新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ファンなら一度は巡りたい!藤沢周平の作品世界を体感できる山形・庄内の見どころ9つ

サライ『2月号』は作家・藤沢周平を大特集。読者の背中をそっと押してくれるような優しい眼差しを持つ藤沢の魅力を、さまざまな角度から検証した。

今回はその中から、「海坂藩はかくありや!」と思わせる、藤沢周平の作品世界を体感できる山形・庄内の9カ所の見どころをご紹介しよう。

■1:鶴ヶ丘城址(鶴岡公園)

鶴ヶ丘城址は、「日本のさくら名所100選」にも選ばれ、県下で最も早く見ごろを迎える桜の名所。小説『花のあと』でも、《二ノ丸の濠ぞいの桜は、それは見事なもの》に始まり、藤沢らしい巧みさによって、花の美しさを賞賛している。
園内には、庄内藩酒井家の初代忠次公を祀る荘内神社が鎮座する。

住所:鶴岡市馬場町4
電話:0235-25-2111(鶴岡市役所都市計画課公園緑地係)
交通:JR鶴岡駅よりバスで約10分、市役所前下車、徒歩約2分

■2:致道博物館

鶴ヶ丘城(鶴岡公園)の三ノ丸、庄内藩御用座敷のあったあたりに明治期の旧西田川郡役所、旧鶴岡警察署庁舎(改修中)など、山形県の歴史的建造物が移築されている。それらのすべてで歴史的資料や美術品などを収蔵展示、全体で「致道博物館」を構成している。映画『蟬しぐれ』の撮影に使われたことでも有名。敷地内に移築された湯殿山麓にあった田麦俣(たむぎまた)の茅葺きの多層民家(旧渋谷家住宅)では、きぬた屋という酒屋の場面が撮られた。

DSC_1176

住所:鶴岡市家中新町10-18
電話:0235-21-1199
開館:9時~17時(最終入館16時30分。12月~2月は最終入館16時)
休日:水曜(12月~2月)、年末年始
料金:700円
交通:JR鶴岡駅からバスで約10分、致道博物館下車すぐ

■3:庄内藩校 致道館

庄内藩の藩校だった「致道館」は、東北で現存する唯一の藩校建造物。藤沢作品では、三省館(さんせいかん)(『蟬しぐれ』)や松柏館(しょうはくかん)(『山姥橋夜五ツ(やまんばばしよるいつつ)』として登場する。

DSC_2243

住所:鶴岡市馬場町11-45
電話:0235-23-4672
開館:9時~16時30分(冬場は天候によって中の門を閉めることもあるが、入り口にある管理事務所に声をかければ開けてくれる)
休日:水曜(祝日の場合は開館、翌日以降の平日休み)、
料金:無料
交通:JR鶴岡駅からバスで約10分、市役所前下車すぐ

■4:旧風間家住宅 丙申堂

平成17年に公開された映画『蟬しぐれ』に登場する、牧文四郎(まきぶんしろう)(市川染五郎)とふく(木村佳乃)が20四年ぶりに再開する場面の撮影に使われたのが丙申堂。庄内の豪商屋敷である。藤沢小説に登場する舞台ではないものの、作中に描かれる海坂(うなさか)の城下町を彷彿させる歴史遺産(国の重要文化財)である。

DSC_1960

住所:鶴岡市馬場町1-17
電話:0235-22-0015
開場:9時30~16時30分(最終入館16時)
休日:12月1日~4月9日(3月1日~31日は雛人形を展示、入館可能)
料金:400円
交通:JR鶴岡駅からバスで約10分、銀座通り下車徒歩約3分

■5:湯田川温泉

《城下からおよそ二里ほどの山麓に、家中、町方の者を問わずひとが行く湯治場がある。十軒あまりの湯宿がかたまる場所だった》
短編『花のあと』に登場するこの湯治場が、庄内三名湯のひとつに数えられる湯田川温泉。1300年前、白鷺が見つけた湯と伝えられる、鶴岡の奥座敷である。

DSC_1812

湯田川温泉「正面湯」
住所:鶴岡市湯田川湯本47
電話:0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
営業時間:7時~19時(9時~10時30分は清掃で入浴不可)
料金:200円
休日:無休
交通:JR鶴岡駅からタクシーで約20分

