新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

成瀬巳喜男『鶴八鶴次郎』|山田五十鈴と長谷川一夫のツンデレっぷりに注目【面白すぎる日本映画 第6回】

文・絵/牧野良幸

成瀬巳喜男(なるせ・みきお)監督の映画といえば、平凡な夫婦や家族を描いた内容が多いので、自然と似たような映画が多くなる。しかし、この『鶴八鶴次郎』は異色である。平凡な人間ではなく、芸人を描いたところが異色なら、内容がストレートに描かれているのも異色。

制作は1938年、戦前の映画である。しかし戦意高揚の影はいっさいない。『鶴八鶴次郎』はいつの時代にもありうる、男と女の物語である。

鶴八(山田五十鈴)と鶴次郎(長谷川一夫)は幼い頃から一緒に舞台に上がっていた芸人同士。普段は付き人の佐平(藤原釜足)もびっくりするほど仲がいいのだが、喧嘩も派手にやる。お互いに相手が好きなのに一旦喧嘩となると頑固で強情なのだ。

現在の言葉なら、普段はツンツンしているのに、本心はデレデレと仲良くしたいと思っている「ツンデレ」の間柄と言えなくもない。

しかし僕らがツンデレと呼ぶほど、鶴八と鶴次郎は軟弱ではない。二人はプロフェッショナルな芸人だ。だから一旦喧嘩となるとやり方もプロフェッショナルである。

鶴次郎が「あそこが良くなった」と鶴八の三味線に文句を言えば、鶴八も「あのやり方でいいんですよ」と自分の言を曲げない。しまいには女だてらに「ちょっと褒められたからって、名人ずらすんない!」とやり返すありさま。芸はプロフェッショナルでも相手への思いやりとなると、まるで小学生の域を出ない二人であった。

しかし二人の喧嘩のシーンを見ていると、なぜかスカッとするのである。才ある芸人のプライドがぶつかり合っている喧嘩だから気持ちがいいのかもしれない。もちろん「二人とも子どもだなあ」と思う喧嘩もあるが、どちらにしろ成瀬映画にしては直球の演出をしているから気持ちがいい。

直球と言えば、鶴次郎役の長谷川一夫の演技も直球だ。男っぷりがいい。強がりながらも、実は鶴八にヤキモキしている表情も上手い。

鶴次郎に比べると鶴八のほうはまだ落ち着いている。いつの時代も女のほうが大人であるということか。とは言え、微妙な女心をふっと見せたときの鶴八の輝くこと。こちらも山田五十鈴が名演技だ。

こんな二人がついに芸人として最高の舞台、名人会に出演する。

最後の喧嘩別れのあと、鶴八は他の男に嫁いだので、この時だけのコンビ結成だった。しかし芸人の血が蘇った鶴八は、舞台のあと、家族を捨てても鶴次郎と芸の道を行くと告げる。

だが鶴八と別れてから芸人の辛苦を嫌というほど味わった鶴次郎は、鶴八を再びこの道に入れたくない。かくして鶴次郎は、鶴八にわざと最後の大喧嘩をふっかけるのであった。悪者役に耐える鶴次郎が泣かせる。

そんな鶴次郎の思いを知るのは付き人の佐平のみ。鶴次郎は鶴八を失った悲しみを忘れるため二人で酒を酌み交わす。

このラストシーンを観るたびに、もうひとり真実を知っている僕も、鶴次郎の横に座って「今夜は付き合うよ」と言ってやりたくなるのである。

【今日の面白すぎる日本映画】
『鶴八鶴次郎』
■製作年:1938年
■製作・配給:東宝
■モノクロ/89分
■キャスト/長谷川一夫、山田五十鈴、藤原釜足
■スタッフ/監督・脚本:成瀬巳喜男、原作:川口松太郎、音楽:飯田信夫

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 当時31歳の樹木希林が演じた老婆役が光る『寺内貫太郎一家』【面白…
  2. 若くしてベテラン女優のような存在感の菅井きん。黒澤明監督『生きる…
  3. 顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画…
  4. 切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物…
  5. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
PAGE TOP