日)~17日(火)
■会場:新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1
■電話:03・5352・9999(ボックスオフィス)

※新国立劇場オペラサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/古典の名作『おせつ徳三…
  2. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  3. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  4. 2017『椿姫』2017年公演より 撮影:寺司正彦 心惹かれる歌手と出会える! 多彩なオペラの世界が楽しめる10作品…
  5. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
PAGE TOP