新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

実家で発見した懐かしき宝物!亡き父が思い出させてくれた「レコードへの愛」

IMG_0414

文・写真/インディ藤田(サライ編集部)

「いつまでもあると思うな親と金」。子供の頃によくそんな言葉を聞かされたが、先日、父が他界した。

京都の実家に帰省して、葬儀を済ませ、父の部屋の片付けなどをしていたら、大昔、自分が中学・高校生時代によく使っていたレコードプレーヤーが出てきた。

“ステレオ”と読んでいたパイオニアのオーディオセットは、すっかり全部処分されたとばかり思っていた。レコードを聴くわけでもないのに、父はなぜ、このプレーヤーを処分せず取って置いたのだろうか。

もはやその謎は解けないが、よく見ると懐かしいカートリッジがまだ付いていた。「シュア」の「V15 TYPE Ⅳ」。埃を取り、静電気を除去する“ブラシ”(ダイナミックスタビライザー)も付いていて、当時、一世を風靡した名器だ。

IMG_0416

高校生にはなかなか手の届かない高価格商品で、小遣いを貯めて買ったのを覚えている。確か、京都のレコード店の名門「十字屋」で購入したはず。いろいろな思い出が蘇ってくる。

さらに父の部屋を探してみると、風変わりな灰皿が出てきた。これは往年の名指揮者、レナード・バーンスタインがウィーンフィルと録音したベートーヴェンの交響曲全集のおまけとして付いてきたモノだ。そんなこと、何十年も忘れていた。

IMG_0412

当時、たいそう評判となった全集で、どうしても入手して聴きたかったレコード。小遣いでは足りないので、親にねだって百貨店の高島屋から買ってもらったのだが、おまけの灰皿は高校生には無用の長物。愛煙家の父はそれを使わずに大事に取ってくれていたようだ。

そんなこともあり、東京に戻ってから、自宅で長年眠っていたLPレコードを取り出してみた。転居の際に某大手レコードショップが中古を扱うというので引き取ってもらおうとしたら、クラシックには値が付かないから処分すると言われ、返却してもらったものだ。

レコードを売るなら、やはりディスクユニオンなど中古専門ショップに限る。が、結局、面倒臭くなって、そのまま売らずに保管していたのだ。

IMG_0421_s

しかし、聴かなくなって四半世紀近く放置されていたから、カビでも生えてるのではなかろうか……。恐る恐る紙のジャケットから取り出してみると、何と美しいこと。傷も埃もなくピカピカだ。

IMG_0426_s

そうだった、高校生の頃、レコード盤をクリーニングスプレーとクリーナを入手して、聴く度に、慎重に掃除していたのだった。傷はもちろん、埃が付いているのも許せないという徹底ぶり。ジャケットもさらに専用の透明な袋に入れていた。

大学受験が迫っているのに何をやっていたんだか。

眠っていたLPレコードを次々と取り出してみた。伝説のフルトヴェングラーが指揮した鬼気迫るシューベルト。いつも柔和で優しい音楽がづくりが好きだったブルーノ・ワルターによるモーツァルト。いずれもレコード盤はとてもきれいに保管されていた。

IMG_0423_s

IMG_0424_s

きちんと掃除をしていれば、直射日光の当たるところにでも置いておかない限り、そうそう曲がったりすることもないものなのだと、レコードのタフさに感心。いやあ、レコードってほんっとにいいもんですね。亡き父のおかげで、アナログの良さに目覚めてしまった私であった。

レコードプレーヤーは転居の際に処分してしまったが、この機会に新しい商品を購入しようかと考えている。

文・写真/インディ藤田(サライ編集部)

『サライ』3月号は「猫」と「レコード」の大特集号です。

IMG_8377

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ギターのクールで美しい響きを楽しめるマダガスカルの音楽【林田直樹…
  2. 現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の…
  3. 大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田…
  4. 幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた
  5. 若きピアニストのおそるべき才能に戦慄する1枚【林田直樹の音盤ナビ…
PAGE TOP