新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「芸道は不器用なほうが上達の見込みがある」(高村光雲)【漱石と明治人のことば192】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「万能的なのは一心がかたまらぬせいか、心が籠もらないせいか、傑出するには足りなかった。それをみると、不器用の一心がかえって芸道のことには上達の見込みがあるか」
--高村光雲

上野公園の西郷隆盛像で有名な彫刻家の高村光雲は、嘉永5年(1852)江戸の生まれ。これはペリーの黒船来航の前年に当たる。

12歳で親戚の大工のもとに奉公に出るはずが、近所の床屋の口利きがあって直前に道を変じ、高村東雲のもとに弟子入りした。高村東雲は木彫で仏像を制作する、いわゆる仏師であった。中島光蔵という名前が高村光雲となるのも、この弟子入りの後の話である。

明治10年(1877)、光雲は、第1回内国勧業博覧会に師・東雲の名で出品した「白衣観音」で最高賞を受賞した。その後も当時隆盛だった象牙彫りなどには手を染めず、木彫に専心。苦労しながらも、仏教彫刻の伝統にヨーロッパの写実性を加えて、木彫の芸術性と近代性を推し進めていく。やがて、シカゴ万国博覧会で授賞した「老猿」や、パリ万博の金賞作「山霊訶護」などの作品で、世界的な評価を得るに至った。

高村光雲は一方で、後進の育成にも尽力した。岡倉天心の勧めにより東京美術学校(のちの東京芸大)の教壇に立って学生を指導する傍ら、次代の彫刻界を背負う米原海雲、山崎朝雲、平櫛田中といった内弟子を育てあげた。

掲出のことばは、そんな高村光雲が自著『木彫七十年』の中で述べたもの。晩年の内弟子の中に越前・三国出身の非常に器用な男がいたが、器用過ぎる上に商売っ気も盛んで彫刻家としてはものにならなかった。かえって不器用なくらいの門弟の方が、脇目もふらず一心に打ち込んで道を極めていった、というのである。

思えば、夏目漱石も、小説『門』の中で禅僧にこんな台詞を言わせていた。

「悟りの遅速は全く人の性質で、それだけでは優劣にはなりません。入りやすくても後で塞(つか)えて動かない人もありますし、また初め長く掛かっても、いよいよという場合に非常に痛快にできるものもあります。決して失望なさることはございません。ただ熱心が大切です」

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

himekurisoseki-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP