新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

実家で発見した懐かしき宝物!亡き父が思い出させてくれた「レコードへの愛」

IMG_0414

文・写真/インディ藤田(サライ編集部)

「いつまでもあると思うな親と金」。子供の頃によくそんな言葉を聞かされたが、先日、父が他界した。

京都の実家に帰省して、葬儀を済ませ、父の部屋の片付けなどをしていたら、大昔、自分が中学・高校生時代によく使っていたレコードプレーヤーが出てきた。

“ステレオ”と読んでいたパイオニアのオーディオセットは、すっかり全部処分されたとばかり思っていた。レコードを聴くわけでもないのに、父はなぜ、このプレーヤーを処分せず取って置いたのだろうか。

もはやその謎は解けないが、よく見ると懐かしいカートリッジがまだ付いていた。「シュア」の「V15 TYPE Ⅳ」。埃を取り、静電気を除去する“ブラシ”(ダイナミックスタビライザー)も付いていて、当時、一世を風靡した名器だ。

IMG_0416

高校生にはなかなか手の届かない高価格商品で、小遣いを貯めて買ったのを覚えている。確か、京都のレコード店の名門「十字屋」で購入したはず。いろいろな思い出が蘇ってくる。

さらに父の部屋を探してみると、風変わりな灰皿が出てきた。これは往年の名指揮者、レナード・バーンスタインがウィーンフィルと録音したベートーヴェンの交響曲全集のおまけとして付いてきたモノだ。そんなこと、何十年も忘れていた。

IMG_0412

当時、たいそう評判となった全集で、どうしても入手して聴きたかったレコード。小遣いでは足りないので、親にねだって百貨店の高島屋から買ってもらったのだが、おまけの灰皿は高校生には無用の長物。愛煙家の父はそれを使わずに大事に取ってくれていたようだ。

そんなこともあり、東京に戻ってから、自宅で長年眠っていたLPレコードを取り出してみた。転居の際に某大手レコードショップが中古を扱うというので引き取ってもらおうとしたら、クラシックには値が付かないから処分すると言われ、返却してもらったものだ。

レコードを売るなら、やはりディスクユニオンなど中古専門ショップに限る。が、結局、面倒臭くなって、そのまま売らずに保管していたのだ。

IMG_0421_s

しかし、聴かなくなって四半世紀近く放置されていたから、カビでも生えてるのではなかろうか……。恐る恐る紙のジャケットから取り出してみると、何と美しいこと。傷も埃もなくピカピカだ。

IMG_0426_s

そうだった、高校生の頃、レコード盤をクリーニングスプレーとクリーナを入手して、聴く度に、慎重に掃除していたのだった。傷はもちろん、埃が付いているのも許せないという徹底ぶり。ジャケットもさらに専用の透明な袋に入れていた。

大学受験が迫っているのに何をやっていたんだか。

眠っていたLPレコードを次々と取り出してみた。伝説のフルトヴェングラーが指揮した鬼気迫るシューベルト。いつも柔和で優しい音楽がづくりが好きだったブルーノ・ワルターによるモーツァルト。いずれもレコード盤はとてもきれいに保管されていた。

IMG_0423_s

IMG_0424_s

きちんと掃除をしていれば、直射日光の当たるところにでも置いておかない限り、そうそう曲がったりすることもないものなのだと、レコードのタフさに感心。いやあ、レコードってほんっとにいいもんですね。亡き父のおかげで、アナログの良さに目覚めてしまった私であった。

レコードプレーヤーは転居の際に処分してしまったが、この機会に新しい商品を購入しようかと考えている。

文・写真/インディ藤田(サライ編集部)

『サライ』3月号は「猫」と「レコード」の大特集号です。

IMG_8377

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【…
  2. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  3. プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑…
  4. カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするよう…
  5. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
PAGE TOP