新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

寅さんもさくらも若い!映画『男はつらいよ』シリーズ第1作の醍醐味【面白すぎる日本映画 第11回】


文・絵/牧野良幸

『男はつらいよ』は、1969年の作品。ご存じ“寅さんシリーズ”の第1作である。おなじみのテーマソングにのって寅さんが江戸川土手を歩いてくる。16歳の時に飛び出して以来、20年振りに寅さんが柴又に帰ってくる設定だ。

この時の寅さんの格好が、あの腹巻きスタイルではなく、ジャケットにネクタイなのが新鮮である。なにより渥美清自身が若い。まだ寅さんというより、コメディアン渥美清の感が強い。

渥美清だけでなく倍賞千恵子も若い。僕が小学生の頃に眩しかった60年代のお姉さんそのもの。キュートでかわいい。倍賞千恵子もまだ“さくら”というより、女優・倍賞千恵子である。

そのさくらのお見合いに寅さんが付き添うシーンが、おそらく“寅さんシリーズ”として最初のギャグ・シーンだろう。これがメチャクチャ面白い。この時点ではまだ、子どもからお年寄りまで楽しむ国民的シリーズになるとは夢にも思っていないから、寅さんは遠慮なしの毒舌である。キレのいい下ネタギャグを連発。喜劇映画として真っ向勝負のシーンだ。当時の映画館は笑いの渦になったことと思う。

しかし話が進むにつれ喜劇映画から、ゆっくりとグラデーションをもって“寅さん映画”へと変わってゆく。寅さんの格好はいつのまにかおなじみのテキ屋スタイルになっているし、マドンナも登場する。御前様の娘、冬子(光本幸子)だ。

冬子に愛情を寄せた寅さんが失恋するところも“寅さん映画”そのまま。それにしてもこの失恋は、のちの数多い失恋以上にキツく思えるなあ。まだ“お約束”ではなく、本気の失恋。寅さんの悲痛な悲しみが観客にも伝わる。

寅の失恋を「バカだねえ」と嘆くとらやの人たちも、のちのシリーズそのままのパターンなのだが、これも1回目なので、まるで寅さんをいたわっていないところがかえって喜劇的である。そのなかで、ひとりさくらだけが兄に同情を寄せる。

恋に破れて柴又を去る寅さん。江戸川土手で「おにいちゃ〜ん」と叫ぶ倍賞千恵子は、まぎれもなく寅さんの妹さくらである。

コメディアン渥美清が“寅さん”となり、カワイイ女優倍賞千恵子が“さくら”になるのが、この『男はつらいよ』なのだ。

ちょうど東京の神保町シアターで「女優・倍賞千恵子」特集がおこなわれている。その上映プログラムに『男はつらいよ』も入っている。ふたりの若い姿を、もういちどスクリーンで観てはいかがだろうか。

『男はつらいよ』
■製作年:1969年
■製作・配給:松竹
■カラー/91分
■キャスト/渥美清、倍賞千恵子、三崎千恵子、森川信、前田吟、佐藤蛾次郎、笠智衆、光本幸子、笠智衆、志村喬ほか
■スタッフ/監督: 山田洋次、脚本: 山田洋次、森崎東 音楽: 山本直純

【特集 女優・倍賞千恵子】
■期間:9月2日(土)~29日(金)
■上映館:神保町シアター
■住所:東京都千代田区神田神保町1-23
■電話:03-5281-5132
http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/cbaisho.html
※「男はつらいよ」の上映は9月23日(祝・土)~9月29日(金)です。上映時間については、上記サイトをご確認ください。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
  2. 『モスラ対ゴジラ』|マドンナ星由里子の可愛さにメロメロ!【面白す…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. 嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作…
  5. 狂った果実|若き石原裕次郎の輝かしき存在感が際立つ問題作【面白す…
PAGE TOP