西欧人にとっては不可解でしかない!「関ヶ原の合戦」で家康が勝利した真の理由

取材・文・写真/澤田真一

誰もが知る「関ヶ原の合戦」は、徳川家康にとっても石田三成にとっても、「豊臣家を存続させるため」のものだった。だが三成はともかく、家康の心の底には「徳川による天下布武」があった。彼は東国大名の力を結集して豊臣家を凌駕しようとしたが、上杉景勝と真田昌幸が西軍についてしまった。三成はそれを最大限利用し、徳川の脅威を叩き潰そうとしたのだ。

毛利輝元を総大将にして、西軍は家康の予想を遥かに上回る兵力を動員することに成功した。このまま何事もなければ、東軍を関東平野に押し込めることもできたはずだ。

しかし家康も無策ではなかった。いざという時の奥の手として、毛利勢の切り崩しを行っていた。それが予想以上に上手く運んでしまったからこそ、関ヶ原の合戦はたった1日で終わったのだ。

このような形の会戦は、世界戦争史上他にほとんど例がない。

関ヶ原古戦場には、シーズンを問わず多くの観光客が足を運ぶ。実際に行ってみて誰しもが感じるのは、関ヶ原は決して広い地域ではないということだ。

そもそも、ここは山と山の間の隘路に近いところだ。こんなところに両軍合わせて10万の大軍が戦っていたのだ。

銃器による戦術が確立する前の戦争は、言い換えれば「大々的な取っ組み合い」である。槍は突き刺すものではなく殴るもので、そうやって敵兵にダメージを負わせたあとに飛びかかって馬乗りになり、脇差で喉元を断つ。それはまるで柔術か総合格闘技だ。

そんなことをやっている足軽の視点からは、全体的な戦況など分からない。今現在どちらが優勢かというのは、軍団を率いる大将クラスの人間のみが知り得る。

笹尾山に陣取った石田三成は、勝利を確信していたはずだ。彼の目からは、関ヶ原に展開された軍団のほぼ全容を見渡すことができる。開戦時点では、西軍が東軍を挟撃する形で軍団が展開されていたのだ。南宮山の毛利勢は、徳川家康の本陣の背後を睨んでいるような形だ。

だが、この時点で三成ははっきりと認識するべきだったのだ。毛利勢は家康に切り崩され、一枚岩ではなくなったということを。

西洋の戦争は、カルタゴの将軍ハンニバルがその基礎を作ったとされている。会戦でいかに巧妙な戦術を使うか、少ない兵力で大きな敵軍をいかに駆逐するか。主眼は常に、戦場という名のチェス盤に置かれている。

対して、東洋の戦争は孫子に象徴されると言っても過言ではない。孫子はチェス盤の上の動向はあまり気にしない。それよりも重要なのは、自分が持っている駒の数であると説く。

戦争とは「戦って勝つのではなく、勝ってから戦う」というのが孫子の発想だ。つまり戦争とは、政治外交の延長線上なのだ。だから無駄な血を流さずに目的が達成できるなら、それに越したことはない。

関ヶ原の合戦は、ハンニバルの弟子たちには永遠に理解できない会戦だ。明治時代、日本陸軍に招聘されたドイツの軍人メッケルが指摘したように、西洋的な軍事思想から見れば、関ヶ原の合戦は西軍が勝利するはずであった。しかし、そうはならなかった。

徳川家康は、この会戦の要だった毛利勢をついに呑み込んでしまった。南宮山の吉川広家、松尾山の小早川秀秋、そして大坂城にいた毛利輝元。言い換えれば、家康は毛利との直接対決の可能性を回避することができたのだ。

これは間違いなく、チェス盤の外の戦いがもたらした結果であった。

現在の関ヶ原は、近代的な住宅街になっている。そしてそこに、何か大きな歴史的建造物があるというわけでもない。だから外国人観光客から看過されやすいということがあるらしいが、日本人にとってはやはり「一生に一度は行くべき場所」である。

それは人間の行動原理を勉強する、絶好の機会だ。現実問題として、人間は生きていく上で綺麗事だけでは世を渡ることはできない。その点は誰しも、心の奥底でちゃんと理解している。そうしたことが現実に露呈した例として、関ヶ原の合戦はいまも気づきを与えてくれる場所である。

たまの小旅行、旅行カバン片手に古戦場へ足を運び、往時の合戦の模様を偲んでみるのはいかがだろうか。

【参考リンク】
関ヶ原観光Web

取材・文・写真/澤田真一
フリーライター。静岡県静岡市出身。各メディアで経済情報、日本文化、最先端テクノロジーに関する記事を執筆している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で