新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

神と悪魔が交錯する岐路!スクランブル交叉点で五感を研ぎ澄ます【大人のための発想術 第10回】

文/鈴木隆祐

1930年代、アメリカにロバート・ジョンソンというミシシッピ州出身の夭折のブルース歌手がいた。ギター一本で弾き語りをし、全国を渡り歩いた旅芸人だが、『クロスロード』という意味深な持ち歌があり、急に凄腕となったものだから、「十字路で悪魔に魂を売り渡した結果」との噂も流れたのだった。

英語のクロスロード(crossroads)は十字路というだけでなく、“人生の岐路”という比喩的な表現でもある。そして十字路=四つ辻は、太古からの不思議スポットであった。古代ギリシアでは過去・現在・未来を象徴する女神ヘカテの守護する場所であり、神々の伝令役だったヘルメスのアイコンが目印に使われる神聖な場所であった。

沖縄でも「見晴らしのいい丁字路や四差路は百鬼が横行する」という古代中国思想の影響から、そこをアジマァと呼び、魔除けの石敢當がよく置かれている。

そして何より象徴的なのが、1回の青信号で多い時には約3000もの人が通行するといわれる東京・渋谷駅前の巨大なスクランブル交叉点。今や外国人観光客の観光名所のひとつにもなっているという。外国人には、それだけの人間が整然と道路を渡る様自体が、一種異様に見えるというのだ。

そんな渋谷のスクランブル交叉点での、外国人観光客たちの行動を観察していると、交叉点の真ん中で“自撮り”をする人が多い。仮に一人であっても、3000人ものエキストラの前で主役を張るといった朗らかな表情で己の姿をスマホで撮影するのだ。

最近は登山に出かけても外国人を見かけることが多いが、一人山頂に立っている彼らも、同じ明るい表情をしている。人と積極的に混じり、意見をぶつけ合う日常を送っている(と思われる)外国人たちは、日頃のストレスをそうやって癒しているのかとも思える。

ふと冷静になって、その中央で立ち止まり、しばらく道を往く人々を観察し、さらには自撮りなどしてみると、群衆の中の孤独というか、自分が“大河の一滴”であるかのような心持ちさえする。しかしそれは、あくまでも日本人的な受け止め方なのかもしれない。

そうなのだ。外国人目線に立つこともたまには必要。スクランブル交叉点を外国人観光客のように味わってみるのも、よい発想の鍛錬になる。これだけの人数がどう集まってきて四散するのか、それぞれの思惑はなんなのかなどと考えると、なんだかワクワクしてこないだろうか?

十字路や交叉点の前というのは文字通り、様々な感情が交錯する場である。だからこそ、五感を研ぎ澄ます訓練の場として最適なのだ。それは夕暮れ時に辻(交叉点)に立ち、聞こえてくる人々の言葉から物事の吉凶を占ったという、日本古来の「辻占(つじうら)」にも気脈を通じている。

文/鈴木隆祐
監修/前刀禎明

【参考図書】
『とらわれない発想法 あなたの中に眠っているアイデアが目を覚ます』
(前刀禎明・著、鈴木隆祐・監修、本体1600円+税、日本実業出版社)
http://www.njg.co.jp/book/9784534054609/

51e2cSbHlYL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 目的の一駅前で下りてみることの意外な脳活効果とは【大人の発想術 …
  2. カメはこう答えるべきだった!イソップ童話「ウサギとカメ」の大人な…
  3. 霊感やひらめきをきっちり捕捉!「直感千本ノック」で第六感を鍛えて…
  4. 理系出身者ほど料理にハマる!作る側に立てば料理はより深く味わえる…
  5. 悪臭も創造の母になる!? 想像力や感情を刺激する「ニオイ」の効能…
PAGE TOP