新着記事

江戸時代の有名事件に登場した犬の糞 江戸時代の犬にまつわるスキャンダル|有名事件に登場した犬の糞 つなん雪まつり【新潟県 新潟県 】 新潟県「つなん雪まつり」が1位を獲得!|行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10 口ゴム超ゆったりパイル靴下|ゆったりとした穿き心地で足元を温める 猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

新国立劇場オペラ10月『神々の黄昏』公演で「指環」四部作が完結

フィンランド国立歌劇場公演より (C)Stefan Bremer

スタート間近の新国立劇場2017/2018シーズン オペラ公演。その幕開けを飾るのは、10月1日が初日となる「神々の黄昏」。新国立劇場が3年がかりで取り組んできたオペラ史上空前絶後のワーグナーの大作、「ニーベルングの指環」四部作が、この「神々の黄昏」で、ついに完結となる。

偉大なるドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナー自らが台本を手がけた楽劇「ニーベルングの指環」は、すべての権力の象徴である黄金の指輪をめぐって、天上界、地下界、地上界で争いが繰り広げられるという壮大な物語。「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」、そして「神々の黄昏」の4つの連作として構成され、4作品の合計上演時間は、なんと約15時間にも及ぶ。

フィンランド国立歌劇場公演より (C)Stefan Bremer

2015年10月の「ラインの黄金」から順を追って上演してきた「ニーベルングの指環」。ここに至る3作品同様、最終章の「神々の黄昏」も、ドイツの世界的名演出家ゲッツ・フリードリヒによるプロダクションとしての期待が大きい。と同時に、キャストたちの顔ぶれにも注目が集まっている。

新国立劇場版「ニーベルングの指環」で主要テノール4役出演という偉業に挑んでいるステファン・グールド(ジークフリート役)。今や世界的なワーグナー・ソプラノで、圧倒的な存在感を放つペトラ・ラング(ブリュンヒルデ役)。ワーグナー作品で欧州各地に出演しているアントン・ケレミチェフ(グンダー役)。加えて、名メゾソプラノとして絶大な人気を誇るヴァルトラウト・マイヤー(ヴァルトラウテ役)が新国立劇場に初登場。ドリーム・キャストの競演となった。

ステファン・グールド 写真提供/新国立劇場

ペトラ・ラング 写真提供/新国立劇場

もうひとつ、読売日本交響楽団が初めて新国立劇場のオーケストラピットに入ることも話題に。もちろん、指揮は飯守泰次郎芸術監督が務める。

フィンランド国立歌劇場公演より (C)Karen Stuke

新国立劇場は2017/2018シーズンで開場20周年を迎える。そして、2014年9月から新国立劇場オペラ芸術監督を務めた飯守泰次郎氏は、これが任期最後のシーズンとなる。まさに記念すべきシーズンの幕開けを飾るワーグナーの壮大な世界を、見逃すわけにはいかないだろう。

【新国立劇場 2017/2018シーズンオペラ ワーグナー『神々の黄昏』—新制作—】
[序幕付全3幕/ドイツ語上演 日本語字幕付]
■公演日:2017年10月1日(日)~17日(火)
■会場:新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1
■電話:03・5352・9999(ボックスオフィス)

※新国立劇場オペラサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マーカス・ミラー マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスー…
  2. 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人…
  3. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦 人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で…
  4. ウィーン、ブタペスト、プラハ|麗しき中欧諸国の「オペラハウス」巡…
  5. カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アン…
PAGE TOP