新着記事

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

「私は日本人よりも本当の日本を愛するのです」(小泉八雲)【漱石と明治人のことば206】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「私この小泉八雲、日本人よりも本当の日本を愛するのです」
--小泉八雲

小泉八雲(こいずみ・やくも)は、ギリシア生まれのアイルランド人。日本名に改める前の名はラフカディオ・ハーンだった。

明治23年(1890)に来日。松江、熊本で英語教師をつとめたのち、6年半にわたって東京帝国大学で英文学を講じた。イギリス留学から帰国した夏目漱石と入れ代わる形で東京帝国大学を退官し、早稲田大学に籍を移した。日本の怪談の再話の他、『知られぬ日本の面影』『心』などに日本と日本人を書いた。

掲出のことばは、小泉八雲が節子夫人に語ったもの。節子夫人が回想録『思い出の記』の中に書きとどめている。

実は、小泉八雲が40歳の春に来日した当初の目的は紀行文の取材。滞在予定はわずか2か月だったという。ところが、すぐに日本の風俗文化の魅力にとりつかれる。八雲は着物姿で正座し、煙管や箸を使う暮らしに没入し、武家の娘である節子夫人を娶り、学校教師として働く傍ら著作をまとめ、結局は、54歳で没するまでの残りの歳月を日本で過ごしたのである。

そうした生活の中で八雲には、通常、西洋人の耳には雑音としか響かない蛙や虫の声を愛でる心までが芽生えていった。蛙の鳴き声を「一種特別な哀感をともなって、人の心を惻々と打つ」と聞くにまで至った感性は、西洋文明の模倣に奔走しはじめていた当時の日本人以上に日本的であったのかもしれない。小泉八雲自身も、そのことを感じていたのではないだろうか。

節子夫人は、こんな八雲の台詞も書きとどめている。

「日本に、こんなに美しい心あります。なぜ、西洋の真似をしますか」

島根県松江市に小泉八雲記念館があり、私は繰り返し訪れている。館内に多くの関連資料が保存・展示される中、妙に心ひかれるもののひとつが八雲遺愛の坊主頭の人形である。

背丈は30センチ弱。垂れ目で低い鼻。唇には着物と同じ橙色の紅をさし、見るからに呑気そうな顔つき。その名も「気楽坊人形」。

八雲は眼が悪かった。16歳で左目を失明し、右目も極度の近視。そのため、脚高の書斎机を特注し、机に顔をこすりつけるようにして執筆や書見に励んでいた。疲れた折、八雲の気鬱を晴らしてくれるのが、傍らにおいていたこの気楽坊人形だったという。

もしかすると、この人形、漱石にとっての猫の存在と似たようなところがあったのだろうか。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP