新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

カメはこう答えるべきだった!イソップ童話「ウサギとカメ」の大人な教訓【大人のための発想術 第9回】

文/鈴木隆祐

イソップ童話の代表作『ウサギとカメ』を知らない人はいないはずだ。ウサギがカメの鈍足を笑い、カメがウサギに駆け競べを挑み、どちらが早く目的地に到着するか競うことになる。

その俊足をもってすればカメに負けるはずのないウサギだが、油断をして昼寝をするうち、ウサギはカメに追い越され、勝負に敗れてしまう。

本来楽勝なはずが、サボったばかりに負けたウサギの慢心から教訓を学ぶべきだ……と、一般的には捉えられているが、果たしてそんな単純な捉え方でよいのだろうか?

高度経済成長も今は昔。ゴールだけを一心不乱に見つめてガムシャラに走っていけば勝てた時代は終わりを告げた。今はどの先進国でも「自分の得意」をいかに見出だし、ブラッシュアップすることに躍起だ。それは国民各人にも当てはまることなのである。

その点、走ることに長けてもいないカメがウサギにかけっこで勝負を挑むこと自体、本来無謀そのものなのだ。人生経験をしっかり積んでいれば、そんな「売り言葉に買い言葉」は決してしないだろう。

『ウサギとカメ』の物語の冒頭でカメがすべきなのは、実はウィットに富んだ次のような受け答えだった。

「ボクは君のように足が長くないから、陸では早く歩けないさ。でも、水の中ならどうだろう?」

ウサギの挑発に対してそんなふうに返しておけば、自分の得意な土俵で有利に勝負できたろう。自らを活かし、際立たせる発想とは、こうした軽妙なズラしの中にこそ見出だせるものなのだ。

初対面の人と対話する際なども、いわゆるアイスブレイク(話のきっかけづくり)が重要となる。天候やスポーツ、最近観た映画などの当たり障りのない話をしつつ、相手とどんな共通項があるかと探りを入れるわけだが、そこでも自分に有利に話を展開するには、自分の得意な土俵に相手を連れ込むのが一番だ。

生活の中でいろいろ発想する上でも、やはりテーマによって、人それぞれに得意不得意がある。雑談一つとっても、なるべく自然に自分の土俵へと持ち込めば、有利なだけでなく、会話も俄然楽しくなるというものだ。

文/鈴木隆祐
監修/前刀禎明

【参考図書】
『とらわれない発想法 あなたの中に眠っているアイデアが目を覚ます』
(前刀禎明・著、鈴木隆祐・監修、本体1600円+税、日本実業出版社)
http://www.njg.co.jp/book/9784534054609/

51e2cSbHlYL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 目的の一駅前で下りてみることの意外な脳活効果とは【大人の発想術 …
  2. 神と悪魔が交錯する岐路!スクランブル交叉点で五感を研ぎ澄ます【大…
  3. 霊感やひらめきをきっちり捕捉!「直感千本ノック」で第六感を鍛えて…
  4. 理系出身者ほど料理にハマる!作る側に立てば料理はより深く味わえる…
  5. 悪臭も創造の母になる!? 想像力や感情を刺激する「ニオイ」の効能…
PAGE TOP