倫子と左大臣家、宇多源氏

今週もかわいい小麻呂(こまろ/演・ニモ)。(C)NHK

I:さて、道長(演・柄本佑)と左大臣家の姫倫子(演・黒木華)との縁談がまとまりつつあります。

A:源雅信(演・益岡徹)にとって倫子は「后がね(天皇の后候補)」ですから、当時の道長との縁談に躊躇したとしても不思議はありません。とはいえ、入内したくてもタイミングを逸していた感はありました。

I:劇中では、倫子が道長のことを恋焦がれているふうに描かれました。道長との縁談がまとまらなければ「猫しか愛でません」とまで言い放ちました(笑)。夜、会いにやってきた道長を倫子が押し倒しました。平安時代って女子もけっこう大胆だったのかもしれないです。これから先、ふたりは倫子の家の土御門第で仲睦まじく暮らすらしいのですが、ほんとうに倫子が惚れていたのだろうなと思ったりします。

A:愛猫小麻呂(こまろ/演・ニモ)も絶妙に登場して「癒しのカット」になりました。今週はちょっと長めの鳴き声も披露されて、小麻呂ファンも感無量の場面になりました。道長が猫好きかどうかという、倫子は肝心なことを忘れているようです(笑)。

I:文も寄こさずに訪ねてきた道長を母藤原穆子(演・石野真子)は、積極的に受け入れます。道長を「涼やかな人」と評していたように、この恋が成就したのは母の後押しがあったおかげですね。

A:さて、こちらも蛇足になりますが、藤原穆子とまひろの父為時は、曾祖父が兄弟という関係で、現代的な感覚では、わりと近い関係だったりします。父同士が「はとこ」で、まひろと倫子からみれば、祖父同士が「はとこ」ということになります。

I:5代前の藤原良門が共通祖先ということですね。

結ばれる倫子(演・黒木華)と道長(演・柄本佑)。(C)NHK

行成と道長、そして公任の家のこと。次ページに続きます

1 2 3 4 5

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店