新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

成瀬巳喜男『乱れ雲』|司葉子のエロい魅惑がたまらない!【面白すぎる日本映画 第1回】

文・絵/牧野良幸

今回から始まる【面白すぎる日本映画】。いま見ても魅力的で面白い日本映画の数々を、続々とご紹介していきたい。

記念すべき第1回、ご紹介するのは成瀬巳喜男監督の作品『乱れ雲』(1967年公開)である。これは1930年にデビューした成瀬の遺作となった作品だ。成瀬はその2年後の69年に亡くなることになる。

ごく普通の映画好きだった僕が、昔の日本映画に惹かれるようになったのは、まさに成瀬巳喜男の作品に出会ったからだった。

成瀬巳喜男の映画はいずれも地味だ。しかし黒澤や小津にはない安堵感があるのだなあ。だから成瀬映画は僕にとって港のようなものだ。クロサワやオズ、ミゾグチ、世界に名だたる監督の面白すぎる映画を観て、身体を休めたくなったらここに帰ってくればいい。そんな包容力を成瀬映画には感じるのだ。

『乱れ雲』は1967年公開ということもあって、カラー作品である(成瀬が残したカラー作品4本のうちのひとつ)。67年といえばビートルズの『サージェト・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』が発表された年だ。日本ならブルーコメッツの「ブルー・シャトー」が流行っていた。活気がある。そして僕は小学生で「ウルトラマン」を見ていた。

だから『乱れ雲』の舞台となる東京や青森は、今に通じる街並である。車も僕が少年の時眺めていた懐かしい60年代風デザイン。主役もいかにも60年代を象徴する二人だ。「若大将」こと加山雄三と司葉子である。

『乱れ雲』はメロドラマである。由美子(司葉子)は夫を交通事故で失う。しかし車を運転してした史郎(加山雄三)は不慮の事故ということで無罪となる。それでも良心の呵責から由美子への償いを続ける史郎であったが、いつしか史郎の思いは愛情に変わっていく。そんな史郎を激しく恨み、拒絶する由美子……。

加山雄三の“若大将ぶり”が見事に役にはまっているのである。黒澤明の『椿三十郎』での若侍や『赤ひげ』の青年医師の役でも伺えたように、加山雄三のかもしだす“正義感”には嫌みがなくていい。

それにしても由美子役の司葉子は美しい。もともと綺麗なのに、60年代風のヘアースタイルがキマっている。60年代というと僕は「ウルトラセブン」のアンヌ隊員に魅惑されていたものだが、オヤジの今は『乱れ雲』の由美子に魅惑されていると言っていい。

その由美子は、誠意をつくす史郎を拒絶することで苦しめる。しかし映画の結末を知っている我々には由美子の史郎への嫌悪感が高まるほど、そして史郎が苦しめば苦しむほど、ゾクゾクとくるのである。

なぜなら由美子がとうとう史郎に会いにくる時がくるからだ。史郎の下宿を訪れた由美子は階段の下にたたずむ。それを二階から驚きをもって見つめる史郎。階段の上からとらえる由美子の姿のなんとエロティックなことか。女性を撮ることにかけては名匠であった成瀬の面目躍如であろう。

この映画がエロティシズムに溢れていると思うのは僕だけではないだろう。別に濡れ場はない。それでもいろいろな場面で僕の頭の中にエロティシズムが漂うのである。武満徹の、この作曲家にしては珍しい抒情的な音楽もまた二人をからみ合わせる。

結末はもちろんここでは書かない。しかしこの映画は結末を知っていても繰り返し観てしまう。それは僕の手で由美子と史郎を何度でも引き合わせ、苦しみさせ、愛し合わせたいからだ。まるで悪戯好きの神様のように。

【乱れ雲】セルDVD
■価格:4500円 + 税
■発売日:2005年8月26日
■品番:TDV15260D/1967年度作品
■発売元:東宝
https://www.toho.co.jp/dvd/item/html/TDV/TDV15260D.html

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
  2. 『モスラ対ゴジラ』|マドンナ星由里子の可愛さにメロメロ!【面白す…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. 嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作…
  5. 狂った果実|若き石原裕次郎の輝かしき存在感が際立つ問題作【面白す…
PAGE TOP