新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

実家で発見した懐かしき宝物!亡き父が思い出させてくれた「レコードへの愛」

IMG_0414

文・写真/インディ藤田(サライ編集部)

「いつまでもあると思うな親と金」。子供の頃によくそんな言葉を聞かされたが、先日、父が他界した。

京都の実家に帰省して、葬儀を済ませ、父の部屋の片付けなどをしていたら、大昔、自分が中学・高校生時代によく使っていたレコードプレーヤーが出てきた。

“ステレオ”と読んでいたパイオニアのオーディオセットは、すっかり全部処分されたとばかり思っていた。レコードを聴くわけでもないのに、父はなぜ、このプレーヤーを処分せず取って置いたのだろうか。

もはやその謎は解けないが、よく見ると懐かしいカートリッジがまだ付いていた。「シュア」の「V15 TYPE Ⅳ」。埃を取り、静電気を除去する“ブラシ”(ダイナミックスタビライザー)も付いていて、当時、一世を風靡した名器だ。

IMG_0416

高校生にはなかなか手の届かない高価格商品で、小遣いを貯めて買ったのを覚えている。確か、京都のレコード店の名門「十字屋」で購入したはず。いろいろな思い出が蘇ってくる。

さらに父の部屋を探してみると、風変わりな灰皿が出てきた。これは往年の名指揮者、レナード・バーンスタインがウィーンフィルと録音したベートーヴェンの交響曲全集のおまけとして付いてきたモノだ。そんなこと、何十年も忘れていた。

IMG_0412

当時、たいそう評判となった全集で、どうしても入手して聴きたかったレコード。小遣いでは足りないので、親にねだって百貨店の高島屋から買ってもらったのだが、おまけの灰皿は高校生には無用の長物。愛煙家の父はそれを使わずに大事に取ってくれていたようだ。

そんなこともあり、東京に戻ってから、自宅で長年眠っていたLPレコードを取り出してみた。転居の際に某大手レコードショップが中古を扱うというので引き取ってもらおうとしたら、クラシックには値が付かないから処分すると言われ、返却してもらったものだ。

レコードを売るなら、やはりディスクユニオンなど中古専門ショップに限る。が、結局、面倒臭くなって、そのまま売らずに保管していたのだ。

IMG_0421_s

しかし、聴かなくなって四半世紀近く放置されていたから、カビでも生えてるのではなかろうか……。恐る恐る紙のジャケットから取り出してみると、何と美しいこと。傷も埃もなくピカピカだ。

IMG_0426_s

そうだった、高校生の頃、レコード盤をクリーニングスプレーとクリーナを入手して、聴く度に、慎重に掃除していたのだった。傷はもちろん、埃が付いているのも許せないという徹底ぶり。ジャケットもさらに専用の透明な袋に入れていた。

大学受験が迫っているのに何をやっていたんだか。

眠っていたLPレコードを次々と取り出してみた。伝説のフルトヴェングラーが指揮した鬼気迫るシューベルト。いつも柔和で優しい音楽がづくりが好きだったブルーノ・ワルターによるモーツァルト。いずれもレコード盤はとてもきれいに保管されていた。

IMG_0423_s

IMG_0424_s

きちんと掃除をしていれば、直射日光の当たるところにでも置いておかない限り、そうそう曲がったりすることもないものなのだと、レコードのタフさに感心。いやあ、レコードってほんっとにいいもんですね。亡き父のおかげで、アナログの良さに目覚めてしまった私であった。

レコードプレーヤーは転居の際に処分してしまったが、この機会に新しい商品を購入しようかと考えている。

文・写真/インディ藤田(サライ編集部)

『サライ』3月号は「猫」と「レコード」の大特集号です。

IMG_8377

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. モレーノ=トローバのギター作品集|知られざる作曲家の美しきギター…
  2. ファン・ディエゴ・フローレスのモーツァルト・アリア集|スター歌手…
  3. バルトロメイ&ビットマン|ウィーンの弦楽デュオによる無類に楽しい…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. ザ・リアル・グループ|スウェーデンが誇るア・カペラ・ヴォーカル【…
PAGE TOP