湯田川温泉「田の湯」
住所:鶴岡市湯田川乙17
営業時間:7時~19時(10時~11時30分は清掃で入浴不可)
料金:200円
休日:無休
交通:JR鶴岡駅からタクシーで約20分

■6:湯野浜温泉

『蟬しぐれ』の最後の場面、文四郎とふくが思いを遂げ、そして別れていく湯宿のある箕浦(みのうら)は、この湯野浜温泉がモデルといわれている。南北に約80㎞続く庄内浜の向こうに沈む夕日の美しさ、そして見る者を圧倒する冬の日本海の荒々しさ、それがこの温泉郷の魅力だ。公衆浴場は、上区・下区と2か所ある。

DSC_1638

上区公衆浴場
住所:鶴岡市湯野浜1-6-1
電話:0235-75-2300(湯ノ沢コミュニティセンター)
営業時間:6時~7時、10時~21時30分(下区も同じ)
休日:第2・第4火曜
料金:200円(入湯券は上区・下区ともに建物の入口にある券売機で販売)

下区公衆浴場
住所:鶴岡市湯野浜1-1-7
休日:第2・第4木曜
料金:300円
交通:JR鶴岡駅からタクシーで約25分

■7:総穏寺

藤沢の初期作品『又三の火』は、史実に基づいた小説。兄・万次郎を切った甥の土屋丑蔵(うしぞう)に、兄を切られた弟の土屋又蔵(旧名・虎松)が、総穏寺の境内で仇討ちを挑み、刺し違えて果てる。文化8年(1811)に起こった事件である。仇討ちの現場である朱塗りの山門は、現在も往時と姿をほとんど変えずに立つ。

DSC_1474 (2)

住所:鶴岡市家陽光町5-2
電話:0235-22-3044
拝観自由、拝観無料
交通:JR鶴岡駅からタクシーで約10分

■8:大督寺

鶴岡公園から南西へ5分ほど歩いた場所にある、
三方領知替え、長岡転封禁止の史実をもとに構成された、藤沢初の長編歴史小説『義民が駆ける』に登場するのが、庄内藩主・酒井家の菩提寺・大督寺である。明治30年の火災によって、本尊をはじめすべての仏像が失われた。その後、本堂の建て替えと同時に、先代住職によって新しい阿弥陀如来が祀られることになった。希望すれば、内陣に安置された御本尊を拝むことができる。

住所:鶴岡市家中新町19-12
電話:0235-22-8269
拝観可能
交通:JR鶴岡駅からタクシーで約10分

■9:鶴岡市立 藤沢周平記念館

「鶴岡市立 藤沢周平記念館」は、鶴岡城の本丸に鎮座する庄内神社の表参道に面して建つ。藤沢周平の業績を顕彰し、貴重な資料と作品世界を後世に残すことを目的に、平成22年4月に開館した。11月28日まで、藤沢周平没後20年特別企画展『藤沢周平の世界』を開催中。各方面の要人がそれぞれの視点で語った藤沢作品の魅力を交えつつ、その芳醇多彩な作品世界の奥深さを紹介している。

27-1423

住所:鶴岡市馬場町4-6
電話:0235-29-1880
開館:9時~16時30分(最終入館)
休日:水曜(祝日の場合は翌平日休み)、年末年始
料金:320円
交通:JR鶴岡駅からバスで約10分、市役所前下車、徒歩約3分

以上、『サライ」2月号から藤沢周平の作品世界を体感できる、山形・庄内の9カ所の見どころをご紹介した。藤沢ファンにとっては一度は巡ってみたい地であろう。

※この記事は『サライ』2017年2月号掲載の藤沢周平特集の記事「いざ、名作の舞台へ」(取材/人見和生、撮影/宮地工)を元に、Web用に再構成したものです。(Web版構成/印南敦史)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「たそがれ清兵衛」が医者に払った診療費は?時代小説を面白くする一…
  2. これが「藤沢家の口ぐせ」6箇条!娘が語る作家・藤沢周平の意外な口…
  3. 「私を覚えていますか?」20余年前の教え子からの問いに作家・藤沢…
  4. 運命とは不可思議なもの!作家・藤沢周平の誕生につながったある中学…
  5. サライ2月号は作家「藤沢周平」と「切手」の2大特集です
PAGE TOP